Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › バツイチで高飛車な女とのHな体験談

2024-02-03 (Sat)

バツイチで高飛車な女とのHな体験談

 某サイトで久しぶりに会ったバツイチの女は、会った瞬間から上からで生意気だった、自称37か8だったかでも見た目は40ちょっとか。

 とりあえず軽くお茶でもしようとなり、駅近のスタバに、この生意気な女は席に着くなり話し出して話すことは自分の事と自慢話し、


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 彼氏がいるとか他にも何人にも言い寄られているとか、聞いていてたいがいにウンザリしてくる。

 それを黙って聞いていれば、無口なのね私ばっかり話ししちゃって、って何言ってんだ?今どこに俺が1ミリても口を挟むタイミングがあった?

 さんざん話しをして気が済んだのか、これからどうするの?夕方から彼氏と会う予定あるんだけど。中の下で生活感丸出しのオバさんが彼氏だと?

 さすがにもう無理だ、限界だと思ったけどこのままこのオバさんを帰すのも癪に障る、まだ夕方までには時間もあるし、帰るなら帰ってもいいけど、時間があるならホテル行こうよ。

 なにホテル?今日そんなつもりで来たんじゃないんだけど、はぁそうですか、じゃあ今日は解散しますか、夕方から予定も槌あるみたいだし。

 中の下のオバさんに気を使うのももったいない、お疲れさん先に帰りますよ。席を立つ自分の後ろでちょっとならいいよ、まだ時間もあるから。

 中の下のオバさんが声をかけてきた、でも夕方から彼氏に会うんだろ?だからちょっとならいいの。この期に及んでもまだ高飛車で生意気な女だな、

 本当はエッチしたくて来たんじゃないのか、言葉にも顔にも出さずそれならちょっとだけ行きますか。

 スタバを出て駅の近くにあるラブボに、ここでも生意気にもっと良いホテルが良いとかもっと良い部屋にしてとか、部屋に入ったら絶対にシバいてやる。

 エレベーターの中でも私はSだからねとか、フェラはしないとか小生意気な事ばかり言ってきやがる。本当に腹のたつオバさんだな、もう少しあと少し待ってろよ、部屋に入ったらシバいてやるからな。

 部屋に入ると急に大人しくなり、キョロキョロして挙動も怪しい。Sなんだろう、もっと落ち着いていれば? どんな部屋か見ていただけ。

 どんな部屋もなにも見たまんまの、文句を言った安い部屋だよ、アンタにはもう気も使わなければ金も使うつもりはない、さっさととヤッてさっさと帰るだけ!

 アンタさ本当にSなのか?どう見てもSには見えないしMとしか思えないんだど、自分でズボンとバンツを脱ぎオバさんの上に跨り馬乗りの状態に、

 ベッドに座るオバさんを押し倒して、フェラもしないんだろ、彼氏にもしないのか?

 彼氏にはするよ彼氏だし、それに上手だね気持ち良いよって言ってくれるから。じゃあ俺も気持ちよくして、馬乗りのままオバさんの口にチンチンを押し当てる。

 顔を背け口を真一文字に結んで拒否の姿勢。上手いんだろ?どんな上手いのかちょっとしてみてよそれでも拒否の姿勢でいるから自分もイラッときた、

 オバさんから降りて裏返しにして四つん這いに、生活感あるスカートを捲りあげると、また生活感のある普通なパンツが見えた。

 おいおい夕方から予定があって彼氏に会うんじゃないのか、そんなパンツで行ったら幻滅されるぞ。スカートを捲りあげると両手でお尻を隠すようスカートを押さえ、何するのこんな事して。

 こんな事をしに来たんだろ、そんなパンツで言われてもね。かまわずパンツがずり下げ半ケツに、見たまんまのオバさんのお尻が丸出しに、そこにスパーンとスパンキングしてやった!

 ウウッと声にならない声をあげお尻を震わせている、これはと思いもう一回スパンしてみると今度は背中をのけ反らしはぁ~と大きな声が出た。

 もうこれはMだと確信した、なんだお尻を叩かれてイヤらしい声を出して感じてるのか?本当はSなんかじゃなくてMなんかだろ?もっとして欲しいんじゃないのか?

 何も言わず返事もしないのはどうなの?それならもう一回な、それから何度も何度も叩くと完全に声を出して喘いでいる。

 赤くなったお尻を後ろから触れば泡立つように濡らして光って見える、そのまま後ろから挿し込んでやった、おおぅ獣のような声を出してきても、生はダメ生はダメ。

 そんな事を言ってもお尻を自分の方に押し付けてくる。なんだして欲しいのか?もっとして欲しいのか?挿し込んだまま動かずにいるとして欲しい。もっとして欲しい。

 それなら自分だけ気持ちよくならないで、俺も気持ちよくさせてからじゃないと、わかるだろ?
バックから引き抜き四つん這いのオバさんの顔の前にもう一度持っていった。

 自分とチンチンを見てまだ躊躇っている、早く彼氏にするみたいに俺も気持ちよくして、嫌ならやめるよ。

 チンチンをオバさんの口元に持っていき、押し付けるとヌルッと吸い込むように咥えた。ほらっもっと置くまで咥えて動かして、頭を押さえ動かすとグッグッといいなごらもフェラし始める。

 頭を押さえ付けられ腰を動かされ苦しそうにしている、これが嫌なら自分からしっかりフェラして、自分がベッドに寝転がると観念したかのようにオバさんは咥えフェラしてくる。

 最初はゆっくり丁寧に、少しずつ動きが早くなり奥までしっかり咥えている、気持ち良い彼氏にもこうやってるのか?咥えたまま頷き、他にももっとしてるんだろ?

 彼氏みたいにもっとして。オバさんは咥えたままタマタマを優しく揉みあげチンチンを強く吸い上げバキュームフェラをして、恍惚な表情で自分を見つめる。

 チンチンを咥えバキュームフェラしているオバさんには、出合った時の生意気さや高飛車な様子はない。大きくなったか?しっかり硬くなってきたか?フェラして頷きそろそろ自分も入れたくなってきた。

 オバさんをひっくり返し正常位で入れた、前から見るとオバさんのムダ毛は何も処理されずにホウボウなままだ、この生活感のあるパンツとホウボウなムダ毛を見るととても彼氏がいるようには思えない。

 足を大きく拡げさせ一気に突き刺すと、ダメダメ生はダメ、生ではしないで。この期に及んでまだそんな事を、口ではそんな事を言っても奥まで突き挿されると、おっきいと漏らしギャンギャンと聞いた事のないような声を出している。

 カエルをひっくり返したような格好で、足を大きく拡げさせ腰を突き上げる、その動きに合わせて腰を動かし押し付けてくる。なんだか自分の方が気持ちよくて押されてる気がする。

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2024-02-03

Comments







非公開コメント