隣りの寝床で声を殺して・・

 早く処女を捨てたい、そんな気持ちは、高校を卒業して、お勤めを始めた時からもっていました。でも、あんな形で、なくすなんて、ちょっとくやしい思いです。だって、始めての男が誰なのか、見当がつかないんですもの。

【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

 なんでそうなったかというと、昨年の冬、仲のいい同僚3人と、スキーに行った時のことです。土曜休みを利用して、金曜日の夜に発ち、日曜の夜中に帰ってくるという、ちょっとハードかなと思うツアーに参加したんです。 それで、その土曜の夜のことです。同じツアーの中で、あっちは男3人、というグループと仲よくなり、私たちの部屋で宴始まってしまいました。

 同僚2人は話をきくことによると、どうも経験者らしく、男を知らないのは私ひとり、だけど私、それがいけなかったんでしょうけど、見栄はって、何人かの男を知ってるなんてことを言っていたのです。だから、宴会が盛り上がって、そのまま私たちの部屋で雑魚寝しようってなった時、反対できなかったんです。

 それに、ひとりだけ、私好みのカツコいい人もいましたから、それがまちがいのもとでした。全員が寝静って、もちろん私もぐっすりと熟睡していました。だってアルコールがきいていましたから。何時頃でしょ、あまり喉が渇くので、それでふっと眠がさめました。と同時に、なんだが胸の辺りがもぞもぞとしているんです。

 私、ぼんやりした頭で、なあに、なにかしらと、寝入る前のことを思い出そうとしました。そんな私の耳に、異様な声が聞こえてきたのです。えっ、なんの声? 私、自分が無知だったと、ほんとにそう思いました。

「はああ……ああ、いいわ、気持ちいいあああう……」
「シッ、聞こえるゾ‥…」
「だって……あン、ああ…だって……がまんできない…」
「あああ、だ……めェ……ああ、いいわ、いいわ‥もっと‥…」

 なんと、2人の友人の声です。薄闇の中で眼をこらすと、2人とも、それぞれ男の人とからみ合っているんです。だれが誰だが分かりません。そうして、私の胸がもぞもぞするのは、やはり男がいたずらをしていたのです「やめて……」押し殺した声で制止しようとしましたが、相手の男は、しっー!と言っただけで、手の動きを止めようとはしません。

 「いやっ!やめて……」他の者に聞こえないように、胸におかれた手をどけようとしました、が、狭いところでもそもそしているので、思うように体も動かせません「やめて……」「今に気持ちよくなるよ」そう言って、片手が股の間に入ってきました。

 押し殺した声なので、誰がか分かりません。それに、股の間の手は、すぐにパンティの真ン中に届き、しっとりとしているそこを二本の指で突っつくのです。変な気分になってきたのです。

 私、胸を揉まれ、股をいじくられ、同僚の2人の喘ぎを聞いているうちに、ほんとにおかしくなってきたんです。もう、どうでもいいや、そんな気分になってしまいました。「うううっ……」こらえていた声が洩れてしまいました。「感じてきたろう~」まだ相手が聞き分けられません。

 私、相手が分からないまま、姦られちゃう、恐い、なんて思いながら、だんだん太腿を開いていってしまったの。それだけでなく、男が、パンティをおろす仕草になった時、お尻を上げ、脱ぎ易いいような格好をしてしまいました。

 「やっとその気になったか……」パンティがなくなると、男は指を二本、すぐに秘孔に突きたて、侵入させました。ぐちゃ、と淫らな音がして、私はくらやみでひとり顔を赤くしていました。「濡れてるな……」一人言のように呟いて、男は私の体の上に乗ってきました。

 ーーーああ、始めてなの、乱暴にしないで。そう言いたかったんですけど、それを言うのも恥ずかしくて、ただもう私は歯を食いしばって我慢していました「入れるぞ」相手は、まさか私が始めてだとは思わないでしょう。遠慮もなく、押し入れて来たのです。

 ーー痛いっ、痛いっ、入らない、そんな物が入るわけないーー心の中で叫ぶだけで、声にはなりません「ああっ、ああ--、イ……ク……、いい、いい、いい」突然、そんな声が耳に入り、私の神経はそっちに気をとられました。と、その時、男の物が、ずんっとした感じで奥まで入ってしまいました。

 奥まで入ったのが分かったのか、男は腰を動かし始めました。

 入れたり出したりといった様子で、私の中がぎしぎししているのも気がつかないのです。でも、そのうち、私、その見知らぬ男にしがみついていたのです。腰こそ動かしませんでしたが、しっかりとしがみついて、ああ、ああ、って、よがり声を漏らすようになってしまっていたのです。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ