Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › おじさんの体験談 › 愛してお世話なっている妻のユルマンコ

2023-12-20 (Wed)

愛してお世話なっている妻のユルマンコ

 二人の子供を産んだ妻のマンコだけど、最高だな。結婚して28年のマンコは、長年、舐めたり弄りまわしたり、チ〇ポ出し入れしたり、大変世話になってきた。

 セックスのハード??が低かった時代、妻は22歳の清純そうなお嬢さんだったけど、処女じゃなかった。それでも出会った頃は、綺麗なピンク色のマンコだったけど、


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 52歳の今ではどす黒いグロイマンコだ。妻のマンコは、それまでのどの元カノよりもキツくて、俺は長持ちしなかったから、若いうちは回数でもなしてたが、子供を二人産んだ後、それでもキツかったから、ディルドを使うようになった。

 初めは普通のディルドだったけど、最後はLサイズのディルドが入るまで拡張され、イキまくっりビチャビチャになってた。

 Lサイズのディルドで、妻のマンコはガバガバになったから、俺のチ〇ポは長持ちするようになった。今でも、クンニで良く濡らしたら、まずLサイズのディルドをゆっくり入れる。

 メリメリと広がる妻のマンコ、クリまで引きずり込まれそうになるから、目いっぱい入れたら、クリを指でディルドに押し付けてコリコリしてやる。

 すると、52歳の分別ある織女が、腰をガクガクさせながら、飛び切り淫らにクリとディルドで即イキする。

 そして、ディルドを抜くと、ポッカリ大口を開けたマンコが少しずつ小さくなり、俺のチ〇ポを入れる。「お前のガバガバになったマンコ、気持ちいいよ。」と言いながら、ニュルスカな感触を長時間楽しんでる。

 50過ぎても、週2~3回ヤッてる。ピッタリ閉じたマンコからはみ出たビラを開くと、ディルドで拡張された大穴がパックリ口を開ける。

 それでも、Lサイズのディルドを入れないで、最初からチ〇ポ入れると、結構締められて、挿入時間が15分で限界になるけど、ディルド使うと1時間コースを楽しめる。

 妻は、マンコの天井をカリで擦られるt感じるから、結構なスピードで擦ってやる。緩いから、小刻みなピストンをやっても簡単に射精しないので、妻は1時間のうちに、4回も5回もイク。

 しかし、1時間近くなると、Lサイズディルドで拡張されたマンコも、徐々に戻ってきて、俺のチ〇ポを締め付けるから、そしたら昨年閉経した妻のマンコにぶっ放す。

 昨夜、中二日で妻を抱いた。イキまくってグッタリする妻のマンコから出てくる俺の精液を、ティッシュで拭きながら思った。

 初めて妻を抱いてから30年、すっかり黒ずんだビラを見て思うのは、ピンクのマンコよりもエロく感じるということ。そして、30年も同じ女を抱いてて、よく飽きないなということ。

 マンコを噴き終わり、マンコに新しいティッシュを挟めてやったら、妻が話してきた。
「いつもありがとう。そんなところ拭いてくれるの、あなただけだもんね。」
「おいおい。このマンコは俺のマンコだぞ。そしてこのチ〇ポはお前のチ〇ポ。」
「そうだったわね…」

 子供たちも独立して、夫婦二人の暮らしは、妻も喘ぎ声を我慢しなくていいから、思い切りできる。50歳過ぎても、おばちゃんになった妻が可愛くて愛しい。

 若い頃の妻より俺は好きだ。俺は、そんな妻のユルマンをこれからもずっと愛用していきたい。

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2023-12-20

Comments







非公開コメント