Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › OLの体験談 › 私ってこんなにも淫らだったとはのHな体験談


2022-01-19 (Wed)

私ってこんなにも淫らだったとはのHな体験談

 誰にも話せない体験をここで吐き出させてください。私は長く付き合っている彼氏がいるにも関わらず、会社の先輩と肉体関係を持ってしまいました。今までその彼氏としか経験もなく、

 周りからも真面目で一途だと思われているのに、自分がこんなことになってしまうなんて本当に思いも知りませんでした。ここで知らない人達に聞いてもらいたいと思っています。



PR 管理人お勧め(^^♪
 その体験を話す前に簡単に自己紹介します。私は27歳のOLで彼氏持ちです。しょうこと言います。彼氏とは大学からの付き合いでかれこれ6年以上付き合っています。その彼氏が初体験の相手でした。

 事の発端は私が仕事で大きなミスをしたことです。詳しいことは書けないのですが、かなりまずいミスでした。焦った顔をした私に声をかけたのが、同じ課の先輩でした。

 先輩は私の6個上で既婚です。詳細は省きますが、先輩に自分がしてしまったミスを説明したところ、先輩の機転により大惨事は免れました。もうクビになるだろうと覚悟するほどのミスだったので、かなり救われました。

 少し出た損害についても先輩が盾となってくれました。すごく安心して、感謝しました。私はお礼にと後日先輩を飲みに誘いました。高めのバルみたいなところに先輩の車に乗り、2人で行きました。

 バルから少し離れた大きな公園の駐車場に車をとめました。先輩とは仲は普通に良かったのですが、サシで飲みに行くのは初めてでした。

 飲みの席である程度飲んだ後に、先輩に「どうお礼したらいいか分からないですけど、すごく感謝していて、先輩の役に立ちたいです」ということを伝えました。

 すると、「すごく言いにくいんだけど、性欲が溜まってるスッキリさせて欲しい」と言われました。私としては全然そんな気を持って来たわけでもなく、ましてや彼氏持ちだったのでかなりビックリしました。

 私が、えっ…とフリーズしていると先輩は、「妻とはレスで全然していない、しょうこちゃんはすごく魅力的だから手でいいから抜いて欲しいんだ」とストレートに言われました。

 もちろん普通なら断るし、セクハラ案件だと思いますが、先輩にはすごく助けられたので私は、下を向いて「分かりました」と言いました。また、私はお酒を飲むと少しエロくなってしまうタイプです。

 彼氏にも言われて、彼氏以外といる時はあまりお酒を飲まないようにしていましたが、今回はお礼の席だったので久しぶりに結構飲んでいい気持になってしまっていました。

 店を出て歩き、先輩の車の後部座席に2人で入りました。一応補足しておくと、代行で買えるので飲酒運転して帰ろうとしていたわけではありません(笑)。地方住みの方ならご理解いただけると思います。

 並んで座ると先輩は、ズボンとパンツを脱ぎ下半身を出しました。脱いだ時点で勃起して大きくなっていました。「じゃあお願いね」と言われ、私は先輩のおちんぽを握りゆっくりしごき始めました。

 先輩は「嬉しいよ、しょうこちゃんに抜いてもらえるなんて、職場の男共にころされちゃうかな。」と言い、さらに大きくなっていました。

 先輩のはかなり大きくて熱かったです。彼氏以外のをみたことない私には衝撃的でした。私も先輩のをシコシコしている内に自分の心拍数がどんどん上がっていってるのを感じました。

 途中先輩に、おっぱいを触ってもいいか聞かれ、はいと素直に答え、服の上から揉まれました。先輩は「えっ?でかくない?思ってたよりでかいんだけど。

 会社の飲み会だとしょうこちゃんDかEじゃないって意見出てるんだけど、実際どうなの?もっとでかいでしょ?」と聞かれたので「Fです・・・」と正直に答えました。先輩はすごく喜んで「いいなあ。うちの奥さんCだから感動しちゃうよ」と嬉しそうに揉んでいました。

 しばらくシコシコしていると先輩が「もうすぐ出そうだ。しょうこちゃんのおっぱいにかけたいんだけどいいかな?」と聞いてきました。私は酔いと、自分が生まれて初めて思いもよらず浮気をしているという事実に興奮しており、

「はい」と言いました。座席の下に潜り込み、ブラウスをはだけ先輩のを受け止める体勢になりました。先輩にブラのホックを外され「イク時、おっぱいで包んで」と言われました。

 少し早めにシコシコすると「しょうこちゃんイキそう。イクよ」と言われたので、パイズリ状態にしました。おっぱいで包んで少し上下に動かすと、先輩のから熱い精子が大量に吐き出されました。

 胸から垂れてくる精子を手ですくい取って先輩を見ると「それ飲んでよしょうこちゃん」と言われ、私は言うがままに飲みました。彼氏のも飲んだことなく、飲みたいとも思ったことなかったのに、

 あの日の自分はどうかしてたと思います。先輩はウェットティッシュを私にくれたので、体を拭きました。私の心臓はすごくドキドキしていました。

「お掃除して?」と言われ、私は先輩のをしゃぶりました。手だけという話が自然と色々なことをやっていますが、私の頭にはそんな約束の記憶は残っていませんでした。舐めていると先輩のがまた大きくなっていました。

 先輩に促され、先輩の隣に座るや否や、ディープキスをされました。少し驚きはしたものの、私は先輩の舌に応じ、夢中にキスをしてしまいました。彼氏とは感じたことのない快感を感じ始めていたのです。

 胸を揉まれ、あそこをいじられながら長い間キスをした後に、座席に押し倒され、パンツをずらされて生で挿入されました。スカートは上にまくり上げられました。

 この間、会話は無く無我夢中でした。先輩のは見た目通り、彼氏のよりも大きく奥まで届きました。激しく突かれましたが、今までにない快感で私は声も我慢できずに喘ぎまくりました。

 本当に気持ちよかったです。彼氏とするときはいつも痛くて、あまりセックスを好きになれませんでした。彼氏とは相性が悪いのか彼氏が下手だったという事実にも気づいてしまったのです。

 キスをしながらお互い求めあうようにセックスをし、私もイクという感覚を最中に初めて味わいました。先輩も気持ちよさそうな顔で突いて、最後再び私の胸に精子を吐き出しました。

「普段真面目で清楚系だし、こんなエロい子だとは思わなかったよ」と満足そうに言われキスをしました。すると先輩の奥さんから電話がかかってきました。いつ帰ってくるのかとの確認で、先輩は今から帰るよと伝え電話を切りました。

 先輩の奥さんは私が新入社員だった時の教育係でよく知っています。そんな方の旦那さんとやってしまうなんてという後悔も感じました。

 代行を呼び、家まで帰りました。彼氏から来ていたlineに返信した後、今日のことを思い出して一人でしてしまいました。今まで、自分はエッチにもあまり興味のない人間だって思ってたのに、

 不倫で興奮してしまうなんて思いもしませんでした。この日から、今まで普通の女だった私は変わっていってしまいました。

↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2022-01-19

Comments







非公開コメント