Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 主婦・人妻の体験談 › あまりにの太さに衝動にかられて咥えたHな体験談

2023-12-09 (Sat)

あまりにの太さに衝動にかられて咥えたHな体験談

 わたしは、33歳の主婦です。お盆中は夫の田舎に小学生の息子と3人で帰省したときの出来事なんです。夫の田舎は、熊が時々出没するぐらいの山奥なんです。

 息子は都会の団地暮らしから、自然のある場所へ来て大喜び、近くの家の子供たちとも仲良しになり、カブトムシを取りにいったりしていました。


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 夫は仕事があるので、1泊だけして先に帰ったのです。3日目の夜に義父の友人っていう50代ぐらいの方が家に遊びに来て、義父と2人で飲み始めたのです。

 わたしは、「もう~早く帰って欲しいなあ」って思いながら料理を作ったり、2人にビールをついだりしていました。息子は2階の部屋ですでに遊び疲れて寝ていました。

 義母も「いつもの事だから有理さんごめんなさい、わたしもそろそろ寝るから有理さんも、疲れたと思うから休んでいいですよ」っておっしゃってくれたのです。

 でも、なんだか先に寝てしまうのが悪いような気がしたので、わたしは2人にビールをついだり食器を洗ったりしていました。やがて2人は飲みすぎたのか眠りはじめてしまったのです。

 義父は、自分の部屋にいき8畳間の部屋には、夫の友人だけになってしまったのです。暑いのか、上半身裸で、トランクス1枚で高いびきで寝ていました。

 わたしは、部屋の食器や、ちらかっている部屋を掃除して、ふっと義父の友人の健司さんをみると、トランクスにおおきなテントができているのですよ。

 わたしは、すぐに見ないように、テーブルの食器を洗い場へ持っていきましたがなんだかドキドキを胸が熱くなっているのです。

 再び8畳間に戻るとトランクスから、健司さんのおおきなおちんちんがむき出しに飛び出すように出ているのですよ。

「ええええ」って感じです。「夫のよりも大きい、結婚前に付き合っていた彼のよりも大きいっていうか、こんなにおおきなおちんちんってあるのって感じです。

 夫は淡泊な方で2年程エッチ無しの生活が続いていて、ちょっと欲求不満気味でした。健司さんは、いびきをかいて爆睡しているようなので、

 わたしは、忍び足で近くにより、健司さんのおちんちんをまじかに見たのですね。いつしか唾液が口の中にたまっているのでゴクンと唾を呑み込んだときに、健司さんは 目を開いたのです。

「奥さん、そのおおきなおっぱいと、そのケツがたまんないよ奥さんを昨日見かけた時から、その肉体がたまらないよ」と言ったのです。

「咥えな」わたしは、無言で健司さんの生暖かいおちんちんを咥えたのです。

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2023-12-09

Comments







非公開コメント