Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 一人登山で道に迷って民家を訪ねた体験談

2024-05-10 (Fri)

一人登山で道に迷って民家を訪ねた体験談

 日帰りできる少し低めの登山で思った以上に時間がかかり、里に下りた時には日没が迫っており、通る人影も見えないくらいに暗くなってました。

 予想をつけ、歩いていても一向にバス通りにつきません、暗いし人はいないし・・・明かりの点いている家を見つけた時はほっとしっました、


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 玄関に近付き声をかけると中年女性が出てきてくれました、近くのバス停を聞きましたが、もうバスは明日の朝まで走って無いと、途方にくれてる私に

「泊まってけ」
「部屋は幾つでもあるから」
「遠慮しないで」

 ・・・一気に疲れが出て、「お言葉に甘えてお世話になります」靴を脱ぎ上がらせてもらいました。

「ご飯は?」
「まだです」
「支度してる間に風呂でも入れ」
「すみません」お風呂に入らせてもらいました、

「湯加減は?」
「丁度良いです」
「背中でも流そうか?」

「結構です」
「遠慮せんと」
「此処さ座って」・・「早く」
「すみません」背中を流してもらいました、

 すると手にシャボンを付け「こっちさ向け」「え・・」「早く」竿を優しく洗ってくれましたが、恐縮してしまい、予想に反しうなだれたまま・・

「こいつ生意気に・・」「おばさんじゃ魅力が無いか・・「ちょっと此処さ寝ろ」洗い場に横たえると手で扱き始めました。

 少し反応すると「やっぱし男だ」・・口でしゃぶって頭を上下に・・完勃起「おお 立派で硬くて!」おばさんは跨ると腰を下ろし手で穴にあてがい腰を沈めて・・すっぽりと収まりました、

「久しぶりのチンチンがこんなに立派で嬉しいぞ」
「しっかり抱いてくれ、中に遠慮なく出しておくれ」

 自らクリを押しつけ声を出すとそのまま上下逆に・・・足を閉じたままクリを刺激すると女の悦び声が・・

 股を開かせ性上位で、屈曲位で足を肩に乗せ股を抱えて出たり入ったり、卍から後背位、菊門へ指を・・最後は性上位で膣奥深くたっぷりと注ぎました。

 一休みして食事をしていると、旦那と子供が帰ってきました。挨拶をし事情を話すと「遠慮しないでゆっくりしていきなさい」

 翌朝、旦那と子供が出かけた後に、もう一回抱かせてもらい帰路につきました。夢のようなひと時でした。

↓他のHな体験談を見る



◆日本一当たる売り場で宝くじの購入代行◆

◆車は買うよりリース◆


Top Page

最終更新日 : 2024-05-10

Comments







非公開コメント