「音」をだす女性は名器?

SEXの雑学シリーズ(3)

 トランペットなら吹く、ドラムなら打つ、ピアノなら叩くと、ふつうの楽器はプレイーの仕方も一定している。ピアノのキーをこすっても音はでない。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 ところが、特殊な楽器は、演奏法もなかなかこみ入っている。軽くこする、押す、舐める、突っつくなど多様なテクニックを駆使しないと、イイ音はでない。

 そこに女体という特殊な楽器の難しさ楽しさがある。この楽器は下部の機械部分を操作することで上部の響鳴板から音がでるのだが、
ヘタをすると下部の機械部分から〝プー″とか〝プー″とか音楽とはほど遠い音を発することがある。

 プレイヤーが未熟で若い人だと、それを聞いただけで「アッ、この楽器、壊れてる。性能がワルイなあ」と、うっかりすればもう使わなくなってしまうことがある。しかし、それは大変な誤解。そうしたマイナー調の音が下からもれてしまうのは〝突っつく〟

という奏法においてであるが、これは、その機械部分が〝突っつき″に対して絶妙な収縮運動をする結果なのである。これは、楽器としては大変性能が優れている証拠。まさに名器といわれる部類である。

 この場合、プレイヤーとして注意すべきことは、テンポをよく考えること。つまり、アレグロ、プレストといったハイチンポではなく、アンダンテか、せいぜいモデラートくらいのややスロー気味に抑える。そうすれば楽器の響鳴板が音をだす前に、プレイヤー自身が奇声を発するはず。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ