恥ずかしさが日常的なヌードモデルの仕事

 3年ほど前になりますが、恥ずかしながらヌードモデルの仕事をしていた事があります。有名な雑誌でもエロ本でもなく、ちょっとしたアングラ系サークルがあり、そのサークルの出す同人誌みたいな物のモデルでした。

 元々は知り合いの紹介で始めたのですが、有難い事に他のお仕事の紹介も頂いて有頂天になっていました。ある日の事、Eさんというカメラマンと一緒になり、撮影現場がラブホテルのSMルームと告げられました。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 Eさんは自称関西人。よく喋る人ですが関西弁が何かあやしい。どーー見ても、およげたいやきくんの子門真人にしか見えないBSKさん・・車はホテルに着き、Eさんは機材の入った銀色のケースと、黒いアタッシュケースのような物を車から降ろして部屋に入りました。

 簡単なセッティングを終えて数枚撮り始めた所でいきなり「下の毛剃れる?」と言われ、ある程度はお手入れしてあったので「どの辺りまで剃ればいいですか?」と聞くと「全部。」 全部って・・結構後ろの方まで生えてるんですが。

 さすがにそれはおかしいだろうと・・でもカン違いして、すっかり有頂天のモデル意識を持った私は何故か用意されていたシェービングクリームと剃刀を持って浴室へ。

 情けない格好でしゃがんでショリショリやっていると、いきなりドアが開きそこにはEさんの姿が!というか【なんで裸なんですか!?アナタ】「ここ鏡なくて見えないだろうから手伝ってあげるよ」「いや、いいです!もう終わるんで!」

 剃刀(T字だけど)を取り上げられてしまい、反抗したら危ない予感がした私は、とりあえずされるがままに。浴槽のフチに座らせられて足をぱっくり開かれ、剃り残しがないかどうかじっくり見られました。

 お湯で流してジョリジョリしないか確かめるのに撫でられて、おまけにクリトリスまで触られてしまい当然ながらすでに濡れ濡れ・・「えっちだねーもしかしてしたくなっちゃった?」なんておよげたいやきくんに聞かれて

 おまえとはしたくない!と言いたかったが、そんな事ないですよ~と適当にごまかして浴室を出た。撮影は続行されたがどうもおかしい。毛剃る必要ってどこにあったんですか?

 とにかくこの目つきのあやしい男と早く離れたかった。しばらくすると謎の黒いアタッシュケースを開けたEさん。ちらっと横目で見たらなんと・・バイブの山・山・山!!!

 思わず固まってしまった私を見て「こんなの興味ある?どう?w」と中身を全部見せてくれた。バイブがとにかくいっぱい。ローターも数個、さっきの剃刀やシェービングクリーム、コンドームの箱やアナル用の何かとイチジク浣腸!

 何やら妖しい錠剤のような物まで見える。ごめんなさい、私が本当にバカでした。ヌードモデルごとで調子に乗るなよ、鼻高々で図に乗ってるからこんな目に合うんだよと。

 やっと悟りました、二人っきりで密室にいて何されてもおかしくないだろうと。そこからはもう撮影なんかお構いなし、ひたすらアタッシュケースの中身で責められまくり、情けないけれど気持ちよくて、ずっと目閉じてました。

 3点責めとかされてなんとフィニッシュはアナル・・およげたいやきくんのちんちんはモンキーバナナくらいだったので、初アナルを奪われたにも関わらず傷は浅くて済みましたw

 なんとか相手の(自分も)性欲を満たして無事帰還する事が出来て胸を撫で下ろした一日でした。



↓他のHな体験談を見る