FC2ブログ

Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 会社員の体験談 › 他人妻とホテルデートを楽しむHな体験談

PCマックス

2022-06-06 (Mon)

他人妻とホテルデートを楽しむHな体験談

 とある仕事を切っ掛けに、彼女との距離が急激に縮まった。それまでは、ごく同じ部署の同僚として、仕事のパートナーとしての感覚でしかなかった。

 平日の仕事終わりに、夕食を一緒に食べて帰るような事が2~3度あり、次は休日にランチへ行きたいと言う話に。



PR 管理人お勧め(^^♪
 ランチであれば、その後も少しは時間があるだろうと予想し、「その後、ホテルに行きませんか?」と、直球で誘った。

「露骨な『如何にもラブホ』と言うところは避けたい」と言う要望があり、一般的なホテルのデイユースを提案したところ、OKを得られた。

 そして当日、ランチも終え、コンビニで買い物をし、いざホテルへ。お酒やお喋りをしていたが、どちらからともなくキスで舌を絡めあい、そのままベッドへ倒れ込んだ。

 年齢を感じさせる程の、極端な弛みが見受けられないカラダを愛撫し舐めながら、指を一本、秘部へ宛がうと、既にヌメリを感じるほどに。

 そのヌメリを指に絡め、指の第一関節が入った程度のところで、指の曲げ伸ばしをすると、そのタイミングに合わせて「クチュ・クチュ」と良い音を返してきた。

 指を一本から二本へ、第二関節くらいまで沈め込んだ辺りで、お腹の内側らへんを刺激していると、明らかに愛液とは異なる体液を滴らせるようになった。

「ダメ、おかしくなっちゃう」と言いながら背中に腕を回ししがみついてくる、そんな彼女が愛しい。指の動きを止め、また数回指を動かすと、それが滴り始める。

 幾度とそれを繰り返した後に、攻守交代。数ヵ月前迄は、ただの同僚だった彼女が、私のモノを口に含み、舌を這わせている。

 いよいよ一つになるとき、念のために「生だけど大丈夫?」と確認した。ラブホではないので、それが置いてないことは、彼女も解っていたと思う。

「溜まっているのを全部、私の中に出して」と言う言葉が返ってきた。年齢的に、生理が無くなっているかギリギリあるか、微妙な年齢だが、彼女は前者のほうだった。

 何も遮る人工物が無い状態での、一つに重なった時を楽しみに、彼女の希望通り、全てを受け止めてもらった。

 余韻を楽しみながらトークをしていると、レスになって数年が経つこと、ブランクや年齢の事で濡れるか不安だったこと、好きな体位など、色々話してくれた。

 これを切っ掛けに、まだ関係を持ってから浅いが、数日後はまたランチとホテルデートを楽しむ事になっている。

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2022-06-06

Comments







非公開コメント