.
.
.
.
.

❤ローターの快感への魔力を知った

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2018/01/04(木)
 交差点で右折しようとして、直進してくる車と衝突してしまった。夫に電話をしたけど通じない、いつもの車の担当者に携帯から電話をした。「もしもし、事故なんです、場所は○○通りの□□交差点です」「はい、すぐに行きます」

 パトカーが来るよりも、うちの車の担当Sさんが先に来てくれた。状況を説明すると「大丈夫ですか、お身体の方は」と私のことを心配してくれた。結局、双方の車とも、前輪の車軸が折れて全損、相手の方も負傷もなく物損事故だけとなった。

* うちの車の担当のSさんが手配したレッカーで、破損した車も片づけられた。「ご自宅まで送ります、あとはすべて僕が対応します」「今日は、ごめんなさいね」それからしばらくして、Sさんから電話があった。「一度相手の方に、お詫びというか、あいさつに行ってもらえますか?」「主人と一緒の方がいいですか?」

 主人は「仕事で忙しいから、自分の事故は自分で始末しろ」と冷たい返事。そのことを伝えると、Sさんは女性一人だけというのはどうかなと心配してくれた。結局、Sさんの営業車で相手の方のお家に行くことになった。相手の方も、機嫌よくお話ししてくれてすぐに帰ることができた。

 帰りもSさんの車で送ってもらうことになった。「Sさんに、何かお礼がしたいんだけど」「いいえ、仕事ですから気にしないでください」その時どうかしていたのか、私は運転中のSさんの股間に触れていた。少し大きくなって存在感を示し始めた。

「奥さん、いけませんよ、そんなこと」「私にもお礼をさせてくださらない?」クルマがラブホテル街に近づいたことで、Sさんにもその意味がわかったようです。Sさんは素早くハンドルを切って、その中の1軒の駐車場にクルマを入れました。

 私の誘いを即座に断らなかったことを考えると、Sさんも期待していたのかもしれません。ホテルの部屋に入ると、「先にシャワーしてもいい」と私が言うと、Sさんは「シャワー、先にいいですよ」と、自然な感じで言いました。

 私は念入りに体を洗って、Sさんと交代し、ドキドキしながらベッドでSさんがシャワー室からあがってくるのを待ちました。やがてSさんが腰にタオルを巻いただけの姿であがってきて、ホテルの浴衣姿で私の横に座りました。

「ナオミさん、折角だから僕の好きなようにしてもいいですか」彼はそう言うと、私の顔に手を当ててキスをして来ました。くちびるをこじあけるようにして舌を差し込まれてきた時、私も彼の背中に手をまわしていました。

 私はピンクのキャミソールとショーツだけ、Nさんは浴衣のひもを外し、裸になって私の胸を揉みながら、強く唇を首筋に這わせるのでした。キャミソールをずらせて私の上半身にキスの雨を降らせて来ました。

 手際よくパンティを脱がされた時には、もう自分でも濡れてしまっているのがわかり、思わずモジモジと足を閉じてしまいました。Sさんは、そんな私の足を広げるといきなり、アソコに口を近づけ音を立てて舐めました。

「あっ!」私は思わず、両股で彼の頭を挟んでしまいましたが、彼はそれに構わず、もっと大きな音を立ててピチャピチャと私のアソコを舐めました。私は快感の波が一気に襲って来ましたが、夫にしてもらうよりも丁寧な愛撫に感じていたのです。

 私はラブホテルだからというのもあってか、Sさんの執拗な舌技でいつもより大きな声をあげて悶えていました。Sさんは私のアソコだけでなくアヌスまで含めた全身を舐めまくります、もうほとんど逝きそうになったときSさんは何かを取り出しました。それはピンクローターでした。

 私がシャワーをしている間に、ホテルのサービスで取り寄せたみたいです。私は今までバイブなど道具を使ったことは無かったので、少し抵抗感がありましたが、Sさんがそれを私のクリトリスにあてがった途端、それどころではなくなりました。

「ああっ、こんなのはじめてっ」クリトリスに 振動が伝わって来た途端、私はまるで雷にでも打たれたかのように全身が痺れるような思いがしました。私はこれまでにあげたことのないような声をあげ、かって経験したことのないような快感に身を震わせていました。

「アッ、アアッ、すごく、イイワッ」
「ナオミさん、それじゃ、僕も」
「イ、イ、イヤッ、アアー、かんじすぎるわ」

 いつのまにかSさんは、 ローターをクリトリスに当てたまま、挿入して来ました。私はもう、これ以上の声もあげることができないぐらい感じてしまい「ふ~んっ!」と鼻から抜けるような声をあげていました。

 Sさんはさらに激しく腰を動かして来ました。私はもう本当に気が狂ってしまうんじゃないかと思うぐらい感じてしまい、自分でもわけのわからない叫び声をあげていました。Sさんの腰の動きがさらに速まった時、私は突然、波にさらわれたような気分になりました。

「いいわぁ、アアッ、いいわ、Sさん」
「奥さん、ぼくも、すっごくいいです」
「うれしいわ、中でイってね、オネガイ、抜かないでね」
「ほんとに、いいんですか、中だししても」
「いいの、このまま、アアッ、いいわっ」

「奥さん、赤ちゃんができたら」
「いいの、主人も喜んでくれるわ」
「奥さん、もう、イキソウデス」
「イッ、イクッ・・・アッ、い、くっ!」

 ほとんど声にならないような声をあげて、私は絶頂に達していました。Sさんが射精した後も、私はしばらく動くことも出来ませんでした。ローターというのが、あれほどの刺激と快感を与えてくれるとは想像もしていませんでした。 私はこの歳になって初めて、ローターというもので感じる女の悦びというものを知ったんです。

 事故の後、新車が届いたあとも、試運転ということでそのホテルでSさんと、2回セックスしました。それからしばらくして、夫がコンペの景品としてピンクローターをもらってきました。

 最初だけ嫌がるふりをしていました、夫の口唇愛撫では絶頂に達することが出来なかった私ですが、ローターで「イク」ということがわかってきたせいか、最近ではローター無しで、夫の愛撫でも絶頂感を感じるようになってきました。

 夫も私が激しく反応するようになったのに昂奮してか、最近は週に1回はセックスするようになりました。不倫のおかげで夫婦仲がさらによくなったような気がします(笑)


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数1000万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.