Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › エロ調教された日々は耐え難かった体験談


2022-08-19 (Fri)

エロ調教された日々は耐え難かった体験談

 部屋へ着くとすぐ、スカートを上げて彼等に中を見せる。命令通り下着を履かずに来たかの確認。以前、恥ずかしくて下着を履いていた時は、

 お仕置きとして酷い浣腸をされたので、今はもう諦めている。コートの下が裸の日も、寒さが気になるくらい。すぐに縛られ、お尻を突き出した姿勢に。



PR 管理人お勧め(^^♪
「こいつ、物欲しそうに肛門ひくつかせてるわ」「やりすぎて汚ねえ穴になったな」などと笑いながらローションを垂らされていく。

「今からお前の肛門に入れるもの選んでいいよー。ちんこか浣腸。どっちか選べよ」浣腸の苦しさは今でも慣れない。男のものを入れられる痛みもいまだに恐怖。

 選べずに、許してくださいと泣いてしまったが、お尻を叩かれていきなりアナルプラグを奥まで挿入。動かないように3人に押さえられ、激しくプラグを出し入れされる。

「うんこが付かないか確認ねー。うんこ付いたら浣腸してから入れてやるわ」と言いながら、何度も何度もも激しく動かされるプラグ。

「うわっ汚ねえ。糞まみれ。」「お前家で浣腸してこいよ、手間かけさせんな」「くせー」などと罵られ、浣腸器が容赦なく差し込まれる。トイレに行かせてもらうことはとうに諦めている。

 犬用のトイレに漏らすことを土下座して懇願し、ようやく許可される。液体が噴き出した後に、ぼとりぼとりと軟便が落ちて、おしっこまで漏らす、毎度のこと。地獄だった日々。

↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2022-08-19

Comments







非公開コメント