Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 還暦した男がセックスする一連の流れの告白


2022-12-18 (Sun)

還暦した男がセックスする一連の流れの告白

 私もとうとう今年で還暦を迎えました。彼女は現在55才、性欲は40代よりは沈静化しているようです。私も元気なくなり、なかなか彼女と会えずにいます。

 が、まだ続いています。(^^; この間のデートの様子です。もうこのパターンは10年来変わってませんね。和風ダイニングの居酒屋でお酒を。二人ともイケルクチなので、いつも飲んで、



PR 管理人お勧め(^^♪
 その後、ラブホに着き、部屋へチェックインしました。まず彼女に、ブラウスを脱いでいただきます。彼女の肉体もますますパワーアップし、かなりダラシない身体になりました。

 愚息もタジタジです。お互い年ですから、仕方ないです。熟女の匂いが・・・大きなお尻です。お腹もタプタプです。屈むと、お腹が・・するといきなり彼女が「触って・・・」っていうので、

 スカートの中に手を入れて、アソコ触ると、ビックリするくらいビチョビチョ・・・「貴方を待ってる間に恥ずかしいくらいに濡れちゃった」今日は性欲最高潮だそう。

 次に彼女が立っている私の服を脱がして、まず首から乳首を舐めはじめ、その後私をベッドに倒すとパンツの上からペニスを舐め回し、そして下着をおろしてフェラチオ・・・

 亀頭をゆっくり咥え、鈴口からあふれ出る液を、美味しそうに舐め上げてくれます。その流れで、竿を舌で舐め、イラマチオ風に喉奥まで咥え込んでくれます。

 そのまま、次は胸の谷間で擦り上げ、乳首で亀頭を刺激し、仕上げに私の乳首を舐めながら扱き上げていきます。そのまま彼女の責めを受け続ければ、私が射精してしまうので、ここで責めの交代です。

 私が、彼女の身体全体を手先から足先までゆっくり舐めてあげます。そうすれば、身体全体を震わせながら、感じていく彼女です。きれいなピンク色のおまんこは愛液で溢れています。

 その愛液を啜りながら、クリトリスを舌で刺激し、それを嫌がるほど続ければ、最初のアクメを迎えます。私が「どこが感じるか」と言えば、「オマンコ、クリちゃん」と言って、大きな声を上げます。

 当然、オナニーを命じれば、言われるがままに、私に見せつけながら、興奮する彼女です。オナニーをする時、まず電マでクリちゃんを責めて、次はバイブで穴とクリを虐めて、

次は電マとバイブ・・・
次は電マでクリ苛めで・・・
次は電マと指マン・・・
最後の方は激しい指マンだ・・・
電マと指マンで指を抜いて電マ・・・

 アナルの方は舐めたり、指くらいは受け入れてくれますが、アナルセックスは未だに拒んでいます。いつかは、アナルで快感を与えてみたいと思っていますが、まだまだ先の話になるでしょう。

 その後の展開は、私のオチンチンを欲しがり、ねだります。その願いに答えるように「どこに入れてい欲しい」と言えば、「私のオマンコに」と返し。「何を入れて欲しい」と言えば、「大きなオチンチンと精子」と言ってきます。

 もう、この状態の彼女は性の奴隷が如くです。膣も柔らかいので、ひだがちんぽに絡みついてくる感じですね。彼女を正常位から後背位、そして、斜めからと突き上げ、

 その最中も自分でクリトリスを擦り上げながら絶頂を迎えていきます。この時には、私はまだ射精していませんので、この時点で1回目の休憩に入ります。

 その後、少し休んで後は、いつものように調教を始めていきます。最近は、赤い縄での緊縛、胸を締め付け、腕も拘束して、私のオチンチンを淫らに舐めさせます。

 そして、ひとしきり咥えさせた後は、お返しに電マでクリトリスを刺激してやります。その振動に声を出し、オマンコから愛液を噴き出し、さらに2回目のアクメ寸前まで追いやっていきます。

 その最高に熟したオマンコに最後に仕上げのオチンチンによる突き上げ。正常位、騎上位と体位を入れ替えながら、彼女の豊満な尻を突き上げ、最後はオマンコの奥深くに私の精子を流し込んでやります。

 以上が、私たち二人のいつものセックスの流れです。

↓他のHな体験談を見る








Top Page

最終更新日 : 2022-12-18

Comments







非公開コメント