おばちゃんで不倫をしています

 今、自分が不倫してることがまだ信じられない気持ちです。私は42才、主人は43才、高二の娘と今度中学になった息子と小四の娘の五人家族です。不倫相手の男性は私と同い年、中学の息子の友達のお父さんで、私の中学時代のクラスメート、良泰君、中学時代ヨッチと呼ばれていた男性です。

 息子が六年生になり、その友達をよく連れてくるようになり、話しを聞くと父子家庭だとのことで、おやつ出したり色々してあげてました。昨年夏休み中、うちに泊まっていけと息子が友達に言ったようで、泊まることになり、友達はお父さんに電話、すると仕事を終えて我が家に挨拶するため寄ったお父さんを見て、あらヨッチじゃない?



 最初、私がわからないみたいでしたが、思い出してマキちゃん?となりました。中学時代の友人の結婚式以来、約15年ぶりくらいです。私はどうせだから一緒に食事していきなさいよと、強引に誘い込み、ヨッチは息子さんと食事、息子さんは泊まり、昔話しをして、主人や私と一緒にちょっと呑んでヨッチは帰宅しました。

 そんな形での偶然の再会、家族ぐるみの付き合いになり、ヨッチは離婚していたことを知りました。実は私にとってヨッチは中学時代、ちょっと特別な存在でした。クラスでも目立たない存在の私に対し、ヨッチはリーダー格の一人で、そのリーダーグループで唯一、私に気を配って話しかけてきたりして、本命はリーダーさんでしたが、次にヨッチだったんです。

 修学旅行のとき、バスの中で飲み物がないと探していたとき、後ろの席にいたヨッチが私の頭に何かをぶつけました。缶ジュースでした。それ飲めよ、やる。ぶっきらぼうな言い方、胸がキュンとなったことを今でも覚えてます。

 結婚してからずっと真面目に主婦してました。不倫なんて考えもしなかったです。息子を通じての偶然のヨッチとの再会、たまにランチ一緒したりするようになりました。関係を迫られたのは今年に入ってすぐでした。一緒にランチしてて誘われました。

 私は、何言ってるの~とはぐらかしました。主人や子供がいるんだからダメよと言いました。手を握られると、ヨッチの熱い気持ちが伝わってきたような気がして、そしてほのかに思いを寄せていた中学時代が蘇ってきました。

 はぐらかしたり、ダメを言っていた私でしたが、心は大きく揺れてました。絶対マキちゃんの家庭壊すマネはしない、秘密厳守でと言われ、グラリと心が傾きました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ