.
.
.
.
.

★妻から女へと変わる女の性

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/01/01(日)
 3年ほど前から妻を他人に抱かせています。私は二人の行為を傍らで見るだけなのですが、妻から女、そして雌へと変わっていく妻を見て楽しんでいます。かれこれ10名くらいの男性に妻を抱かせましたが、この1年半ほどは妻のお気に入りの男性と月イチくらいで会っています。

 妻は今の彼が相当気に入っているようで、私との行為の最中に、耳元でそろそろ彼のモノが欲しいんじゃないのか?と聞くと恥ずかしがりながらも「欲しい」と言うほどです。時々意地悪に「もう彼を呼ぶのはやめようと思う」なんていうと「イヤ、お願い彼を
呼んで」と言いながらオマンコをしっかり締めてきます。
* 彼と妻の行為を見ていると、まるで本物の恋人のようです。ねっとりとした熱烈なディープキスが暫く続いた後、妻の全身への愛撫が始めまります。妻はこの段階で何度もイってしまいます。30分も愛撫が続いた後は今度は妻がフェラで彼を喜ばせます。

 裏スジから玉袋、アナルへと何度も何度も舌を這わしたかと思うと、いきり立ったモノを喉の奥まで飲み込みます。舌を使いながら
ゆっくりと頭を上下し、彼のモノを唇でシゴキ、時々、咥えたまま彼を見つめたり、頬ずりしながら「大きくて硬いわ」なんて言って彼を刺激します。

 ガマン汁も大好きで、舌先で舐め取りながら「美味しい」と微笑むこともしばしばです。15分ほどで彼が「そろそろ欲しい?」と聞くことでいよいよ妻が彼を受け入れます。大抵は正常位からスタートするのですが、直ぐには入れず、オマンコの入り口にあてがって「何が欲しいか言ってごらん」と彼が妻に尋ねます。

 もじもじしながらも我慢出来ない妻は「オチンポ入れて」と哀願し、それを聞いた彼はすでにトロトロになったオマンコをゆっくりと押し広げるように根元まで挿入、奥までキッチリ入った後はじっと絡みつくオマンコの感触を楽しみます。

 上手くするとここで妻は一度イってしまい、ゆっくりと動きながら「イヤらしいね、動いてないのにイッタの?」と言われ、ほんの少し動いただけで、また直ぐにイってしまうのです。

 妻には軽いMの気があります。焦らされたり、卑猥な言葉を言われたり、言わされたりすることでとても感じるようです。ここから約30分、正常位、騎乗位、バック、時々は松葉崩し、などで責められ続け20回ほどはイキます。

 途中何度かの休みを入れながら、「妻のもう許して」の言葉を合図にフィニッシュへ向かいます。いつも最後は正常位、それも体をピッタリと密着させるタイプです。そして耳元で「どこに欲しい?」と聞かれ、必ず「オマンコに出して」と言わされます。

 先日などは「オマンコに射精して。お願い、精液ちょうだい」と言わされてました。二人の動きと声のトーンが上がったと思ったところで、フィニッシュを迎えます。彼は打ち付けるようにオマンコの奥にモノを指し込み、そのまま大量の精液を中出しします。

 不思議なことに、妻も彼の射精時あわせるように必ずイクようになりました。つかの間の静寂が訪れ、彼はゆっくりと妻にキスをし、妻もうっとりとしながらそれを受け入れて二人の行為は終了します。彼が妻から離れて暫くすると、グッタリとベットに横たわる妻のオマンコから彼の精液が流れ出てきます。

 なんとも言えない情景です。最近では彼一人では物足りなくなってしまい、2~3名の男性に代わる代わる何度も何度もイカされ、体中に射精を受けている妻を想像しています。妻も満更でもないようで「気に入った男性なら複数でもいいわ」なんて言っていま
す。

 今年中には実現させようと思っていますが、なかなか、妻も私も気に入る男性が見つからないのが悩みの種です。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.