Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 新手のナンパか??それでもお付き合いした体験談


2022-08-13 (Sat)

新手のナンパか??それでもお付き合いした体験談

 土曜日何だかモヤモヤして、気分転換をと思い買い物に出掛けた時、買い物の紙袋を男の人とぶつかって落として破けてしまいました。

 私が悪かったけど、その人も一緒に拾ってくれて「ごめんなさい気が付かなくて」「いえ私の方がぶつかって」と言うと「そのままじゃ困りますね、一寸そこででもお茶でも」と言われ、



PR 管理人お勧め(^^♪
 私ナンパされてるのと思いましたが、特に予定も無かったのでその人とカフェに行きました。コーヒーを飲んで話してると

「今日は運が良かったかも」
「えーどうしてですか」
「僕実はバツイチで暇だったので、出て来てたら貴方とお茶する事出来て」

「えーバツイチですか実は私もそうなんで、暇だったので買い物に来てたんです」
「そうなんですね偶然と言っても不思議です」

 とその人は私の方を見てる視線がまるで品定めをされてる気がして、何だか私はドキドキしていました。4時を過ぎた頃

「もし良かったら貴方と場所を変えてビール飲みたいけどダメですか」
「少しだけなら良いですけど」
「じゃ―そうしましょうよ、ひとりじゃ寂しいので付き合ってください」
「そうですね」と居酒屋に行ってしまいました。

居酒屋でつまみを頼んで、世間話をしながらビールを飲んでいると

「ひとりになって気は楽だけど寂しい事も出て来ますよ」
「私もそれは有りますね」
「でもバツイチだと色々誘われるでしょ」
「損事も無いかな」

 と言いながら、その人の視線が気になっていると向かいに座った、その人の足が私の膝に当たるのに気が付きました。ビールを何杯課飲んでいるうちに、その人の足は私の膝の間に入っていました。

 私は意識しない様にしていたけど、内心久しぶりに男の人に触られる様な感触で顔が熱くなっていました。

「少し酔っちゃいましたか顔が赤くなっていますよ」
「酔っちゃったかな」
「勧めすぎました湖面なさい」
「良いですよビール嫌いじゃないから」
「なら良かったです僕部屋が近いから少し覚ましTますか」

 ほら、来たどうしようと悩んだけどめったにこんな事も無いし、酔ってるせいにしちゃえと私は決めていました。「出る前にちょっとトイレに」と、

 席を立ってトイレから戻るとその人が会計を済ませて待っていました。結局私はその人の誘いに乗って部屋に行ってしまいました。

 部屋に行くと案の定、私は後ろからその人に抱きしめられて手が胸を揉まれていました。その人に身を任せる様にしているとキスをされ、酔いと久しぶりの行為に私も力が抜けていました。

 そのまま抱かれてベットに寝かされ、その日が覆い被さってキスをしながら胸を揉まれています。手が胸から離れると下がって来てスカートを捲り、太腿を撫でながら下着に届いていました。

 私は自分の下着が濡れてるのを知られる恥ずかしさで顔を手で覆っていると、その人にブラウスとスカートが脱がされ下着だけになってしまいました。

 足が開かれ足の間にその人が来て、膝に口を付けると太腿を舐めながら上がって来て「だめ汚れてるから」と言ったけど下着が脱がされ口が付けられてしまいました。

「まんこ味あわせてね」と口だ動き回っていました。久しぶりの行為に私はそれだけで軽く逝ってしまいました。

 その人が私から離れて、裸になってブラを外して口を付けると、乳首が吸われたり軽く噛んだりされていました。その人が服を脱ぐ時私が見ると、

 元主人の物と太さは変わらないけど、ずっと長いその人のチンチンがみえていました。口を乳首に付けられていて手はまんこを弄っていて、私は気持ち良さに声が出ていました。

 その人が向きを変え口がまんこに付けられて、私の目の前にその人のちんちんが私も手に持って口を付けて咥えていました。

 近くで見ると大きいと言うより、長いちんちんで私も初めての物でした。私から離れてその日に足を持たれ開かれると足の間に来ました。

 私はあー入れられると手で顔を覆っていました。その人はコンドームを付けた様でヌルっとした感触をまんこに感じたような気がするとその人のちんちんが、

 まんこを擦って、位置を確かめたのか私も3年ぶりの男の人のちんちんは中に入って来ました。入り口を開く様に入ったそれはゆっくり奥まで入って来ました。

 ゆっくり中で動いていても奥を押し上げる様に動き子宮を押される感触でした。その人の動きが段々早くなって子宮の口をちんちんで押されて私が感じて、

 子宮が下がって来たのかその人の長いちんちんは子宮に届くだけでなく、子宮の口に入って来そうな感触でした。

 動きが早くなって、奥で子宮に入って来た様に感じた時、私の中でちんちんがビクビクと震えるとその人が放出した様でした。

 私もその動きに合わせる様に、体が突っ張って深く逝ってしまいしばらく肩で息、気が遠くなっていました。暫くぐったりして私が目を開けると

「凄い気持ち良かった久しぶりにしたけど、こんなに締まるまんこ初めてだよ」
「私も気持ち良かったけど、ちんちん長くて子宮に入ったように感じちゃった」
「それは言われた事有るよ」
「やっぱりそうなんだ」

「クリっとしたところに先が入ったみたい」やはりそうだったんだとびっくりしました。
「もう一度したけどいいかな」
「私もして欲しいし今日は中に出しても大丈夫だよ」
「えーそうなのじゃー今度は中にね」と嬉しそうです。

 その人は私をベットボードに手を着け、四つん這いにすると私の腰に手をかけて後ろからちんちんを付けると、ゆっくり中に入って来ました。

 さっきの余韻で入れられたけでも私は気持ち良さでため息が出ていました。後ろから突かれてやはり子宮を押されています「まんこ締め付けて気持ち良いよ」と言って、

 勢いよく突き回され、私はベットボードにつかまっているしか出来ませんでしたが、付くのを止めるとちんちんでおくだけを突くようにされてるうちに、先が子宮の口を開く様に入った気がしました。

 私は奥が苦しい感触でしたが「あー気持ち良い出るよ」とその日が言うとちんちんが震えるのを感じた時、子宮の中に勢いよく入って来たのを感じて私も逝ってしまいました。

 その人の物が暫くすると自然に抜け落ちると、ベットに倒れる様に横になるとその人の物が流れ出てきました。私は初めての感覚で気持ち良さに気が遠くなっていました。

 目を覚ましてふたりでシャワーをして、その人にもう一度されて家に帰ったのは夜遅くなったからでした。日曜日は体が重くて目を覚ましたのはお昼過ぎでした。

 バツイチのふたりなのでその人との行為にはまってしまいそうです。

↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2022-08-13

Comments







非公開コメント