FC2ブログ

Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › OLの体験談 › 唯一私を女と見てくれた痴漢さんとのエロ体験談

PCマックス

2022-04-29 (Fri)

唯一私を女と見てくれた痴漢さんとのエロ体験談

 約3年程前の話です。当時、私は副社長に就任した事もあって恋愛をする暇がありませんでした。他の同僚が合コンや遊びに行ってる間も常に仕事ばかりで、

 落ち着いた時には皆んな彼氏を作って幸せだったり、結婚して辞めたりしていました。そんな事もあり、私は意固地になり、怖い上司になっていました。



PR 管理人お勧め(^^♪
 私はただ、羨ましかっただけなんです。でも、誰一人として理解してくれなくて凄く、寂しかったんです。そんな時に私を女として見てくれたのが痴漢さんでした。

 その日はたまたま、ピーク時の通勤ラッシュだった事もあり、辛うじて手を少しだけ動かせるくらいの密集度でした。

 その時はお尻に何か当たってると思うくらいで気にしませんでしたが撫でられる感覚があり、これは痴漢だと確信しましたが何故か私は抵抗しませんでした。

 後になってわかったのですが私は痴漢された事で嬉しかったんだと思います。その証拠に下着が濡れてましたから。

 もしかしたら、また、痴漢されるのではと期待も込めてピーク時の通勤ラッシュ時に次の日も乗りました。すると暫くしてお尻にまた、あの時の感覚が来ました。

 私は嬉しくて、つい、お尻を少し突き出してみると相手は答えてくれるかの様に揉んでくれました。それからは毎日、その時間に乗り、痴漢さんの玩具にされる事に至福を覚え、毎日が満たされていました。

 でも、私は嬉しく舞い上がり、してはいけない事をしてしまいました。それは、痴漢さんの顔を見ようとしました。

 そんな事をすれば痴漢さんが2度、至福の時間をくれなくなる事はわかっていたのに、私は興味に負けて見ようとしました。

 結果は見る事は出来ませんでした。そして、私は痴漢さんから痴漢されなくなりました。痴漢されない日が1日2日と続き、私は自分を女として見て触ってくれてた、

 痴漢さんを遠ざけてしまった事を理解しました。

そこから、仕事でつまらない事でミスを繰り返し、部下からも慕われ始めていたのにまた、怖い上司に逆戻りしてしまい、私にとって痴漢さんは大事な人だったと改めて気付きました。

 毎日が嫌になりかけてた所、痴漢さんがまた、触ってくれました。でも、私の求めてる痴漢さんではないのはすぐにわかりました。

 触り方が乱暴だし、自分勝手、下着を脱がそうとスーツのスカートの中にまで手を入れてきて、私は頭にきて、叫ぼうとした瞬間、後ろからおい!

 痴漢はやめろ!女性が嫌がってるだろ!っと声が上がりました。その男性の顔はよく見えませんでしたが凄く、タイプな顔立ちをしていた気がします。

 最後列のドア付近だった事もあり、車内の騒ぎを聞きつけた車掌さんが駅まで着くと同時に痴漢を取り押さえ、私も降りました。

 私を助けてくれた男性はいつの間にかいませんでしたが、耳に残ってる言葉はあります。それは私が降りる瞬間に耳元でお前は俺の女だ。誰にも渡さない。って言われた事です。

 私は驚いて振り返ろうとしましたが、同じ過ちは犯したくなくて振り返るのを我慢しました。

 それから、数日して私の痴漢さんが戻って来てくれて、私は嬉しさのあまり、何度かイキそうになり、声を我慢するのが大変でした。

 でも、痴漢さんに痴漢される様になると仕事が上手く行く様になり、最終的には大手のメーカーとも契約を結ぶ事が出来ました。

 私には痴漢さんが必要なのは必須。だから、痴漢さんに痴漢されやすい様にパンストを履かずに行ったり、ノーブラ、ノーパンで行ったりしていました。

 そして、痴漢される様になってから3年の月日が経ち、先日、新人達の面接を行いました。コロナの影響で先延ばしになっていましたがやっと行う事が出来ました。

 私はその日、痴漢さんに痴漢されず落ち込んでいた事もあり、面接を適当に済ませていました。ですが、終盤に嬉しい事が起きました。

 あの痴漢さんが私が勤める会社の面接に来てくれました。最初、声を聞いた時はわかりませんでしたが、話す内に何処かで聞いた事のある声だな~?と思う様になり、

 痴漢さんと声が同じとわかった瞬間、私は一気に濡れて、痴漢さんの顔をまともに見る事が出来なくなりました。痴漢さんが目の前に居る事も嬉しかったのですが何より、

 私のタイプの男性だったので急に恥ずかしくなってしまいました。

 私は即座に痴漢さんを採用させる為に部長や係長から話を振られて瞬間、二人の意見も聞かずにその場で採用決定をして2人っきりになる時間を作りました。

 そして、痴漢さんはやはり、私が想っていた痴漢さんでその日の内に痴漢さんの彼女にしてもらい、社内の倉庫で痴漢さんを受け入れました。

 初めてでしたが嬉しさが強くて、痛みはそんなに感じませんでした。

 痴漢さんが彼氏になった事で私は毎日、彼に甘え、彼の子供産む為に毎日中出しをしてもらってます。そして、今日も後で倉庫内で・・・

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2022-04-29

Comments







非公開コメント