Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › セクハラ・痴漢・レイプ › 強姦魔たちに仕返ししてやりたい女の叫び


2022-06-26 (Sun)

強姦魔たちに仕返ししてやりたい女の叫び

 私36歳、もう数年前になってしまいましたが、3人組の男性に強姦されたことがあります。結婚する1か月前のことで私は一人暮らしで彼は実家通いでした。

 仕事で遅くなってしまい、私の部屋で彼が待ってるので、普段通らない近道で帰ってしまったんです。彼もその晩は私の部屋に泊まって、結婚式に出席してくださる方の席を決めようと言っていたのです。



PR 管理人お勧め(^^♪
 付き合って6年の結婚だったので、彼にプロポーズされたときにはうれしくて、、ちょうど薄暗い公園の近くに来たころ、

 1台のワンボックスが通り、私の横でスライドドアーが開いたと思ったら、二人の男性が出てきて、口を塞がれ手と足を持たれて車の中へ引きずり込まれたんです。

 暴れて抵抗もしましたが二人の男性には勝てませんでした。30分ほど何処を走ったのか分からず、連れて行かれたのは山の廃墟の建物でした。

 どうも潰れたラブホテルのようで、大きなベッドだけがあり灯りがあるのが後から不思議でした。窓は扉で締め切られドアーを閉めると音もしません。

「ごめんな、水が出ないから体を拭くことも出来ないけれど、どうせ犯されるんだからいいだろ。」と言って私をベッドに寝かせるとからかうのです。

 私は「お金ならいくらでも、お願い帰して、もうすぐ結婚するの。」と言っても聞いて貰えず、反対に「暴れたら着ている物をビリビリに破らなければいけないぞ。

 そうなったらここから裸で帰らなければいけないぞ。」と言われ言う事を聞く羽目になってしまったのです。

 着ていたワンピースは破かれずに済みましたが、その下のスリップと下着は「ワンピがあるからこれからは破いてもいいだろ。何の抵抗もしないまま抱いたら俺たちが興奮しないからな。」

 と言って3人が一斉に襲ってきたのです。あとはもうどうされたのか分からないまま、なぜだか順番は決まっていたようで右手右足を押さえる者、

 左手左足を押さえる者、そして裸の私に覆い被さって来る者。ペニスを挿入されて乳房を揉まれ吸われると観念するしかなかったのです。

 途中、私の顔に男の顔が近づいてキスをしようとしてくると顔を叛けるのですが、両手で顔を挟まれるとどうにもできず男の舌で顔中を舐められてしまうのです。

「口を開けろ。」と、言われ従わなければ顔に傷を付けると言われれば、口を開けなければいけないのです。すると男は上から私の口に唾を入れ、「噛んだら殺すからな。」と言って舌をねじ込んでくるのです。

 一人の男が終わるともう一人が、もう一人が終わるとあとの一人が、私に覆い被さりペニスを股間に入れ体中を舐め回しそして射精していくのです。

 3人の男が一巡すると終わりと思いきや2巡目が始まるのです。もうその時には私も力が果て抵抗する気があっても力がなくなっていました。

 男たちは何処からか持ってきたバケツの水で私の股間を洗うと、抵抗しなくなった人形のような私の体を抱き、ひっくり返しまた舐めて挿入し、

 四つん這いにしてまた入れ、口の中にもペニスを入れて遊んでいたのです。

 結局夜から朝になり、それでも開放してもらえなくてまた夜になり朝になり、その日のお昼に車に乗せられ知らない所で裸にワンピースだけで、国道においてどこかへ行ってしまったんです。

 幸いバッグだけは貸してくれたので、通りかかったタクシーに乗って家まで帰ってきました。タクシーの運転手も私がどんなことをされたのか分かったみたいで、

「このまま警察に行きましょうか。」と、言ってくれたのですがそれはできませんでした。私の部屋にはまだ彼が待っていてくれ、出来たらいなかった方が良かったのですが、、

 事情を聴かれ私は正直言うしかありませんでした。しかし、彼は私と結婚する意志があったようですが、彼の家族から反対され結婚は破談になってしまったのです。

 あれから1年は会社も辞め実家に帰って休養しました。知らない男性と話すだけで1年以上かかりました。男性と二人だけでエレベーターに乗るのに2年かかりました。

↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2022-06-26

Comments







非公開コメント