私の男に抱かれた悲惨な体験

 大学時代に、本当に淡い気持ちでお付き合いをした人がいました。素敵な人でした。その頃私はかなりウブというか、何も知らない女の子でした。キスを数回しただけで、それ以上のことを求められることはありませんでした。

 卒業後、地元の県庁に勤めました。その時、大学時代の先輩がいました。私の淡い恋の相手の先輩でもありました。何となく心を許し、いつしか、関係をもつようになりました。とても幸せな処女喪失でした。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 この人と結婚する。本当にそう思っていました。それが、忌わしい事件のおかげで、人を信じられなくなってしまいました。県庁から外郭団体に打ち合わせに行く機会が多く、仕事が遅くなり、食事に行くことになりました。

 年配の方々は帰ってしまい、若い男性二人と、30代の独身女性の3人で食事に行くことになりました。中華料理を食べ、少し飲もうと言うことになりました。私は仕事が終わり次第帰りたいと言いましたが、女性の方が「私の所に泊まって、明日の朝からやりましょうよ」と言われ、彼女に県庁の上司に電話をしてもらいました。

 その結果、彼女のマンションに行って飲もうということになったのです。あまり乗り気ではなかったのですが、仕方なくついて行きました。ほんの少し飲んだだけで、かなり回ってしまいました。疲れていたからだと思います。

 彼女は私の横に座り、私の面倒をよく見てくれました。私も安心感がありました。そして彼女が私を連れて、ベッドに寝かせました。私は、服のまま横になりました。すると、彼女も私の横に入ってきたのです。

 少し、嫌だったけど、眠かったので、気にせず眠ろうと思ったのです。少しうとうとした時、彼女は私の横で服を脱ぎ、キスをしてきたのです。少し慌てたのですが、ベッドの下で男の人が二人眠っていて、私は背を向けました。

 しかし彼女は私の体を後ろから抱きかかえるようにして、服を脱がしにかかります。抵抗するのですが、男性に気付かれるのが怖くて、体をひねって抵抗することしかできませんでした。

 その時「手伝ってやるよ」ふと気がつくと、二人の男性が裸で立っていて、わたしを抑えつけました。あっという間に裸にされ、彼女に体中キスをされてしまいました。両手と両足をしっかりとつかまれ、私は大きな声で叫びました。

 女性が離れ、カメラを取り出しました。「やっちゃってよ」女性が言いました。「キャーっ」私は思い切り大きな声で叫びました。無駄でした。一気に腰を割って入って来た男性に突き抜かれました。

 私か大きな声で鳴き叫んでいたはずです。「この女、●●さんと付き合ってるんだ。ボックス壊してやりな」彼女の形相にゾッとしました。しばりつけられ、何度も犯されました。彼女は嬉しそうにカメラを回していました。

 次に彼女は、今まで飲んでいた徳利を持って、私の膣の突っ込みました。「痛~い、やめて!」いくら叫んでもだけでした。2号徳利を逆さにして突っ込まれ、痛くて血が流れているのがわかりました。

「今度は、ビール瓶を入れてやるよ」男が、中身に入ったビール瓶を突っこみ、中に、冷たいビールが入って行くのがわかりました。泣くしかありません。そして、一本突っこんだまま、指で膣を開いて、もう一本真新しいビールを突っこまれてしまい、痛くて気絶しそうになりました。

 男たちはカメラを回し、体中にキスマークをつけまくってました。殺される。私は恐怖でいっぱいでした。2本のビール瓶が激しくピストン運動をし、ついに気を失いました。目が覚めると、陰毛はそられ、太ももの内側は、血で真っ赤に染まっていました。

「助けてほしいか」彼女が尋ねました。私は恐怖で何度も泣きながら頷ききました。「ボックスを使えなくしてから解放してやるよ」また気が遠くなりそうでした。何度も犯されました。

 精液を流すんだと言って、またビールを入れられました。最後は、松葉杖の足を思いっきり深く入れられ、かき回され、血があふれだしました。さらに、げんこつで膣に入れられ、手首をひねり、また血があふれだしました。

 気を失い、朝には服を着せられ、外郭団体に連れて行かれました。夕方になりかえろうとすると、年配の人が私を応接室に呼びました。ソファに座ると、テレビのスイッチを入れ、昨夜の淫行を映し出しました。

 私は泣きだしました。年配の人は、私の下半身をはぎ取り、乗りかかってきました。もう抵抗する気力もありませんでした。私は体調を理由に1週間ほど休みました。そして、妊娠を知りました。

 もう彼に抱かれることはできません。そして今、男性には近づかないようにしています。もう結婚はできない体になりました。



↓他のHな体験談を見る