私の容姿を同僚の男達から変な風に見られていた

 私は結婚をして子供もいますが、独身の時から働いている会社で今もOLをしています。いつの間にか30歳を過ぎ、営業部に若い社員も増えて私はそんな男性社員から当然、恋愛対象外なんだろうと思っていました。

 でも、先日会社の飲み会の席で新入社員の子達にこんな事を言われたんです。「沙織さんって色っぽいですよねぇ」「ホント美人だし旦那さんが羨ましい」「そうそう、この身体を毎晩…うわ、やべぇ想像しただけでイキそう!」


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 びっくりしました。まさか私がそんな風に見られていたなんて…。恥ずかしいやらドキドキするやらで、顔が熱くなっているのが自分でも分かりました。「俺達に隙を見せたらヤバイっすよ、沙織さん。犯られちゃいますから」話はどんどんエスカレートして行きます。

 ちょっとマズイかなぁ、と思いながらも久し振りにチヤホヤされて悪い気分ではなかった私は「え、なに?私、全員に犯られちゃうの?」なんて、笑いながら言いました。

「ええ、そりゃあもう大変な事になりますよ」「身体中を玩具にされちゃっても知りませんよぉ」彼らも調子に乗って私にいやらしい事を言って来ます。「玩具って、どんな風に?」興味本意で続きを尋ねる私。そんな私の周りには若い男の子ばかり、5人くらいの壁が出来ていました。

「そうっすねぇ…まずは、会社の制服姿のまま、その唇で全員のチンチンに奉仕でもしてもらいましょうか。両手は後ろで縛ってね」「膝まづいた沙織さんの口に無理矢理ねじ込んで、ジュポジュポ音がする程激しく腰を振りたい」

「俺はしゃぶってる沙織さんの後ろからブラウスを引き裂いて、大きなおっぱいを揉んであげますよ」「それじゃあ俺はタイトスカート捲り上げて沙織さんの敏感な部分に指で悪戯しちゃいます。クチュクチュってね」

「全員のチンチンをしゃぶり終わったら、沙織さんを四つん這いにしてバックからぶち込みます」「両手や口も休ませませんよ。左右の手にも1本づつ握らせて、口にもちゃんとチンチンをくわえさせます」

「あ、俺後ろの穴にも興味あるんだよなぁ…そっちにも挿れちゃってもいいっすよね?」もう、メチャクチャです。想像の中とはいえ、私は彼らに犯されている気分でした。

 その後も、SMみたいに拘束されて犯されたり、精液をムリヤリ飲まされたり、お尻にバイブを挿入されたり…。途中から恐怖心で息苦しくなりましたが、少し興奮もしていました。

 若い男の子達の想像力って凄いんですね…。


↓他のHな体験談を見る