Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › パート・派遣社員の体験談 › エッチ話は無くてパート人妻の心境の話

2023-08-14 (Mon)

エッチ話は無くてパート人妻の心境の話

 私は奈緒子といいます。年令は55歳、もう10年前に夫を亡くした未亡人です。夫が残してくれたお金や年金だけでは、生活は苦しく近くのスーパーでバイトしています。

 もう7~8年レジ係で、私自身ベテランと思っています。普通はお客さんとはお話はしませんが、時々男性から声を掛けられます。「はいはい」と相槌を打って、過ごしています。


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 いつものように、声を掛けられ「はい」と顔を上げて返事をすると、田中さんでした。田中さんは、もう1年位前から、声を掛けてもらっていました。私の方も名前を覚えてしまいました。

 そして何気なく自然と手を掴まれ、何やらメモ用紙らしきものを握らされました。急いで、服のポケットに入れ次のお客さんに対応しました。休憩時間にポケットから、貰ったメモ用紙を拡げると、「明日の休み 食事しよう」と書かれていました。

 その下には、携帯の番号らしきものも書かれていました。帰る時、親しい同僚から「田中さんと 何かあった」と、言われ「いいえ」と返すと「田中さんは相当の女たらしよ。気をつけて」と注意される。

 アパートの独り部屋に帰り、改めて田中からのメモを見る。それにしても、何故私の休みが明日だと知っているのだろうか、と思った。

 そして、こうした男性からのお誘いにどうしようかと思いながら、いつもは寝つきの良い私は、お布団の中でモヤモヤして、翌朝は何時もの時間をとうに過ぎて寝不足気味で、お布団の中から這い出しました。

 良いお天気。寝汗を掻いたせいか、パジャマは少し濡れ気味、急いで脱いで洗濯機へ放り込む。裸になったついでにシャワーを浴び、少しはすっきりしました。

 でも、田中さんからのメモ用紙、どうお返事しようかと迷っているうち、浴室から洗濯が終わったベルが鳴る。洗濯ものを干しながら、まあお誘いに乗ってみるかと、掛かれた番号へ電話しました。

 田中さんは明るい声で「ありがと ありがと こんな年寄りの無理をきいてもらって」と言われ、何か良い事をしたような気分に。行くとなると、何を着ればいいの、もしもの事を考え下着は、と考えが拡がっていきました。

↓他のHな体験談を見る



◆日本一当たる売り場で宝くじの購入代行◆

◆車は買うよりリース◆


Top Page

最終更新日 : 2023-08-14

Comments







非公開コメント