Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › おじさんの体験談 › 愛妻の過去はエロ本モデルだったんです

2023-07-18 (Tue)

愛妻の過去はエロ本モデルだったんです

 結婚して25年、57歳のポンコツオヤジの俺に尽してくれる妻は49歳になったが、今もかなりの別嬪さんだ。俺は進学で上京し、バブルの頃に大学を出て、売り手市場で東京の企業に就職したが、バブルが弾けて無職になって、たどり着いたのがエロ本の出版社だった。

 当時もAVはあったがVHSビデオテープで、主流はエロ本だった。昭和から平成になり、エロ本モデルもレベルが上がり、可愛い女の子や美人さんがいた。


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 そんなモデルの多くが、バブルが弾けて、金のために痴態を晒していた。妻は、高校を卒業する頃にバブルが弾けて、両親が営む店が不良債権を抱えて倒産、夜逃げ状態で妻は処女を100万円で売り、その様子を撮影されて地下ビデオとして流れた。

 妻は高校を出て以降、何十人という男たちにハメ倒されているうち、エロ本業者の目に留まり、19歳でエロ本モデルにデビューした。

 こうして、とてもエロ本モデルをやるようには見えなかった清楚な美少女が、エロ本モデルとしてデビューしたのだ。上玉の美少女は、当然のようにセーラー服を着せられ、淫らな姿を撮影された。

 当時のエロ本はモザイクではなく、結合部が黒塗りされたから、挿入していない疑似も多かった。妻も半分は疑似だったが、撮影後、スタッフと乱交になることが多く、俺も清楚な美少女だった妻を何度か抱いた。

 そのご乱行も撮影されて、無修正でスタッフの個人の楽しみとなった。清楚なセーラー服美少女にハメている自分の姿が、無修正で楽しめた。

 アナログ時代には、特別な子ことだった。そんな妻も20歳になると、女子高生よりは、深窓の美しい女子大生が似合うようになった。妻は、20歳の秋の頃、エロ本モデルの集大成と言える作品に出演した。

 それは「裏本」だった。全編無修正で、何十人、いや、その頃には百人を超えていたであろう男にハメ倒されたマンコに生チンポが突っ込まれた様子を、無修正で晒した。

 先日、押入れの奥から29年前の妻の裏本が出てきた。白いシャツに白黒のチェックのスカート姿で、清楚で真面目な女子大生という雰囲気だった。裏本モデルとしては、なかなかの美形さんだと思った。

 懐かしくページをめくった。ベットの上に転がる女子大生、男優がやってきて、女子大生の足を広げ、パンツをずらし、マンコが少しだけ見える。

 そこから次第に脱がされてゆき、半裸状態になると、マンコが丸出しになる。清楚で真面目そうな美形女子大生のマンコは、ビラが黒くなりかけた使い古しで、そのギャップがすごかった。

 一見清楚な女子大生は、実は遊び慣れたビッチだったなんて、まるでバブル時代の女子大生。あの頃は、女子大生ブームに乗ってモテモテだった女子で異性は、裸にひん剥くと若妻並みのマンコで、テクもあってヒンヒン喘いでた。

 正にそんな感じの仕上がりの裏本だった。フェラ強要からの正乗位で挿入、清楚で真面目な私は、生チンポなんかで感じませんよとばかりに無表情で、その後の騎乗位でも表情が変わらない。

 でも、性感が完全開発済みのエロ本モデルは、いくら見た目が清楚で真面目そうでもここまでで、一度我慢が限界に達したら大喘ぎ開始。一気に快感い支配されてしてしまい、キャンキャンとヨガりまくり。

 清楚で真面目な美形女子大生が、強がりの無表情も耐えかねて、ついに淫乱女丸出しでヨガリまくる構成の妻の29年前の裏本、今でも十分通用すると思った。

 この裏本の撮影した1年後、妻は21歳でエロ本モデルを引退した。そして、スーパーで働きながら私と同棲を始めた。

 百本を軽く超えるチンポを捻じ込まれてきたマンコは、とても21歳とは思えないドドメ色になりかけたマンコだったが、妻の性奉仕は素晴らしく、毎日何発も抜かれた。

 エロ本モデルをしているうち、妻は、男がハアハアして射精する様子が好きになったようで、射精の瞬間をじっと見つめる。セックスは生入れ外出しだったが、ヒイヒイとヨガりまくった後、チンポを抜くと表情が変わり、妻のお腹に射精するチンポを見つめる。

 俺は、32歳で出版社を辞めて、妻と一緒に田舎へ戻り、夫婦になった。その頃にはAVも次第に賑やかになってきて、エロ本と共に男たちのオカズになっていった。

 妻を見たものは、清楚で大人しい美形のお嫁さんだと口々に言ったが、誰も元エロ本モデルだと気づく者はいなかった。妻は、清楚な美形の中にも、微笑むと幼さが混じって、

 セックスのイメージがわかない若妻だったから、長女を妊娠した時、「ちゃんとやることはやってたんだね~」と言われた。みんな、妻がどんな子作りをしたと思っていたのだろう。

 じっと何かを我慢して、ひたすら快感に耐えた、あの裏本の前半を想像したのだと思った。あんな大人しそうな顔をして、私のチンポにむしゃぶりついて、跨って腰振って、キャンキャンと派手にヨガリ狂って、抜かずの3発を搾り取ったなんて思わないだろう。

 妻のセックスは、あの裏本の後半に他ならないのだ。そして、49歳になった妻もまた、俺のチンポにむしゃぶりつき、極上の舌使いで57歳のチンポを起たせてしまう。

 清楚な美熟女になった妻がいるかぎり、いくつになっても起たされてしまうような気がする。今夜も、射精好きの妻にチンポを狙われそうな気がする。

↓他のHな体験談を見る



◆日本一当たる売り場で宝くじの購入代行◆

◆車は買うよりリース◆


Top Page

最終更新日 : 2023-07-18

Comments







非公開コメント