再婚したお父さんが好き

 私が高校2年の時36の母が6歳下の板前と再婚しました。お父さんと呼べず話掛けられると照れ恥ずかしく返事が出来ませんでした。3年生の夏、水泳の夏季授業で午前中泳ぎ、お昼に帰り疲れて寝てしまいました。母はパートで夕方まで帰らず、近くで働くお父さんは昼のランチタイムが終わると6時頃まで家に帰って来るのでした。

【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

 私が夢心地で強い圧迫感と刺激を感じ目を覚ますと、お父さんがのしかかり突き込まれていたのでした、私は怖く何だか判らず犯されている事は判りました。「ううっっ」と呻くと抜かれた様で太腿に生温い感じがして、お父さんは立ち上がると急いで階段を下りて行くのでした。

 ぼやっとしていて太腿を見ると、どろっとした白い液が伝わって絨毯に垂れていました、精液を初めて見たのでした。ジーンとしている秘部をティッシュで押さえると、薄いピンクの染みが出来ていて女にされたと思うのでした。母が帰って来た時には顔を真ともに見れませんでした。

 お父さんは出掛ける時私の耳元に「お母さんには絶対内緒だぞ」と言い出て行きました。それ以来お父さんは私を抱くように成り、私も自然と「お父さん」と呼んでいて段々平気に成り、昼間、素っ裸で抱かれるのでした。昼間私を抱いた夜でも階下から母の喘ぐ声や叫び声が聞こえてくるのでした。

 高校を卒業して就職してもお父さんとの関係は続いていました。店のお客から「転勤して犬が飼えなくなったから」と茶色の毛の短いボクサー犬と言う犬を連れて来たのでした。

 大人しい犬でまだ1才だそうでした、ラッキーと言いました。お父さんは家の中で飼うと言い、以来自分がお風呂に入る時必ず洗ってあげるのでしたが、洗い終わると呼ぶので行くと真ともにお父さんの下半身を見てしまい、お父さんに絶頂感を知らされて来て2、3日抱かれないと「お父さん」と甘えてしまうと「お母さんが風呂に入ってる時」と言うのでした。

 そんな夜は全裸で母がお風呂に入るのを待つ私でした。ラッキーが来てひと月程経った日曜日でした、母はバートに出ていてお父さんに抱かれました、お父さんはとても元気で、2度続けて責められ2度目は四つん這いにされ激しく突かれ3度、4度とエクスタシーを感じ歓喜の余韻に浸っているとお父さんは太いマヨネーズの容器を持っていたのでした。

 てっきり私の中に入れるのだと思い「そんなに太い入れるの」と聞くと「友子、じっとしてるんだよ」と言い私のグチョ、グチョの秘部に塗ると首を抱き、乳房を揉みながら口を合わせて来るのでした。すると温かい感じがして陰唇を舐められているのでした、お父さんとは違う感覚で奥へ奥へと入って来るのです。

 飛び出したクリトリスに触れると、全身電流が走る感覚に襲われ今迄経験した事の無い刺激でした。お父さんは何度もマヨネーズわ塗り込むのでした。腰がガク、ガク震え泣き出してエクスタシーに達してしまいました。お父さんが「どうだ、おまんちょ、気持ちいいか」との声に頭を振り、「気持ち良い」とつぶやくのか精一杯でした。

「友子のおまんちょ、ラッキーが舐めているんだよ」と、言われラッキーの名を何度も呼んでしまいました。ラッキーの良さを知らされ1周間たらずでラッキーと69の型で赤く太い肉棒を舐め、咥えていました。瘤が出来大きく成る事も知り、瘤と肉棒が中で膨らみ暫く抜けなくなる、とお父さんに教わり、母の留守にしました。

 私は四つん這いで嵌め合うと、思っていましたがラッキーに舐めさせ、十分潤み、肉棒も毛皮から十分伸びて血管を浮き出し極太の先から透明の液が飛び出しだすと、私をソファーの端にちょこんと座らせ仰向けにして両足を伸ばし、大きく開かせるとラッキーお腹の上に乗せると、ラッキーが腰を強く突き立てて来るのでした。

 先が少し入ったと感じると強い突きが何度も来ると、巨大な物を押し込まれる感じで「駄目、お父さん、避けちゃう」と叫んでしまいました。「ポコッ」との感じで急に楽に成り中で動いて圧迫感がして来て熱く、いわれの無い快楽が来るのでした。ラッキーの激しい突きは止まっていて、長い赤い舌から唾液が私の乳房に垂れるのでした。

「友子のおまんちょ、に瘤が嵌り込んでいるよ」と言って足をラッキーの腰に絡ませるとその言葉で絶頂を迎え行ったのでした。時間は判りませんでした、歓喜の波が幾度と無く襲い、其の都度何処かへ体が飛んでいくようでした。ラッキー離れると精液が流れ出るのを感じ、そっと陰唇を触ると凄く遠い感覚でした。

 お父さんが「どうだ、ラッキーとのおまんちょ、良かったか」と言われ抱きついて泣いてしまいました。母の目を盗みお父さんとラッキーとの愛欲は続きました。3週間程した時るんるん気分で家に帰りました。玄関に鍵が掛かっていて合鍵で入るとリビングから喘ぐ声がするのでした、母はパートの筈なのにと覗くと素っ裸の母が四つん這いでラッキーと尻を合わせ繋がっているのでした。

 お父さんも素っ裸でソファーに腰掛け、チンコを咥えさせていて喉の奥まで入れてる様でした。お父さんは私に気付き母の口から抜きましたが、母は絶頂が襲っているのか直ぐには気付きませんでした。私が判ると「友子、見ないで、見ないで」と叫んでずるのですがラッキーと嵌り込んでいて抜けなく「おまんちょ、いいの、友子、おまんちょ、良い」と裸体を震わせ気を果てさせるのでした。

 驚いた事に母の黒ずんだ大きな乳輪の両方に合わせて、20本程のマチ針が刺し込まれていて乳首に金属製の紙挟むみで挟まれ其の先に缶ビールが吊るされていて、乳首が5センチも伸びていたのでした。私が呆気にとられているとお父さんが私の服を脱がし、全裸にすると四つん這いで喘いでいる母の横に四つん這いにすると、後ろから突きこんでくるのでした。

 お父さんが10分程で抜くと私に咥えさせました、直ぐ「うっ」と呻きブルッと震え口の中に放出すると母からもラッキーが離れると、母はグラスを秘部の割れ目に押し当て精液を溜めているのです。グラスの底に2センチほど溜まると乳首の紙挟みを外し缶ビールを開けグラスに注ぐと「私の淫乱カクテル」と言って飲んだのでした。

 私はお父さんを咥え見ていました。母の乳首がだらりと垂れ下がっているのでした。お父さんはシャワーを使い夜からの仕事に出掛けて行きました。乳房から針を抜き取り金属製の平たい入れ物に入れていました。ガーゼにプーンとアルコールの匂いがしてたのでした、消毒液の様でした。

 母はポツンと血の滲む乳房にクリームの様な物を塗り込んでいるのでした。「お母さんあんなに針を打たれて痛くないの」と聞くと「最初の3,4本は痛いけどだんだん気持ち良くなり乳房や乳首、おまんちよに刺されて行ってしまうのよ」と言うのでした。

「ええっねあそこにも」と驚くと「お父さん知り合った時からSMの愛好者だつたの、それもハードのお母さん仕込まれてね、のめりこむと頭も心も精神も狂って仕舞うのよ、もっと激しい事仕込まれているのよ」というので「どんな事」と聞くと「ふ、ふ、ふっ」と含み笑いをして「シャワーを浴びましょう」と誘うのでした。

 体を洗いながら「どんな事されるの」と興味半分聞くと「一つだけよ、お母さんのおまんちょ、の左右のビラビラに5個ずつピアスの穴が開けられていて錘や鈴をつけられるの」「クリちゃんにも上下、左右に」と言ってほら此処にもと言ったまだ伸びている乳首を拡げる様にすると妻楊枝程の穴が開いていた。

「友ちゃん、洗ってあげる」とすスポンジで背中から乳房、あそこまで丁寧に洗ってくれて丁寧にシャワーも掛けてくれると、急に抱きしめ「仲良くしょぅね」といって唇を合わせて舌を絡めるデイープキスをして来て膝ま付き私の片足を湯船に掛けさすと「おまんちょ、舐めさせて」としゃぶり舐めるのでした。

 さすがに淫乱道を走る母で女の壷を心得ていてお尻の穴に迄舌を差し込んで来るのでした。

 直ぐに絶頂を迎えイってしまいました。軽い食事とワインを飲むと母は「疲れたから休む」と寝室にはいるのでした。きっと昼前から激しいSМをされたんだと思いました。私も疲れが出て2階に上がろうとすると階段の脇でラッキーも寝ていました。ベットに入り私はここ2年半で凄い経験をしたと感じるのでした。

 でもお父さんは大好きです、お父さんの命令なら何でも受けられそうです。少し怖い気もするけど、お父さんの女になる覚悟です。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ