Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › おじさんの体験談 › やっぱり気になる妻の過去を聞いた体験談

2022-10-14 (Fri)

やっぱり気になる妻の過去を聞いた体験談

 私は44歳、妻は36歳、子供2人の仲良し夫婦です。妻は、超美人ではないかもしれませんが十分に綺麗と言ってもらえるくらいの顔立ちで、いつもニコニコしていています。

 子どもたちに優しくて、ご近所との付き合いも上手で、家のことを任せられる本当によい妻だと思っています。


店頭では買いずらい「大人のおもちゃ」をAmazonで・・♪

 夫婦のセックスは週に1~2回くらいで、マンネリにはなっていません。妻は、普段は清楚で本当に感じがよいのですが、夜はエッチな感じになってくれて、

 体型も崩れておらず、男にとっては本当にかわいいと思える妻です。

 私には、寝取られ願望まではないのですが、妻が私と付き合う前にどんなセックスをしてきたのかには、とても興味がありました。

 結婚したばかりの頃の妻は、若い女性ということもあり、普通にしていれば付き合った男がいてよ当然だと気にしていませんでしたが、妻がここまで良い妻で良い母になってくれると、

 そんな妻が昔はどんな風に足を開いてセックスしていたのだろうかと、ギャップ萌えのような興奮がわいてくるようになりました。

 それで、先週のセックスのときに思いきって聞いてみたところ、妻は「それで興奮してくれるなら話すけど、引かれないか心配」と渋りましたが、私が何度もお願いしたら話してくれました。

 妻が処女を奪われたのは16歳のときで、相手は大学生だったそうです。友達の紹介でデートすることになり、最初のデートをしてバイバイしようとしたときにキスされ、

 その流れでアパートについていってしまい、そのままセックスされてしまいました。妻は、処女なのにエッチなことには興味があったのですが、セックスは怖くてしたくなかったそうです。

 でも、胸をさわられたいとか、乳首を吸われたいという願望はあったそうで、そこに見事につけこまれて処女を失ってしまいました。しかし、その彼とは、3回くらいしかセックスしなかったそうです。

 私が期待していた処女喪失の話だったのですが、正直、少し物足りなく感じてしまいました。しかし、次に付き合った彼の話は、かなり衝撃的でした。

 妻の次の彼は、18歳のときに付き合った相手で、なんと40前くらいの男性でした。大学の非常勤講師をしていた人で、まったくお金がなく、アルバイトで英語を教えていたところ、妻と知り合ったようです。

 妻は、どういう経緯でかはわかりませんがその男と付き合うようになり、その男のアパートに通い妻のように通いつめたそうです。

 当時高校生だった妻は、あまり生活能力のなかったその男のために、部屋の掃除をしたり、料理をしたりしてあげて、そしてその男の万年床で抱かれました。セーラー服で抱かれたこともあったそうです。

 聞いていてさすがにショックだったのですが、初めてフェラをしたのも、初めてバックや騎乗位をしたのも、初めてイッたのも、その男が相手でした。

 そして、もっとショックだったのが、初めて人前でオナニーしたのも、初めて生でセックスしたのも、初めて口に射精されたのも、初めておまんこの毛を剃られたのも、

 初めてバイブを入れられたのも、初めて中で出されたのも、その男だったと妻は言いました。私が、妻とセックスしているときに妻のクリトリスを刺激しながら、

 その男はセックスは上手かったのかと尋ねたら、妻はあえぎながら、とても上手かった、今まで付き合った中でダントツで一番上手かったと、答えました。

 ハメ撮りまではしなかったそうですが、彼が真っ白な下着姿が好きだったので、セーラー服を脱いで下着姿になるまでの一連の姿を写真で撮られているそうです。

 大学に入っても、就活が本格化するまでは関係が続いていたそうで、妻は、彼と付き合いはじめてから3年間くらいは、同年代の男の子たちと恋愛をすることもなく、

 その中年男に身も心も捧げて尽くしていたそうです。正直、想像していたとおり興奮もしましたが、想像していた以上にショックを受けました。話を聞くまではショックを受けるとは思ってもいませんでした。

 でも、私の方から聞いておいてヘコむのも妻に悪いので、これまでどおり、妻が大好きな私の気持ちに変わりがあってはいけないので、

 なるべく興奮するためのプレイとして割りきるようにしたいと思います。妻のことを、本当に愛していますので。

↓他のHな体験談を見る



◆日本一当たる売り場で宝くじの購入代行◆

◆車は買うよりリース◆


Top Page

最終更新日 : 2022-10-14

Comments







非公開コメント