Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 犯され感覚だった痔の治療


2023-01-01 (Sun)

犯され感覚だった痔の治療

 30代くらいの小綺麗な看護師さんの指示に従って、スボンとパンツ膝まで下げて、下半身にタオル掛けられてベットに横向きになり、先生の診察が始まりました。

 看護師さんのタオルの掛け方が甘かったのか、診察中にベットと壁の間にタオルが落ちてしまいました。ごめんなさいと言いながら、タオルを拾いに行く看護師さん。



PR 管理人お勧め(^^♪
 壁側からはチンチン丸見えだし、自分で取りに行きたい所でしたが、既に肛門に器具を突っ込まれてたので動けず、チンチンと壁の間の隙間から手を伸ばしてるタオルを拾う看護師さん。

 体勢的にチンチンが引っ込んで一番小さくなる体勢だったこともあり、皮も先っぽまで被って余ってるドリチン状態になってたので、

 オバサンならまだしも、まだ若い女の子にモロにそんなチンチンを見られるのは尚更恥ずかしかったです。

 何回も謝りながら、またタオルをかけ直してくれましたが、間違いなく丸見えになった後なので、もう要らないですと言うか迷いましたが、

 既に肛門に先生の指を突っ込まれてたので何も言葉を発せず、男に肛門を犯されながら女の子にチンチンを視姦されるという、稀有な体験をしてきました。

↓他のHな体験談を見る








Top Page

最終更新日 : 2023-01-01

Comments







非公開コメント