思わぬ妻の痴態の体験を告白

 妻36歳、私は38歳、結婚当時は考えもしなかった妻が他の男性と絡む行為を見てみたいと思ったのは数年前。何気に話はしたもののなかなか応じず、思い切ってカップル喫茶へ行きましたが、思い通りにはいかず半ば無理やりハプバーへ行きました。

 行く数ヶ月前から妻にはいかにもいやらしそうに見えるパンティーやスケスケのミニワンピ、ガーターなど本人自身にも私は淫乱な女を思い込ませる洋装にさせていきました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 妻のスタイルは結構良いほう(但し豊乳ではありませんが...ほとんど紐状のTバックに黒のガーターベルト、股下0cmのタイトスカートに黒のシースルーブラウスの格好でいざハプバーへ。平日の夜に行ったにもかかわらずお客さんが10人ほど(カップル1組、単独女性は0、よ、って単独男性8人。

 どきどきしながら入店。妻をもてあそんでくれる。男性がいるかとても心配でした。最初カウンターで従業員の男性から説明を受けながら話していたら、すぐ妻のもとへ男性3人が話しかけてきました。

 従業員から男性達に私達の意向を説明したらしく、男性陣から嫌がることはしませんからといわれました。妻は私が隣にいたら話も弾まないと私は思い従業員としばらく談笑。

 フロアーの隅で妻を5人の男性が囲み話をしていました。時折話し声が聞こえ男性が
『SEXは好き?』
『男性経験は?』
『アナルは経験あるの?』
『このいやらしい格好で外に散歩しにいこう』などかなりえぐい会話をしていました。

 また妻のいやらしい格好の話になって、男性の手が妻の身体に触れるようになってきました。私は妙な興奮を覚えました。しばらくすると妻がいろんなポーズを要求され、四つんばになったりM字開脚したり。そのたびに妻のお○んこはTバックからはみ出しほぼ丸見え。

 いつしか一人の男性がキス。あっという間に着ているものはすべて剥ぎ取られ喘ぎはじめました。おいしそうに何人もフェラチオし自ら淫語連発。最初こそ正常位で挿入されましたが、妻自身が上になり蜜つぼへち○ぽを自ら誘導し、がんがんに腰を振りまくってる姿を見てとてつもない興奮と変な達成感?を感じました。

 結局5人とSEXしました。それ以降店に行き男性がいると私をよそにしまくりです。今度の貸し出しもおもしろいかな?と思っています。何か面白いプレイがあれば教えて下さい。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ