Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 会社員の体験談 › 会社員が妻以外の女性とセックスできた成功事例の告白


2023-01-22 (Sun)

会社員が妻以外の女性とセックスできた成功事例の告白

 五十路の会社員だけど、今までマリッジブルーになっている同僚や部下を結婚式の少し前に誘惑して、セックスに成功した事例が5件ほどあるんだ。

 きっかけは27歳の時、嫁と結婚を考え始めた頃、元カノから相談があると連絡があって、隠れて合った時、 思い切りマリッジブルーになってたんだ。



PR 管理人お勧め(^^♪
 結婚相手がその人で本当によかったのかとか、悩んでいるようで、酒飲みに誘って、優しく寄り添ったら、そのままお代わりエッチに成功しちゃったんだ。

 ラブホを出た後、
「お前は結婚するんだ。もう、俺とは会わない方がいい。ここで、お互いの連絡先を削除して、きっぱりと別れよう。」
「うん…今日は、付き合ってくれてありがとう…さよなら…」
「ああ、さよなら…幸せになるんだぞ…じゃあな…」

 こうして、お互いの連絡先を携帯から削除して、元カノと別れた。この後、嫁と結婚が決まった後は、読んがマリッジブルーにならないように、精一杯愛情表現したな。

 結婚した後も、後輩同僚の結婚をお祝いする会の後、マリッジブルーのなっているのに気づき、二次会を二人でやろうなんて誘って、凄く楽しい時間をすごした。

 同僚メインにおもてなししたから楽しすぎたんだろう、店を出たとたん感情が崩れて泣いてしまったんだ。「結婚…不安なんだろう?わかるよ…」そう言って、ラブホの前で、

「思い出、作らないか。それで踏ん切りつけて嫁に行きな。結婚したら、もう冒険はできなくなるんだ。今夜は、旦那以外の男に抱かれる最後の夜さ…」

 部屋に入ると、後輩同僚の方が禁忌感に興奮してるのを感じ取って、俺が先に素っ裸になってシャワーを浴びた。入れ替わるように後輩同僚もシャワーを浴びて、

 出てきたところを抱き寄せていきなり抱きしめ、キスをした。そのままベッドに倒れ込んで、バスタオルを剥いでオメコを御開帳、後輩同僚のオメコを鑑賞しながら舐めまわし、

 ヌルヌルになったところで生のままチンコを突き刺した。「おお、気持ちいい…君と結婚できる旦那さんが羨ましいよ…」とか何とか言って、後輩同僚の生オメコを味わって、体中に精液ぶっかけてやったよ。

 そしてホテルを出たら、お決まりのセリフ、「君は結婚するんだから、今夜のことは秘密だよ…」そう言った日から1か月後、披露宴で華やかに煌めくウェディングドレスを着た後輩同僚を見ながら、あの時だいた女体を想像してた。

 俺、新婦のオメコ舐めたんだぜ…なんて思いながらね。自分が抱いた女が嫁ぐって、感慨深かったな。そうやって、今まで5人のマリッジブルー娘をいただいてきたが、先週抱いた部下で最後にしようと思った。

 五十路の俺には部下がいて、その25歳の部下から形式上の仲人を頼まれた。先週、その25歳の部下をいただいた。マリッジブルーの部下になだめるように接して、悩みを聞いてやってた。

 さすがに仲人を引き受けた部下には手を出すつもりは無かったけど、金曜の夜、一緒に食事して悩みを聞いた後、急に振ってきた雨につい入ってしまったのがラブホだった。

「課長、ここって…」
「男女でいちゃマズいな…雨がおさまったら、すぐ立ち去ろう…」

 と言ったが、部下が俺の腕にしがみついてしまい、見つめ合う展開になり、雨は激しさを増すばかりで、思わず、「休んでいこうか…」となってしまった。

 部屋に入って、濡れた服を脱いでお互い下着姿、俺はパンイチになって、「せっかくだから、シャワーで汗流してくるよ。」と言ってシャワーを浴びて、

 ホテルのバスローブ着てソファーに座ると、部下もシャワーを浴びに行った。結局、二人とも場sローブ姿になって、「ベッド、使わせてもらおうかね…」

 と言ってベッドに座ると、部下がしなだれかかってきて、ベッドに崩れ落ちてキス、部下のバスローブを剥ぐと瑞々しい女体、乳房を揉んで乳首を吸った。

「今日の事は、絶対に秘密だよ。俺も君も、墓場まで持っていく二人だけの思い出だ…」そう言って、部下の初々しいオメコを広げ、「奇麗だな…これを独り占めできる旦那さんが羨ましいよ…」

 と決まりのセリフを言ってから、部下がクリイキするまでクンニした。「いいね、秘密だからね…」と再度念押ししながら、俺は生のチンコを部下のオメコに突き刺した。

 ネチッこい腰の動きで、一度クリイキした部kを喘がせた。いつも職場で見せている清純で屈託のない可愛い顔が、淫らに歪んだ。

「とても気持ちいい…素晴らしい身体をしてるね、君は…」
「ああ…課長、私も気持ちいいです…」

 上の娘とそう変わらない 部下を抱いていることにい気づき、この娘で最後にしようとそのときに誓った。

 部下が何度かアクメに陥って、意識朦朧となったので、s路揃フィニッシュに向かおうと勢いよくチンコを抜き差しした。すると部下は、極めて淫らに喘ぎながら、オメコを締めてきた。

 俺はヤバいとチンコを引き抜き、部下の奇麗な乳房に大量射精した。あんなに大量に勢いよく射精したのは久しぶりで、尿道が痛いくらいだった。

 大量の精液を浴びた部下は、呆然と宙を見つめていたから、優しくキスした。「課長…素敵でした…」と言って、涙ぐんだ。

 暫くして、シャワーを浴びて帰りの支度をしようとしたら、部下が抱きついてきて、そのままベッドに仰向けに倒れた俺のチンコを、可愛い25歳の部下がフェラしてきた。

 すると、五十路のチンコがムクムク勃起、嫁とだって二回戦などここ10年くらいしていなかったのに、ギンギンになった。

 そして、部下に跨られて、騎乗位で腰を振られた。乳房を揺らし、髪を振り乱す部下の姿は、普段の職場で見る可愛い部下ではなかった。

「課長…今だけは私を愛してください…」まるで父娘のような年の差セックスは、若い部下のエネルギッシュsに圧倒されてしまい、歳を感じた。

 騎乗位のままではヤバそうだったので、部下を抱き寄せ女性上位にして、そこから回転して正常位にして、部下のオメコを抉るように腰を使い、部下を喘がせた。

 部下が抱きついてきてキスをせがむので、舌を絡めて濃厚なキスをした。二回戦は長持ちしたが、同時に勢力が衰えてきたので、中折れはみっともないからチンコを抜いて、部下のお腹の辺りに射精した。

 ティッシュで精液を拭いてやってると、部下がうるんだ目で見つめて、「課長…素敵な夜をありがとうございました…」と言って微笑んだ顔が、身震いするほど可愛かった。

 この部下の仲人として披露宴に出たが、やっぱりウェディングドレスの中身を思い出して、勃起してしまった。その日の夜、「あの娘たち、今頃励んでいるのかなあ…」

 なんて言ったら、またあの部下のオメコを思い出して勃起してしまい、「なあ、仲人も楽しもうよ…」と嫁のパジャマのズボンの中に手を入れると、嫁のパンツが湿っていて、

「あなた…」と抱きつかれ、自ら下半身裸になった嫁のオメコは、ドドメ色のメコビラが濡れて光っていたから、そのままズブリと突き刺して腰を振った。

 五十路の嫁だが、長年俺に寄り添い、俺に抱かれてきたと思ったら、やや緩み始めた閉経した女体もいいもんだと思えた。

 惚れて惚れて惚れ抜いて嫁にした別嬪さんも、良い感じに年を重ねて艶めかしくなったなと思いながら、唇を重ねた。「あなた…中に…中に頂戴…」

 そう言われながら嫁のオメコに解き放つ射精は、やっぱり若い娘に外出しするより気持ちいと思ったし、俺の精液を欲しがる嫁に中出しするのは精神的にも満足できた。

 やっぱり俺は嫁が良いと改めて感じて、もう、マリッジブルー娘を誑かすのは、止めようと誓った。

↓他のHな体験談を見る








Top Page

最終更新日 : 2023-01-22

Comments







非公開コメント