Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 近年、処女を期待するのは禁断な欲望ですね

2023-09-01 (Fri)

近年、処女を期待するのは禁断な欲望ですね

 結婚して10年、32歳の可愛い妻と娘二人を持つ36歳の会社員です。妻は三つ編みが似合うとても可憐な美少女でしたが、20歳の時に既に処女膜はありませんでした。

 何度も訊いて、妻は短大一年生の18歳で、イケメン大学生に処女を奪われたと知りました。私は妻にとって二人目の男です。
妻はとても可憐な女の子だったので、処女と疑いませんでしたし、


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 オマンコも綺麗でしたから、すんなり入って「アァン・・・」と言われた時は、ショックでした。実は、妻の前に付き合ってた元カノは、22歳で処女でしたので、妻には期待しまくりでした。

 でも、可憐な妻と結婚し、心から愛し合うようになると、いつしか、妻の処女が18歳で奪われたという事実に萌えて、勃起してしまうようになりました。

 可憐な三つ編み少女が、イケメン大学生のペニスを入れられて、少女からオンナにされてしまう孫御様子を想像すると、たまりません。

 ああ・・・私の元へ処女で来るはずだった赤い糸で繋がった可憐な妻が、オマンコを弄られて濡らされて、ペニスを・・・あああ~~止めろ~~って悔しがりながらも興奮してしまいます。

 自分の大好きな妻が、三つ編み少女だった可憐な妻が、イケメン大学生の前で脱がされて、大股開きで顔を真っ赤にして、オマンコを覗かれ弄られ舐められたのです。

 しかも相手の男が処女慣れしたイケメンだそうで、ゆっくりと切り裂かれたようです。
「痛いよ・・・」
「痛いのは最初だけだよ。」
「ああ・・・痛いよ、もう抜いてぇ・・・」

 破瓜の痛みは大人の女になるための試練とばかりに、泣きながら堪える三つ編み少女の哀願は男に届かず、腰を振られ精液ドピュッとかけられたのです。

 血に染まるオマンコを拭いて、泣きべそをかいたのです。妻の処女を奪ったイケメンは、妻の短大の先輩の処女も奪っていました。つまり処女グイイケメンで、その事実を知って揉めて、妻はイケメンと別れたそうです。

 そして、妻は私に初めて抱かれた後、「おちんちん、大きいですね。奥まで届いてる感じでした。」と言われましたが、それまでの非処女の元カノに、そんなことを言われたことはなかったから、

 妻の処女膜を破った男は、短小だったのかもしれませんね。だから処女狙い・・・なのでしょうか。おかげで妻は、私のペニスに狂いました。騎乗位だと特に奥に当たるようで、その乱れっぷりは凄かったですね。

 三つ編みがピョンピョン揺れて、あどけない可憐な顔が快感い歪み、「あああ、触ってる。奥に先っぽが触ってるよ~~」と半泣きで悶えていました。

 今は三つ編みは切ってしまい、ショートになりましたが、相変わらず騎乗位でショートヘアをフワつかせながらヨガリ狂っています。普段は、メッチャ可愛いんですけどね。

↓他のHな体験談を見る



◆日本一当たる売り場で宝くじの購入代行◆

◆車は買うよりリース◆


Top Page

最終更新日 : 2023-09-01

Comments







非公開コメント