FC2ブログ

Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › パート・派遣社員との体験談 › 仲良くなった人妻パートさんと時間が許す限りのセックス

PCマックス

2022-04-12 (Tue)

仲良くなった人妻パートさんと時間が許す限りのセックス

 同じ職場のパートの人妻さん(裕美子さん36歳)と仲良くなって、帰る方向も同じだったので、よく一緒に帰りながら話をしていました。

 その時に1人暮らしで、ほぼコンビニ弁当の毎日だと言う話になって、休日に手料理を作りに来てくれることになりました。



PR 管理人お勧め(^^♪
 休日の朝早くに目が覚めて、少しドキドキしながら部屋を片付けて、約束の時間の少し前に、裕美子さんが来てくれました。

 パートの時にはいつもジーンズ姿だったけど、その日は膝丈のスカート姿で、いつもと違う雰囲気にドキドキしてしまっていました。

 雑談しながらキッチンに立って、食事の支度をしている裕美子さん。その後ろ姿を見ているうちに、妙な妄想して興奮してしまって、ふらふらと引き寄せられるように近付くと、

 我慢できずに後ろから抱き着いてしまいました。裕美子さんは驚いたり抵抗することもなく、落ち着いて食事の支度をしながら
「浩二くん…急にどうしたの?(笑)」
「ごめんなさい…裕美子さんを見てたら…我慢できなくて」

 僕は既にギンギンに勃起していて、後ろからギュッと抱き着いたまま、スカートのお尻に股間を擦り付けていました。

「もう…こんなおばさんに興奮してるの?…ちょっと落ち着いて?…」
「落ち着け…ないです…」

 僕はすっかり興奮して、ギュッと抱き着いたまま夢中になって、裕美子さんのお尻に股間を擦り付けていました。裕美子さんは支度していた手を止めると、

 その場で振り向いて間近で顔を見つめながら「たしかに…こんなになってたら落ち着けないね…」そう言ってズボンの上から、固くなった股間を優しく撫でてくれました。

「裕美子さん…はぁはぁ…」
「出さないと落ち着かないでしょう?…」

 僕の目の前にゆっくりしゃがむと、ズボンとパンツを脱がせてくれて、裕美子さんの目の前で固く勃起している肉棒を、握って扱いてくれました。

 初めて女性の手に触れて、すぐにガマン汁でヌルヌルになってきて、扱きながら亀頭の先にキスするように吸ってくれて、そのまま口に咥えると舌と唇で擦るように舐めてくれました。

 オナニーとは比べ物にならないくらい気持ち良くて、身体が熱くなってすぐに限界がきて
「裕美子さん…もう…はぁはぁ…」
「我慢しなくていいよ?…出して…」

 その途端に裕美子さんの口の中で、勢い良く射精してしまうと、裕美子さんは全て受け止めてからゆっくり唇を離して、僕が吐き出した大量の精液をティッシュに出して

「どう?…少しは落ち着いた?(笑)…」にっこり微笑む裕美子さんを見ながら、落ち着くどころか興奮が治まらなくて、裕美子さんの目の前でギンギンに勃起したままでした。

 裕美子さんは優しく手で扱きながら「すごい…若いから1回出しても治まらないのね…旦那とは大違い(笑)」ぜんぜん治まる様子もない肉棒を扱きながら、

 ゆっくり立ち上がると僕を抱き締めて耳元で
「一緒にシャワーする?…浩二くんが嫌じゃなければ…」
「嫌なんてそんな…一緒に入りたい」

 裕美子さんは僕の手を引いて脱衣場に行くと、目の前で服を脱いで全裸になって、僕がまじまじと見ていると

「もう緩んだおばさんの身体なんだから、そんなに見られたら恥ずかしいじゃない(笑)…」
「女の人の裸なんて…見るの初めてだから」
「浩二くん…経験ないの?」
「う…うん…」

 裕美子さんは僕の手を引いて中に入ると、向かい合わせに立ったまま身体を洗ってくれました。「浩二くんも洗ってくれる?」僕の手を取って、

 泡まみれのオッパイを触らせてくれて、両手で揉むように洗っていると、裕美子さんも勃起したままの肉棒を優しく洗ってくれました。

 どんどん興奮して粗い息遣いで裕美子さんを見つめたまま、片手でオッパイを揉みながら、もう一方の手をお腹からアソコに近付けていくと耳元で

「優しく洗ってね?…」茂みを掻き分けるように指を滑り込ませると、ボディソープとは違うヌルッとした感触で、指を出し入れさせてみると、

 裕美子さんは鼻から抜けるような甘い声を出しながら、激しく扱いてくれました。立って抱き合って刺激しあっていると、気持ち良くてイキそうになってきて

「裕美子さん…出そう…」そう言うと裕美子さんは手の動きを止めて「出ましょうか…」脱衣場に出ると僕の身体を拭いてくれて、

 僕も裕美子さんの身体を拭いてあげると、裸のまま手を引かれてベットに連れて行かれて、仰向けに寝かされて念入りにフェラしてくれました。

 足元から僕の顔を見ながら、ゆっくり念入りに舐めてくれて
「こんなおばさんを初めてでいいの?」
「裕美子さんがいい…はぁはぁ…」

 身体を起こして僕の腰の辺りに跨がると「入れるね?…」亀頭を手でワレメに押し付けて、そのまま腰を沈めて生で挿入してくれて、抱き着くように身体を密着させて

「私の中って…どんな感じ?…」
「あったかくてヌルヌルしてて…すごく気持ちいい…はぁはぁ…」
「いっぱい気持ち良くなって?」

 裕美子さんは僕に抱き着いたまま、腰を動かして出し入れさせてくれて、裕美子さんのオマンコで擦られると、堪らなく気持ち良くて

「裕美子さん…ダメッ…出そう…」
「中に出しても大丈夫だから…」

 耳元でそう囁くと、一層激しく出し入れさせて、僕は堪らず裕美子さんに抱き着いたまま、中でたっぷりと射精してしまいました。

「はぁはぁ…出ちゃった…」
「うん…浩二くんの精液で…中がすごく熱い…」
「すごい…気持ちいい…」
「中でまだ固くなってるね…」

 中に出しても勃起したままで、裕美子さんは再び腰を揺らして出し入れさせて、暫くすると繋がったまま僕の身体を起こして「浩二くんがして?」

 入れ代わるように裕美子さんが仰向けになって、正常位で夢中になって激しく出し入れさせました。裕美子さんの顔と出し入れさせるオマンコを、交互に見ながら激しく突いて、

 限界がくるとギュッと抱き着いて、深く差し込んだまま奥にたっぷり中出ししました。その日は夕方まで服を着ることも無く、おそらく7回くらいはセックスして、全て生で中出ししました。

 今でも帰りが一緒の時には、帰りに僕の部屋に寄って、時間の許す限りセックスしています。

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2022-04-12

Comments







非公開コメント