恥ずかしさに耐え痛みに耐えました - OLの体験談

恥ずかしさに耐え痛みに耐えました

 私の初体験は24歳でした。会社の飲み会で2次会まで行き、電車がなくなり同じ方向の4人でタクシーに乗りました。途中で二人降り、次は私が降りるんですが、乗ってるうちに気分が悪くなってきて、降りる時に先輩の肩を借りるハメに…

 部屋に入って横たえられて、ちょっと落ち着いた頃に先輩が覆いかぶさってきて、ブラウスのボタンを外しはじめました。自分の家だから控え目に「やめて下さい!」って言ってもやめてくれません。そのうちブラをずり上げて胸に吸い付いてきました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 ブラウスが中途半端に脱がされていたから、手の自由がきかず、いくら「やめて下さい!」って言ってもやめてくれません。そのうちスカートのファスナーに手をかけてきたから阻止しようともがきましたが、スカートを脱がされてしまいました。

 先輩が両足の間に身体を入れてきました。私は結構太めなので紐パンの愛用者で、先輩に紐をほどかれ直接触られました。「ダメ、ダメ、ダメ」って言ってたら、片手で頭を抱えるようにしてキスされてしまい。「むぐむぐ」としか言えませんでした。今までにない感じと息がしにくいので頭がぼーっとなってきました。

 不意にピリッと痛みが走ったかと思うとズキンと大きな痛みが走りました。先輩は両手で私の頭を掴んでキスしているから声は消されています。先輩が動く度にすごく痛みました。しばらくすると先輩の口が離れました。先輩の動きに伴い我慢しようとしても「痛い!」って言葉が出ました。

 先輩も驚いたみたいで動きが止まりました。あまりの痛さに、先輩にまだ終わらないのか聞いてしまいました。先輩は私の生理日を聞き、「すぐに終わるから」と言うとさっきよりも激しく動き出しました。あまりの痛さに逆に声が出なくなりました。

 不意に先輩が私にかぶさってきて動きが止まりました。そのまま先輩は私の髪をなでながら耳元で口説いてきました。私みたいなのを好きになってくれてたんだと思うとなんか嬉しくて、また求められた時に応じてしまいました。さっきと違いものすごく優しくて、気持ち良く感じました。

 ただ入れてきた時はさっきと同じでまだかなり痛くて先輩に痛みを訴え、しがみついて耐えました。でもこっちがホントの初体験かなって感じがしました。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ