Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › 友人の専業主婦の不倫場所が我が家の話


2022-09-13 (Tue)

友人の専業主婦の不倫場所が我が家の話

 私ではないのですが、友人のツカサ35歳が不倫に嵌っています。ツカサは専業主婦で子供は小学生が一人、人形劇団をボランティアで手伝っているんです。

 相手はその劇団員なんですが、37歳バツ2で結構イケメンなんです。切っ掛けはまだツカサと彼が関係を持つ前に、私にボランティアしてくれないかと言われてからなんです。



PR 管理人お勧め(^^♪
 私はどちらかというと手先が器用なので誘ってくれたと思います。ツカサは彼にいい顔をしたいために私を誘っていたと思います。

 初めは彼に私を紹介するため我が家に連れてきたのですが、いかにも性欲旺盛という感じでツカサが好むタイプなんです。

 いろいろ話を聞いて、「主人とも相談しなくてはいけないので時間をください。」と言ってその場は引き取ってもらいました。

 その日の夕方ツカサに連絡を取り、「あの人はダメよ。ツカサ、目を覚ましなさい、これって浮気よ。」と言って諭しましたが無駄でした。

 その後、私は彼に断りの連絡をしようと思い呼び出したのですが、彼に公園でキスをされてしまったのです。急なことに私は彼を突き放せず、その場面をツカサの携帯に撮られてしまったんです。

 あとから知ったのですが、彼とツカサが仕組んだことで私はその写メで脅かされてしまったのです。ツカサは「旦那さんにこの写メを見せようかしら、旦那さん怒るでしょうね。」と言ってきたのです。

 ツカサも彼と付き合うのに条件を出されていて、その条件が私の体だったのです。そんなことを知らなかった私はツカサに、「私と彼のためにあなたの自宅に寝室を貸してよ。」と言われたのです。

 最初は何を言っているのか分からなかったのですが、我が家の寝室をラブホテル代わりに使いたいと言う事でした。

 そんなこと出来るはずないと言ったら、「じゃあこの写メ旦那さんに見せるから。」というのです。キスをしているところはばっちり移っているし、

 咄嗟に私が彼の顔を突き放そうとしているところは、私が彼の首に手を回していて抱き付いているようにも見え、離婚という二文字は頭をよぎりました。

 私は仕方なく寝室を貸すことにしたのですが、私は外に出ているから終わったら連絡してと言うと、それはダメだと言うのです。

 寝室にいることはないけれど、台所かリビングにいろと言うのです。

↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2022-09-13

Comments







非公開コメント