Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › 元夫に抱かれた懐かしい体の反応の体験談


2022-09-18 (Sun)

元夫に抱かれた懐かしい体の反応の体験談

 先週の土曜日、駅ビルの中で、4年前に別れた元夫を見かけました。大恋愛の末、私24歳、元夫27歳で結婚しましたが、結婚した途端に姑から同居要請、毎週私たちの住むアパートにやってきました。

 私たちは週末アパートでゆっくりできなくなり、留守にするために朝早くから出かけるハメになりましたが、今度は姑が早朝に押しかけるようになり、私が病んでしまいました。



PR 管理人お勧め(^^♪
 病んだ私は仕事を辞め、実家にこもるようになり、結局、二回目の結婚記念日を待たずに離婚してしまいました。

 離婚は元夫から、離婚届を携えて私の実家を訪ねてきた元夫に、「このままじゃ君が壊れてしまう。俺の妻でなければ、あんな目には遭わなくて済む。さよならだ。じゃあな。短い間だったけど、ありがとう。」

 そう言って、最後のキスを交わし、元夫は去っていきました。去っていく元夫の背中を見送りながら、溢れる涙を止められずにいました。

 そして、元夫との幸せなひと時を思い出していました。元夫のキス、舌を絡めたらもう濡れてきました。乳房を揉むその手が、とても暖かくて、時々乳首に触れるとき、ザワッとする気持ち良さに包まれました。

 後ろから抱きつかれるようにして揉まれた乳房、指の間に乳首を挟むようにしてコリコリと愛撫されると、腰が抜けそうなほど感じました。

 元夫に脚を開かされ、アソコを広げられて、夫婦なのに恥ずかしくて、その恥ずかしさがまた快感へ変わっていくのを感じました。

 元夫にアソコを舐められると、それだけで逝ってしまいました。クリトリスを舐める舌のザラつき、何度も身体をビクつかせ、早く入れて、早くあなたが欲しいと心から思いました。

 元夫が入ってきたら、もう、私は記憶がほとんどなくなりました。自分の意思ではどうにもならない反応、喘ぎ声、元夫にしがみつくようにして快感と戦っていました。

 気が付いた頃には逝かされて、薄れた意識が戻ってきていました。そして、芝で私を見つめる元夫を見て、安心していました。

 元夫に抱かれるために、私は生まれてきた…本気でそう思いました。あれから4年…元夫と出会い、交際して結婚、そして別れまでの時間を超えてしまいました。

 私は、2年前に再婚して、今年三十路の妊婦です。元夫が、元義母とこちらに向かって歩いてきました。私は、お腹の大きい姿を元夫に見られたくなくて、駅ビルの婦人服売り場に逃げ込みました。

 目の前を元夫が元義母と通り過ぎていきました。元義母は、元夫に何やらブツクサ言っているようで、元夫は辛そうな表情をしていました。

「あなた…お久しぶりです…まだ、お一人のようですね…」指輪のない元夫の左薬指を見て、そう呟きながら婦人服売り場を出て、小さくなってゆく元夫の背中を見送りました。

 元夫の背中が見えなくなった時、自分がまだ元夫のことを愛していることを悟りました。

「お待たせ。」今の夫がトイレから戻ってきました。私は、大きなお腹をさすり、もう、元夫のことを思ってはダメだと言い聞かせました。

 元夫が去っていった方向を向いて、心の中で、「さよなら、あなた…」と別れを告げました。そして最後に、どうか元夫に幸せが訪れますように…と願いました。

↓他のHな体験談を見る








Top Page

最終更新日 : 2022-09-18

Comments







非公開コメント