犬の散歩中にサラリーマン風の変態に遭遇

 私は夫と子供もいる普通の主婦です。3年前から主人が支社へ転勤となり単身赴任をしています。1年の予定でしたが、後任が決まらなくて今も延期になっています。主人が単身赴任するようになってから、犬の散歩は私の仕事になって毎日しています。

 そんな日課もあって、近所で痴漢に遭っている人が沢山いることは聞いていました。PTAでも話題になって子供たちを集団下校させたり親同伴もいいことになった りしてたのです。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 先月末の夕方、子供と犬の散歩に出かけて公園に入ったとき子供が犬と一緒 に先に走り出して私はゆっくりと歩いて付いていきました。公園のお手洗いの横を通りすぎた時、横目に人影を感じて振り向くとゆっく りと歩いてくる人がいました。

 恐いので少し早足で前に進むと後ろから「すみません!教えてもらいたいのですが!?」と呼び止められました。振り向くと30歳前後で体格のいい男性が笑顔で「あの~ご近所の方です か?」と聞いてきて「そうですけど?」と応えたら「奥さんですよね?」って聞かれて変だな~と思って黙ってしまいました。

 男性はスーツ姿でした。両手で黒いスーツケースを前で抱えていたのですけど、そのスーツケースを左手に持ち替えたら、ズボンのチャックのところから大きくなっるおちんちんが飛び出てて、驚いて私は固まってしまいました。

 恐さで頭が真っ白になって声もだせませんでした。「え?!」私の目がおちんちんに釘付けになって身動きできなくなってたことを知ってたのか、どんどん近づいてきて男性と私の間は1mも無くなってと 思います。

 私は男性が近づいてきて恐くて動けず、顔も見れなくておちんちんをずっと見 続けてしまいました。男性は黙ったままおちんちんに手をやって動かしていました。

 私はそれでも動けなくて声もでなくて立ったままになっていたら、男性は左手に持ってたスーツケースを下に置いてますます早く右手を動かしだして、左手で私の胸を服の上から触ってきました。

 私は腰が抜けたようになって頭がボーっとしてきて、しゃがみこんでしまいました。Tシャツの襟首から左手が入ってきておっぱいを強く揉まれて顔におちんちんを擦り付けられました。声がでそうで出ないもどかしさは、今も悔しくてしかたありません。

 唇に何度も押し付けられましたけど歯を食いしばって、首を振って抵抗することはできました。おっぱいを触っていた左手が私の頭の後ろを押さえてきて私が首をふると髪の毛を引っ張られました。

 そして、最後には顔にかけられて痴漢は走って逃げていきました。その後、私が地面に伏せていたら子供が戻ってきたので、転んで捻挫しちゃったと嘘をいいました。子供には顔を見せられなくて、目を合わせないまま家にもどりました。

 それからは犬の散歩の時間を少し早くしています。すごい恐怖と女である屈辱を感じて鳴きましたが、最近あの忌まわしい行為ではなくて、あの男性の大きなおちんちんの事だけ思い出してしまうようになってます。

 恥かしい話ですけど1人で居てなにもしてないときは大きなおちんちんが頭の中に浮かんできて、変な気持ちになってしまいます。


↓他のHな体験談を見る