Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › OLの体験談 › 会社の会議室で先輩と淫らなHした告白


2022-06-16 (Thu)

会社の会議室で先輩と淫らなHした告白

 27歳のOLです。身長は150で華奢なんですが、Fカップあってスタイルを良く褒められます。顔は普通です。人並みに可愛いねって位のレベルです。

 2年前に、会社の3つ上の先輩とえっちなことがあったので、それを書いていきます。当時、ご時世的に働き方が変わり、ほぼリモートワークになったので会社に出社する事が少なくなりました。



PR 管理人お勧め(^^♪
 たまにある出社も、出社人数が少ないので社内にあまり人がいないこともよくあります。その時の出社もそんな感じで、しかも残業してしまったので、同じフロアに私と1人の先輩しかいなかったです。

 2人きりになると少し距離の近い人だな、という印象でしたが、基本的には優しくて話しやすい先輩です。たまにご飯に行ったり遊んだりするくらいには仲良くさせてもらってました。

 単純に背も高くて180もあって顔もかっこいい人だったので、嫌いではありませんでした。20時くらいまで作業していて、落ち着いたので帰宅しようかなという時に、

 先輩にちょっと手伝って欲しいと言われて、会議室に連れていかれました。会議の準備で先輩の手伝いをすることは珍しくないので、特に何も気にしてなかったです。

 ドアを閉めた瞬間から、後ろからお尻を触られて、えっ!て思った時にはキスされながらおっぱいとかお尻とか触られたので固まってしまって、抵抗出来なかったです。

 その日はスーツでタイトスカートだったのですぐ捲り上げられてしまって、クリをタイツの上から優しくいじられただけで無理でした。元々体も敏感なので、

 すぐに濡れてしまって、ダメですやめてくださいって言いながら腰を動かしちゃってたので、説得力無かったと思います。

 机の上でシャツを上の部分だけボタンを外されておっぱいだけ出されて、タイツを破られてショーツを横にズラされました。

 脱毛していてパイパンなのですが、先輩が「パイパンなの?濡れてるのすぐ分かるから可愛いね。はるちゃんってやっぱりえっちだわ。」って言いながら、おまんこも丸見えのまま、

 手マンされながら乳首を吸われたり噛まれたりしました。正直気持ち良すぎていっぱい濡れてしまって、えっちな音がクチュクチュ鳴り響いて恥ずかしかったです。

「はるちゃんは乳首もまんこも綺麗だね、めっちゃエロい。まんこすごい濡れてるよ、えっち好きなんだね」って言われて恥ずかしいのと同時にドキドキしてしまって、おまんこが締まるのが分かりました。

 えっち好きだったので、図星だったのが恥ずかしすぎました。乳首を触られるのが気持ち良すぎてすぐにえっちな気分になるので、この時点でおちんちんで犯されたいと思っちゃっていました。

 先輩に手マンで1回イカされて、クンニでまた1回イカされちゃいました。先輩は上手で、おまんこに舌を入れられてクチュクチュされた時は気持ち良すぎて潮吹きしてしまいました。

 会議室で潮吹きしてしまって、もう恥ずかしさと罪悪感ですごかったのですが、先輩はさらに興奮したみたいで、すぐにベルトを緩めておちんちんを出しておまんこに擦り付けてきました。

 大きくて、上に反ってるカリの大きめで長めのおちんちんだったので、挿れられて突かれたら気持ちよさそう…と思って興奮してしまいました。

 おちんちんの先が濡れててそれが私のおまんこから垂れてる愛液でヌルヌルしてて、見た目もえっちでした。

「生で犯すからね。」って言われて、止まる間も無く奥まで挿れられてしまって、もうそこから先輩は本当に止まってくれなかったです。

 手マンとクンニで敏感になってるおまんこを、おちんちんでいっぱいいじめられました。奥が弱いので、先輩の長いおちんちんがいっぱい当たって、

 涎が垂れてしまうくらい気持ちよくてたまらなかったです。キスも舌をいっぱい絡められながらされて、同時に乳首を片手でいじられながらおまんこをおちんちんで突かれてたので、

 全部気持ちよくて何も考えられませんでした。先輩は「はるちゃん可愛いね、すごいエロい、はるちゃんのまんこ濡れ濡れで締まって気持ちいいよ、

 やばい最高」とか言いながらいっぱい腰を振ってて気持ちよさそうでした。

 正常位で私が1回いくと、立ちバックにかわって、身長差がすごくて、机に倒れ込んだ状態で腰を掴まれて突かれたので、足は浮いたままで、本当にレイプされてるみたいでした。

 それでも気持ちよくて、奥まで突かれちゃうので今度はハメ潮してしまってました。最後は正常位に戻ったのですが、先輩はこの間1回もイってなかったので、

 おちんちんは硬くて、先輩も興奮しきってました。種付けプレスみたいにされて、真上からおちんちんをいっぱいズポズポされました。

 射精するときの男の人って感じで、顔をじっと見つめながら腰を振ってくるので、少し怖いけどドキドキしました。

 中に出されちゃう、と思って、「先輩、中はだめですよ、出さないで…」と何度か伝えたのですが、それを聞いてもっと興奮したらしく、

「だめ。出すから。いっぱい精子、はるちゃんのまんこにだすからね。」って言って、いっぱい突いてきました。中出しされちゃうことに興奮してしまって、

 いっぱいおまんこを締めちゃったのが自分でもわかりました。先輩が少しえっちな声を出しながら、腰を震わせながら射精したのがおまんこの中でおちんちんがドクドクしたので分かりました。

 出した精子を奥に擦り付けるみたいに、また突かれたのでそれだけでまたいっちゃいました。

 たくさんいっちゃったので体力も使い切って動かなかったので、先輩が後片付けとかいろいろやってくれました。落ち着いた後に、謝られてずっと好きだったことを言われました。

 正直、急に襲ってくる人となんて大丈夫か?とも思いましたが、普段の感じが印象が良かったのと、えっちが気持ち良すぎたので結局付き合いました。

 そのあとすぐに同棲して、当時は体から入った関係だったので不安でしたが、今でも優しくて一緒にいて楽しくできてます。

 付き合ってわかったのですが、性欲も強いみたいで、いまだにほとんど毎日えっちされています。付き合ってからは、えっちなプレイもされるようになったので、また次はそれを書こうかなと思います。

↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2022-06-16

Comments







非公開コメント