ユルくなった私のマンコに夫の直感でばれそうに

 私は結婚3年目の31才の主婦で子供はまだ居ません。今の会社には半年前に中途入社したばかりなんですが、先週末にあった送別会でやらかしてしまいました。飲みすぎてかなり酔っぱらってしまい、いつの間にか何故か同僚のK君(26才)とホテルに入っていました。

 2次会のカラオケと、あと誰かにラーメンに誘われたのは微かに記憶にはあるのですが、なぜホテルに居たのかはわかりませんでした。しかも、あまり好きじゃなかったK君と。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 迫り続けてくるK君を拒みきれないうえ、かなり酔ってたこともあり『仕方ないか』と諦めて身体を許してしまいました。予想外だったのはK君のチンンがとんでもなく大きかったことです。

 大きいと軟らかいと聞いていたのですが、K君のはカチンカチンでした。ホント私にとってはあまりにも衝撃的な大きさでした。備え付けのゴムではさすがにサイズが合わなくて付けられないのでナマのまま入れてきました。

 私も酔ってるとはいえ あまりの大きさに怖くて腰を引いてしまうのでなかなか入らなかったのですが、入ってきた時にはもうビックリでした。K君のチンンのあまりの大きさに、とにかく痛みと息苦しさに耐えながらK君にしがみついてただけでした。

『中はダメ』と言ってあったので、しばらくしてK君は私のお腹の上に射精して終わりました。精子が顔にまで飛んできましたが。私はシャワーを浴びたあと気まずさと恥ずかしさでベッドに潜り込んでいましたが、30分くらいするとK君がまた布団に潜り込んできて迫ってきました。

 今度は念入りに愛撫やクンニをされ、チンンも咥わえさせられました。と言っても大き過ぎて口に入らないので舐めていただけですが。またナマで入れられたのですが何故かあまり痛みもなく、

 今度はK君もなかなかイカなくて しばらくすると痛みも消え徐々に快感に変わってきてしまい、途中からは急に物凄い快感が襲ってきました。

 初めの頃は痛いだけだった奥への突き上げも、子宮口を押し込まれるたびに全身に鳥肌が立つような感覚が走り、初めてチンンでの腟イキを経験しました。今まではクリイキしか経験ありませんでした。

 旦那に申し訳ないという気持ちもあり、なるべく声は出さないようにしてたのですが K君は私がイッたのに気付いたようで、さらに興奮したように動きを激しくしてきました。

 私は休む間もなく何度もイカされてしまい 最後はイキっぱなしみたいな感じで もう気が狂いそうでした。意識が飛びそうになったことも何度かありました。気がつくといつの間にかK君は終わっていて、しかも腟内に射精されていました。

 私は焦りながら中出しを責めると「イキそうになってもTさんがしがみついて離れなかったから」 と言われてしまいました。深夜3時頃に家に帰ったのですが、旦那は寝ていたので助かりました。

 また、昨日旦那に迫られてエッチしたのですが 案の定 「なんかユルくなってないか?」 と浮気を疑われましたが何とか切り抜けました。旦那には申し訳なく思ってます。


↓他のHな体験談を見る