Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › スワップ・乱交の体験談 › 会社の女性職員2人と3Pして中出したHな告白

2023-09-20 (Wed)

会社の女性職員2人と3Pして中出したHな告白

 私の勤める会社は、創立記念日に県内の温泉旅館に1泊旅行をすることになっている。私の会社は男女比率1:9で既婚者が多い。間違いがあってはいけないとの配慮から男女共に2人相部屋に設定されている。

 私は部下の冴えない男と相部屋だ。会社の記念式典が終わり2次会も終えて私は部屋に戻る。部下の冴えない男は近所のスナックに飲みに行っていた。と、私の部屋のベルが鳴る。


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 ドアを開けると会社の女性職員2人がお酒をぶら下げてきて一緒に飲もうと入ってきた。入ってきた2人は部下で、さちこ(29)既婚子供2人チビでムッチリ下ネタ大好きと、わかな(33)既婚子供3人チビ巨乳下ネタは嫌いだが欲望にはストレート。

 飲み始めてすぐにさちこが暖房が暑いと浴衣をゆるめる。Cカップ位の形の良いオッパイが浴衣の隙間から見える。「お前、ノーブラかよ。オッパイ見えてんぞ。」

 さちこ「えー、いやらしい見たねぇー。まぁまぁ大きいでしょ?」
「大したことねーな。わかなの方が巨乳だろーがよ。」
さちこ「はぁー?じゃぁ触ってよ!」

 と、さちこがいきなり私の手を浴衣の中に入れてオッパイを触らせてくる。ウチのムスコはボッキしてビンビンになる。ボッキしたムスコを見て、さちこ「ほらぁ!勃ってんじゃん!」と、誇らしげに言う。

 もうどうにでもなれと思った私は「じゃぁ責任とってもらおうか?ちょっと相手しろよ!」
さちこ「えっ?わかちゃんもいるし。」
わかな「あっ私のことはお構いなく!邪魔はしないので!人がエッチしてるところとか見たことないんで見てみたいからヤッて良いですよ」

 どーせ3人ともベロベロの酔っ払いなので、どーにでもなると思ってさちこをベッドに押し倒して浴衣を引っ剥がす。キスしながらオッパイを激しく揉みまくると声が抑えられないようだった。

 乳首を甘噛みすると体をのけぞらせて感じていた。下着を脱がし割れ目に指をやるとドロドロに濡れている。「お前もうドロドロやんけ。」乳首甘噛みで感じ過ぎて息も絶え絶えのさちこは無言。

 基本セックスは生派の私は、ビンビンのムスコを人妻のさちこに当然のように生でぶち込んでやった。さちこ「あぁぁあぁぁーーー!先っぽが大きいからオシッコが漏れそう!」と言いながら最初の1刺し目でドバッと潮を噴き出した。

 そのままお構いなしに正常位で激しく突きまくるとドバドバ潮を噴いてくる。ベッドはビチョビチョだ。確かに私のムスコは昔からエッチした女に先っぽが大きいから気持ちが良いとか、

 先っぽがデカいからオシッコ漏らしてしまうと良く言われて来た。「お前今度上に乗れよ」さちこ「え?でも上に乗ったら私死ぬかも知れないよ!旦那よりかなり先っぽが大きいし今までオシッコ漏らした事とか無いし。

 太いし長いし奥にゴリゴリ当たってるから上に乗ったらほんとにヤバいかも。」
「良いから早く来いってよ」

 もはや生でしてることにはなんの抵抗もないらしい。まぁ人妻は皆そんな感じで生には抵抗ないですよね?上にまたがりドロドロの割れ目に自らムスコを突き刺していく。

 さちこ「あぁーーー!もうダメ!オシッコが止まらなくなる」言葉通り上からジャバーっと潮を掛けてくる。私のお尻までビショ濡れだ。奥の子宮口にムスコの先っぽをゴリゴリ当てると程なく私も出そうになり、

 逃がさないよーにさちこの腰骨をがっしりと両手で掴み、そのまま子宮口にドックんドックんと大量に中出ししてやった。

さちこ「ヤバい。気持ち良過ぎてヤバい。てかさー勝手に中に出さないでよー」
「アホかお前は。俺いつも飯の時に言ってただろ?エッチはいつも生で中出しするってよ。

 お前達がいつも訊いてきてんじゃん?それにお前旦那ともたまにヤッテんだろ?だったら別に出来ても良いんじゃねーの?そもそもそんな簡単に出来んやろ?」

さちこ「まぁそうだけど…でもほんとにオシッコ漏らしても気持ちよかったぁ!」結局気持ち良かったって着地点かい?と心の中でツッコミを入れた所で、

わかな「いゃー2人とも激しかったですねぇ。ウチの旦那とかすごく小さいし早いしたまーにヤッても淡白であんまり気持ち良くないんですよねぇ。

 つか、めっちゃ精子の量多くないですか?中出しした後さちこさんの中から見たことない位精子が垂れて来てましたよ」

「まぁ、最近精子の量がかなり増えて来てるとは思う。嫁もセフレの娘も量が凄く増えてるっていうもんね。中出しされた後で出てくる量が明らかに増えてるってどっちも言うから確かだとは思うけどね。わかちゃんもどーよ?」

わかな「今出たばっかりだから無理でしょ?」「ちょっとオッパイ触って良い?」と勝手にわかなの巨乳を揉みまくるとすぐにムスコはビンビンになった。

わかな「でもさすがにあれだけの量中出しされると怖いので中出しは無しでお願いします」
「オケー(守る気なんてサラサラない)。」
巨乳のわかなはまた抱き心地が良くてムラムラ来た。

 Fカップはありそうな巨乳を揉みながらわかなの割れ目をクンニしようとすると既にドロンドロンになって糸を引いている。クリ舐めを少ししてからわかなにもすぐにぶち込んでやった。

 3人産んでるからなのか個人差なのか、わかなの穴の中はさちこに比べて少しゆるく感じた。しかし突く度にユサユサと揺れる巨乳は良いもんです。

 正常位で揺れる巨乳でわかなを楽しんでいると、グッタリしていたさちこが起きている。
さちこ「てかさぁ、さっき私とやったばっかですぐにわかちゃんとヤレるとか何か酷くない?」ちょっと嫉妬してるのかキレ気味に言う。

「良いからこっちに来いよ。」わかなを突きながら、さちこを呼び寄せ乳首を甘噛みしながら割れ目に指を入れてやると、私の精子が溢れ出て来た。

「お前、わかなの上に四つ這いになれよ。」一見気の強そうな見た目のさちこだが結構俺の言うことには素直に従う。おそらくドMなのだろう。仰向けのわかなの上に四つ這いで重なるさちこAVでよく見る男なら誰もが憧れるシーンだ。

 お互いに恥ずかしいと言うので旅館の手拭いで2人とも目隠しをしてやった。こうなるともう後はヤリ放題。

 正常位のわかなとバックのさちこに交互に出し入れしてみたりさちこの中に残ってる精子を先っぽに塗りたくってわかなの中に押し込んだりとヤりたい放題した。

 でも最後はやはり2人女がいれば2人に中出ししたくなるのが男の本音。中出しNGと言ったわかなも俺がそんなの守るわけないのは知ってるはず。

 バックから激しくさちこを突きまくるとまた潮を噴いている、下のわかなと5回ずつ出し入れして交代交代にすると精神的な興奮がかなり高まる。

 射精感が近づいてくるバックからさちこの腰を掴み最初の精子をさちこの中に、すぐさま下のわかなの中に残りの精子を絞り出す。わかな「あぁ~ぁあぁ~!凄いたくさん入ってくるぅ。

 2回目なのに凄い出てるよ。でもやると思ってましたよ。どーさダメって言っても聞かないんだろうと思ってました。」
「だってお前たち知ってるやろ?いつも言ってるんだからさ。」

わかな「まぁさちこさんにも普通に中出ししてましたからね。私もそうなるのはわかってましたよ。」半分諦めモードのわかなでした。この後もう1発はさちこが下、わかながバックでわかなにチョイ出ししてから残りは下のさちこに絞り出しました。

 相部屋の部下はこの2人の部屋に寝るように連絡しました。と、こんな感じで激しい生中3Pを楽しみました。男女比率の割合によってはこのようなことも多々あります!

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2023-09-20

Comments







非公開コメント