Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 素人の体験談 › 無性にセックスしたくなる浪人女の愚痴


2022-01-07 (Fri)

無性にセックスしたくなる浪人女の愚痴

 浪人も三年目で、コロナの影響もありどこか本気にもなれず、家の者もほとぼりが覚めるまではなどと理由をつけて納得してるのかうるさく言ってこないので、ついつい自堕落な暮らしを送っている女です。

 元々オタク気質のインドア派だし、たまに数少ない気のおけない友人と会って電気街に買い物に行くだけだから、店が早じまいしようとあまり不自由はない。



PR 管理人お勧め(^^♪
 彼氏も全然欲しいとか思わない。でも、無性にセックスはしたくなる。なまじっか経験も乏しいから、未だにどこかセックスに対して憧れめいたものがある。

 本や漫画や映像で見るセックスより凄いセックスなんてしたことないし。だから結局、オナニーに帰結するんですね…小1で登り棒の得たいの知れない快楽にはまって、ある意味ではずっと追求してきたと思う。

 だからといって男がどうこうとかはあんまりなかった。気持ちよさが追求できれば良かったんです。平均以下の冴えない学生生活を送りながらも、オナニーだけはイケてる女子より激しくしてたとも思う。

 自分がセックスするというより、文章とか漫画を読んで俯瞰的に覗き見しながら快楽を得られれば満足で、所詮インドア派のヒッキーの発想なんですよね…(ナンネットの投稿を読むのもさもありなん…)

 そんな私の今というか、ずっとというか、一番興味が絶えない対象は、実は弟なんです。別に弟としたいとかはない。ただ、弟が被写体としては最高なんですね!

 何しろ、リアルに覗けちゃうんで…(ごめん弟!)それも、ただ彼女とのセックスならそれほど興奮しない。弟は、かなりの熟女好きで…W 私が引きこもりと油断してるのかたかをくくってるのか、そうした相手を連れてくるんです。

(母は仕事が激務だから夜遅くまではフリータイム!)

 頻繁になってきたのが高校生の時あたり。行動範囲が広がり、出会いの場も増えますから、かなりお盛んでした。弟の部屋は敷地の一番奥のエリアで使ってない勝手口が塀にあるから、窓側から簡単に入れて、玄関を通る必要がない。

 その勝手口は使ってないぐらいだから、そこから入るのも全く考慮しなくていいぐらいの林道。まさにお誂え向き!女の方からしても年端もいかない少年とセックスする場所には苦慮するでしょうしね。

 弟がバイトをしてたコンビニで働いてる、私も接客された事もある人妻とかのバイト出会い関係から、誰か友人知人のお母さん?って感じの熟女とか、中には口に出すのもまずい母の友人なんて人もいた…

 同年代からはたいしてモテないくせに、やたらと年上受けはいいんだよなあ…一番したい盛りだから、弟も貪欲に相手を求めてたとは思う。バイトは頻繁に変えるし、絶えず出会いを求めているのは行動からもわかった。

 弟が熟女とか年上に弱いのは母の影響もあるかもしれない。実は実子ではない。小学校に上がる年に我が家に来たのだ。母は理由をつけて離れて暮らしていただけで、実子だと説明していた。

 弟には。でも弟もなんとなく事情があって引き取られた事くらい察してるでしょう。察しているから、母の理想の息子になろうと振る舞っているように私は感じていた。

 あれは母親からしたら、本当に理想的な子供。実際すごい仲いいし、反抗期な年頃に私には内緒で一緒にお風呂とか入ってたし。普通の男の子なら、実の親にあんな風にベタベタされたら嫌がると思う。

 二人が実際に一線を越えたかに関しては、これは微妙…そういう風には見えない。私は鈍感な朴念仁を演じているから、二人が過剰に演技をする必要もないし。

 ちょっとおっぱい触ったり、おちんちんを握ったり程度のスキンシップなら絶対あったと思うけど…弟が母のお古のパンストをはいてオナニーしてるのは見た事があり、

 母との事はともかく、熟女好きになったのは母が原因なのは間違いない…裸にパンストだけはき、丸めた布団に股がってはひたすら腰を動かしてたあの姿は、未だに目に焼き付いている。

 あれは弟がまだ中学生の時。私の覗き見のルーツでもある。それを見たのは昼間で、白いレースのカーテンしかかかってない状態だったから、庭から苦もなく覗けた。

 全く無防備な後ろ姿だった。今は知り合いの知識を総動員して、弟の部屋にカメラを付けている。(セックスしてる時以外は見ない!と、自分を律して設置した)

 けっこうお金をかけたから、映像もけっこうきれい。知ってる顔なら、誰だかわかるくらいに。夜とか暗くなると、弟はカーテンを閉めないでするから、よりリアルに見たい時は庭から覗く。まさか私が覗いてるなんて知ったら…

↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2022-01-07

Comments







非公開コメント