クラブの稽古より激しいSEX

 私は田舎の大学に通う女子大生です 女子大生といえば聞こえがいいのですが、私は太っていて顔もかわいくありませんだから彼氏なんかいるわけもなく、ただひたすらにクラブ活動に励んでいます。

 そのクラブ活動とは、柔道部なんです・・柔道は中学生から始めて、全国総体などにも出場経験があります。大学はその柔道のお陰で入学することが出来たから即、入部しました。うちの大学の柔道部は夏休みになると合宿があって、1年のとき初めてそれに参加しました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 先輩から合宿のことは聞いていて、かなりキツイ稽古が待ってるとか、夜はもうヘトヘトで寝るだけとか聞かされていましたから私も覚悟を決めて始めての合宿に参加しました。

 その話の中である先輩からちょっと気になる事を聞かされていたんですがそれは、合宿には大学のOBが来て稽古をつけてもらえるんだけど、夜になると1年は挨拶に行かないといけないとのことでした。

 さらに先輩は「挨拶の時、OBが気に入った娘には何時にまた来るように」って言われてお酒のお酌をしないといけない とのことでした。私は自分はブスだからそれは無いなと思ってすっかりそのことは忘れてしまっていました。

 いよいよ合宿当日先輩の言った通り物凄くハードな稽古で宿舎に帰ってお風呂に入って寝ようとした時、先輩がやってきて「1年はOBに挨拶してきなさい」って言われてようやく思い出しOBの部屋に同級生3人で行きました。

 OBは皆さん個人部屋で食事もお部屋で食べておられ、ビール片手にすでにご機嫌のようでした。「はじめまして、今年入りました○○と○○と○○です、よろしくお願いします」とありきたりな挨拶を済ませ、少し世間話しをしてそろそろ時間も遅いし部屋に帰って寝ますと言い、席を立ちました。

 友達が先に部屋を出て私が出ようとするとそのOBが「佳奈は1時回ったらもう一回俺の部屋に来なさい」と言われ断ることも出来ずうなずいてその場は部屋に戻りました。部屋に着くなり同級生2人は布団に入り寝る気満々で部屋の電気も消しておやすみ~とか言いながらさっさと寝てしまいました。

 私はこの後OBのお酒に付き合わないといけないし、目を開けて眠いのを我慢しながらドキドキしながらその時を待っていました。携帯電話の時計を見たら12時55分でそろそろいかなきゃとおもい、そーと部屋を出ていきました。

 OBの部屋の前に立ち深呼吸をしてからノックをして部屋に入りました。 OBはすでに上機嫌で焼酎を片手にこっちこっちと手招きをしていました。私はOBの正面に座り、柔道の事とか高校時代のこととか聞いてこれら、それに答えたり、焼酎がなくなると作らされたりしながら内心「早く終わらないかな・・」と思っていました。

 時計は3時を回り私が「明日も稽古なのでそろそろ・・」と我慢できずに言うとOBは「おー悪い悪い、そーだったな」って笑って言ってくれて、あーこれで私も寝れると思い席を立ち、挨拶して部屋を出ようとした瞬間 OBが私を背後から抱きしめてきました。

 私が「OB困ります・・」って言っても聞いてもらえず、私は抱えられて隣の寝室に連れていかれました。和室の寝室にはお布団が引いてあり、その上に私は寝かされました。 OBはむさぼるようにTシャツの上から私のオッパイを揉みだし、あっという間に Tシャツを脱がされジャージもすばやく脱がされてしまいました。

 下着姿で寝そべる私を今度は起こし、四つん這いにさせられブラジャーのホックを外され、おっぱいが丸見えになりました。私は恥ずかしくて顔を両手で覆いながらこれから始まることに不安でいっぱいでした。

 OBは四つん這いの私の後ろに回りこみパンティーにの上から私の敏感な部分を何度も何度も舐め、息を掛けられたりアソコの部分に鼻を近づけクンクン匂われたりして、私は少し気持ち良くなってしまいました。

 というのも私は彼氏なんかいないから高校生のころから一人ですることを覚えてたまに一人Hをしていたから、敏感になっていました。パンティーはOBの唾液と私のでビチョビチョになり「透けて見えるぞ」とか「いやらしいオ○○コしいてるな」とかいわれ、恥ずかしさと気持ち良さが交じり、そのころには私は喘ぎ声も少し漏れてしました。

 OBは「自分でパンティーを下げてお願いしなさい」と私に言ってきて、私も我慢出来なくなり、とうとうその言葉を言ってしまいました。両手でパンティーを下げながら「お願いします、佳奈のいやらしいお○○こをいっぱい苛めて下さい」とうとう口に出して言ってしまたのです。

 OBの目の目に四つん這いで足を大きく広げて丸見え状態でさらに指であそこを開きながら「舐めたり、指を突っ込んでください」とかも言わされて私自身で広げたアソコを音を立てながら舐められ、指を突っ込まれ、かき回され私のお○○こはだらしないほど、濡れてしまい、我慢していた声もそこころには大きな声で喘いでしまっていました。

 気がつけば私自身で自分の乳首を摘み、おっぱいも揉んでいました。OBは初めから誰かを犯すつもりで来ていたのでしょう、お布団の下のコンドームをサッと取り出し、素早く付けてまたこう言ったのです。

「佳奈をいっぱい犯してくださいって言いなさい」と・・私はさすがにためらいましたが、3本の指でかき回され、片方の手は私の乳首を転がされ、本当に欲しくなってしまい、喘ぎ声と一緒に言っていましました。

「佳奈をいっぱい犯して下さい、バックからOBのち○ぽで犯して下さい」 OBは四つん這いの私に入ってきました。バックから何度も何度も突きまくられ、お尻の横を叩かれ、和室の寝室にはパンパンという音とニュチャニュチャといういやらし音が聞こえていました。

 OBの物はすごく大きくて逞しく、私の奥のほうまで届き何度もいかされそうになると、動きを止めて焦らします。「いきたかったらお願いしなさい」とOBに言われ私は迷わず「お願いです、いかせてください、いっぱいいかせてください」とはしたない声でお願いすると今度は私をOBの上に乗せ、

 今度は下から突きまくられて私も腰を振って「イクー、イクー」を連発していましたおっぱいは揉みしだかれ、OBの動きに合わせて私も腰を使い何度も何度もいかされていましました。最後はコンドームをつけたまま私の中で出し、終わりました。

 時間は4時を過ぎ、私はフラフラになりながら部屋に帰り眠りにつきました。あくる日の稽古でそのOBと顔を合わせたときすごく恥ずかしくて真っ赤になってしまい、下を向いているとOBやってきて、今夜もあの時間に来なさいと言われ、合宿1週間の間にOBのセフレにさせられました。

今、私は3年生ですが、今でもこの関係は続いています。 OBは遠くの人なので合宿のときにしか会えません。今年も合宿はあり、終わりましたが、毎日のように犯され柔道の稽古よりハードなSEXをしました。


↓他のHな体験談を見る