Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 風俗系の体験談 › メンエスの入店時にエロ研修を受けた体験談

2023-07-14 (Fri)

メンエスの入店時にエロ研修を受けた体験談

 お金の入用でどうしようも無くなり、安易に「風俗よりは」と、自分の都合よく言い聞かせられるメンエスの募集に連絡をしたのが始まりで現在も在籍しています。

 全くそっち系は経験なく、物事深く考えないので少しはエッチな感じくらいに思ってたので舐めてました。しかも店長が一見強面なんですが懐に飛び込むのが上手くてとんとん拍子で、


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 カフェの近くというルームという名のワンルームマンションに連れてかれ、そのまま研修をさせられる羽目に。他のお客さんがいるカフェなどの空間と二人きりの空間では、言葉の重みが違うと言うか「NO」と言えない空気感で今更感が強かった。

 女性用の紙下着が無いとのことで、お客さん用の紙ショーツのみ履いて巻いてたバスタオルも取るように言われ、そのままオーナーのマッサージを受けながら覚える羽目になりました。

 時折感想など意見を求められるので、ことごとく帰るタイミングなど遮るタイミングを失い、もう逃げられない状態でオイルまみれの手が私の身体を這っていました。

 めちゃきわどい部分に腕や手が滑り込んでくるときに「ここは重要で」と、説明をコンコンとされるので拒否するタイミングを逃し、同意を求められるように「男性も気持ちいいけど女性も気持ちいいでしょ?」と何度も聞かれ

「あーはい」と同意してしまい、当然の様に紙ショーツがズレて直接擦られるくらい触れられていました。

 否が応にも感じてしまうような、強制的に局部に触れるマッサージを続けられ反応するなという方が難しい状況でした。それを見透かしてるかのように

「40代メンエス嬢さんみたいに、お客さんも気持ちよさそうな反応するから」
「そういう反応見逃したらダメだよ?」

 と、私が隠そうとしている反応を肯定されてしまい、否定する訳にもいかなくなり「はい」と受け入れるしかありませんでした。

 そこからはうつ伏せから四つん這いにされて、局部を直接的に手のひらで触るとダメらしくきわどい部分を擦れる触れてしまうくらいという説明と、実演を繰り返し行われますが私からしたら「きわどい」と

「直接的」の曖昧さが分からないくらい、旦那にもあんなにまじまじと見られる事がないくらいあそこをモロに広げられ、外側というか縁というかそこはもうあそこなのでは?という部分を指先でなぞられながら

「ここは男性で言う○○で」
「ここは直接触らずに」

 と説明されますが我慢するのに一杯一杯なくらいモロに触られ愛撫でした。仰向けになりもう既に体力の限界なくらい膝がカクカク笑ってる状況の中、デコルテという名の胸の愛撫が待っていました。

 それでなくても胸は弱いのですが、それまでに散々下を弄られて感度抜群の状況で乳首を弄られるのはかなり地獄でした。しかも乳首は性感帯では無く、モロに責めるようにと指導もモロなもので、

 指で挟まれたり弾かれたり摘ままれたり散々されながら「40代メンエス嬢さん乳首弱いよね。男性も半数くらい乳首好きな人いるから」と説明されながら「出来るなら乳首舐めてもOKなので」と乳首を吸われて舐められました。

 もう話のつじつま合わない状態で「はいっ」って答えるのが精一杯で、普通に喘ぎながら隠そうと「はいっ」って言ってました。うつ伏せの時から何度も小さな波と中くらいの波が押し寄せて、

 その度軽く痙攣してたのですが、仰向けのデコルテの時から連続で痙攣してる状態で腹筋が攣りそうくらいでした。

 選手交代でボロボロの私が今度は、お客さん役のオーナーにマッサージするのですが「あーだめ」「ちゃんと覚えて」と言いながらその都度躊躇する私を寝かせて、交代しきわどいと言われるどう考えてもあそこを愛撫され「ここはこう」と教えてくれます。

 もうしないと終わらないのだと悟り、おちんちんをオイルまみれの手で撫でながら強弱をつけてしごきました。「少し吹っ切れたかな?」とご満悦なオーナーに褒められ少し安堵してしまっていました。

 オーナーにもデコルテをする際には、お客さんから近い位置でマッサージし視覚にも喜んで貰う為の指導をされました。要は寝ているお客さんの顔を跨いで、デコルテ(胸)や股関節をマッサージする感じでエッチの69のに似ています。

 オーナーは要領の悪い私と何度も交代しながら「こう」と教えてくれるので結果流されて意図している状態になってしまいました。お客さんは常連さん(リピーター)になってくれたら多少のお触りもOKしないといけないと、

 太ももからお尻を両手で撫でられ、私は膝立ちで前に重心を置いて片手をオーナーの腰横くらいにつんばった状態で四つん這いになります。

 オーナーからは、私のお尻が目の前になり膝立ちしている膝をもっと開くように内ももを軽く叩かれ開くと、腰を片手で下に押さえられお尻を突き出すポーズをさせられました。

 ヨガの猫のポーズっぽい感じです。そのまま維持した状態であそこの外側をなぞりながら、上部の敏感な部分近くの周囲をなぞられ、腰が引けると腰押さえられお尻を突き出されを繰り返しながら、

 女性の敏感な部分はおちんちんらしく時折触れてあげると、リピーターさんは喜ぶといいながら私はオーナーの物をするように言われ、オーナーは私のあそこを触れます。

 目の前に黒光りしているカチカチのグロテスクなオーナーのおちんちんを10㎝も無い間近で見ながら触れ、時折ビクンと動くおちんちんとオイルだけではないネバネバしたオーナーのものと、匂いで頭がくらくらしてました。

 もうその時は、部屋は異様な静けさでオイルともエッチなお汁とも言いようがない「ぬちゃぬちゃ」という音をオーナーも私も立てながら、ほぼ無言でゆっくり愛撫し続けている状態でオーナーの息遣いに合わせて、

 私の軽い喘ぎ声がもう我慢せずに部屋に響いてる状態です。

↓他のHな体験談を見る



◆日本一当たる売り場で宝くじの購入代行◆

◆車は買うよりリース◆


Top Page

最終更新日 : 2023-07-14

Comments







非公開コメント