患者さん2人に誘われて・・

 深夜勤の時でした。二人部屋の患者は、もうすぐ二人とも退院といった、患者さんでした。その日の最後の見回りの時、私は、それまでそんなことはなかったので、つい油断をしていました。検温をし、脈を計り、病室を出ようとした時です。年配の、神崎さんという患者さんが「看護師さん、剣持さん、ちょっと・・・」



 そう呼びとめたのです「なあに、どうしたの~」退屈なので、話し相手になってもらいたくて、よく、用もないのにひきとめる患者さんがいるんです。私、神崎さんもそうなのかと思って、ベッドの傍まで戻りました「ちょっと、ここを見てくれませんか」そう言って、寝巻の胸を開くので、どうしたの、と体をかがめるようにした時

 神崎さんの両手で私を抱えこむようにしてひっぱりこまれ、私、不覚にも神崎さんの胸の中に倒れてしまったのです。それと同時に、若い方の早川さんが、病室のドアのロックをしていました「何をするんですか、やめなさい」顔が胸に押しっけられているので、くぐもった声しかでません。

 「剣持さん・・三人で、仲よくやりましょうよ・・・」神崎さんが耳元で囁きます。「オレ、もう、たまりにたまっちゃってるんだ・・・剣持さん、色っぼいから・・・」後ろから、私のお尻の割れ目に、自分の猛った物を押しっけながら早川さんが片方の耳に囁きました「三人で、天国に行こうよ」また早川さんです。

 「あなたたち、こんなことして、いいんですか」充分に怒りを表した私の言葉にもめげず、白衣の胸のボタンを外され、ブラジャーだけのおっぱいを、後ろから羽交い締めにされたような格好で、揉みこまれてしまいました「や、やめて下さい」「もうだめだよ・・・分かるだろう、大きくなっているのが・・・」

 早川さんの物が、お尻の割れ目にしっかりとあてられ、早川さんはそのまま腰を動かしています。神崎さんの方も、私の片手をとると、自分のむりやり立った一物を握らせ、私の顔をペロペロ舌でおいしそうこ舐め回してきます。私、化粧をしていないので、それが原因だと思いました。

 ベッタリお化粧をしていれば、まさか顔を舐め回すなんてこと、しなかったと思いますが・・・。でも、おっぱいを揉まれ、お尻を太物刺激されているうちに、おかしな気分になってました「や、やめて、やめて下さい」だんだん抵抗の言葉も静かになってきてしまいました。

 私、その時まで、信じられないことですけど処女だったんです。高校を卒業して、看護師学校に入り、正看になるため、ただひたすら勉強だけしていました。男の人に目を向ける余裕なんかなかったんです。だから、恋愛もしたことありませんでした。

 もちろん、男の人を見て、すてきな人だと思う人は何人かいましたが、一度もつきあったことはありませんでした。セックスに興味がなかったわけでもありませんでした。ただ機会がなかったのです。

 でも、こんな形で処女を失うなんて、思ってもいませんでした。しかも、二人の男と同時になんて「剣持さん・・・神崎さんの上に乗ってよ」「いやです・・・許して・・・やめて・・・」

 初体験が女上位なんて、冗談じゃありません「オ〇〇〇に神崎さんのを入れて、後ろにオレの入れるってのはどう~二つの穴を同時に攻められたこと、ある~」「ありません、やめて下さい・・・」 私、始めてなんですって、どうしてその時言わなかったのか、今でも不思議なんです。

 それに、結局その時、始めてのしるしもなかったんです。もしかするとオナニーのやりすぎで、処女膜、なくなっていたのかもしれません。どんなに抵抗しても男二人にはかないませんでした。神崎さんの赤黒い太物は、私のオ〇〇〇に遠慮会釈なく挿入され、四ツン這いに近い形になった私の後ろからは、早川さんががまんできないといった調子でまるでアヌスのすぽまりを裂いてしまうような勢いで侵入して来ました。

四ツン這いでたれた両の乳房に神崎さんは、まるでしゃぶりつくように頭を上げて吸いついてくるし、早川さんの手は、二つの穴のわずかの間を唾液をつけた指で揉みたてています。どちらの挿入も私には痛いだけでしたが、おっぱいへのいろんな愛撫はとってもすごい快感を覚えてしまいました。

 おっぱいの快感だけで、私、よがり声をあげてしまったのです。でも、彼らはそれが挿入のためと思ったようで、痛くて痛くてしょうがないのに、二人で同時に腰を動かされ、私、ヒイヒイと悲鳴をあげながら失神してしまいました。

 なんて異常な初体験でしょうか。そのおかげで、私、たとえ相手がひとりの時でも、両方の穴をふさがなければ燃えなくなってしまったんです。

 こんな私、初体験後遺症として、いつまでも尾を引いてしまうセックスをするのでしょうか。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ