朝まで突かれっぱなしでアレを堪能しました。

 先日、会社の飲み会(外部も交えた大きな)で、たまに会う取引先のお兄さんと仲良く・・酔っ払って、飲みながらずっと手をつないでました。「○○さん(私)ってMやろ~?」「違いますよ~~!」「俺わかるねん!」「そんなことないし~~!」て酔っぱらい特有の同じ会話を繰り返していたのですが、本当に飲み過ぎて、べろべろになってきたので、上司たちもいたのですが、もう帰ろう~と思い、


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 彼に「一緒に帰りませんか?」と言っみたら、帰る とのことだったので、2人で店を出ました。2人で手をつないで歩いてたら、「今からどこ行く?」と聞かれ、あれ?帰るんじゃないの?と思いつつ・・「どこって?」と聞くと「もう少し飲む?帰る?それとも」(それとも?!)と内心もしかして!と思ったのですが、


 彼はすごく男前で、藤原竜也を更に爽やかにした感じで、女には不自由してないだろうジャンルの人、 一方私は、西川女医を少し太らせた感じ、釣り合わないよな、これ。とここだけ冷静な判断。「もう飲まれへんよ~」とだけ答えました。「そしたら、どうしたいん?」 更に聞いてきました、

 ちょっとこれ誘われてる、でも私から「ホテル行きたい」とか恥ずかしくて絶対絶対言えない「どーすんの?」「わっからん」「帰るの?」「ん~~」彼の質問攻め。私のあやふやな答え。しばらく続けてると急にキスされました。「行くで」と言われて後は手を引っ張られて連れて行かれ。


 部屋に入ったら、シャワーにも行かずにすぐにベッドへ、服を脱がされて、Dキスをして、それから彼のを丁寧に舐めました。今思い出すと恥ずかしいくらいのご奉仕ぶり、本当はMな私はずっと彼の言いなり、酔いもまわってされるがまま「僕のペースでやるから。いいね?」「はい」と言って色々な体位で挿入。

 すごく興奮してベトベトに濡れてたので、彼の大きなのもすんなり。いつも会社で顔合わすので、その緊張もすごかったけど、気持ち良くてわけがわからんくなって、大きく喘いで潮も吹いてびちょびちょ。朝まで突かれまくりました。会社の人には絶対言えない。「2人でどこ行ってん!」とは聞かれましたが、絶対言えない・・。


↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ