FC2ブログ

Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 出会い系のHはフェラだけの約束でしたが

PCマックス

2021-12-18 (Sat)

出会い系のHはフェラだけの約束でしたが

 シャワーを浴びてベッドに入って、もぞもぞしてたら眠れなくなっちゃった。たくさん送られてきたおチンポの写真を見ながら触ってたけど、えっちな気分が抑えられなくて、いつもの出会い系のサイトを開いていました。

 でも、今から遠くの大きな街まで行く気にはなれないな、って思ってたらわたしの住んでるこの町で募集している男性がいました。40代前半と書かれたプロフを念入りに見たけど、知り合いではなさそう。



PR 管理人お勧め(^^♪
 どうしよう。夜中だし身バレしないよね。勝手な言い訳をしながら男性にメッセージを送っていました。既婚の男性から、時間が無いので車でフェラだけでよければ。と返事がきました。

 本音を言えばえっちしたいのですが、おチンポをしゃぶるだけでも興奮するかも。家から少し離れたコンビニで待ち合わせをしました。わたしはTシャツとスカートで出掛けました。

 すぐに帰ってくるつもりでしたので、ノーブラのまま自転車で待ち合わせのコンビニまで行きました。駐車場の端で男性を待ちました。もし知り合いとかだったら帰ろう、と思っていました。

 すぐに男性の車が来て、知り合いではなさそうだったので、こそこそと男性の車に乗り込み町はずれの森に入る道に車を止めて、改めて男性と目が合うとドキドキしてきました。

 男性がシートを倒して腰を浮かせながらズボンを下ろしました。車内に男性のオスの匂いがして、わたしは吸い寄せられるように顔を男性の股間に。さっきまで一人でしてた。

 って恥ずかしそうに言う男性のおチンポはえっちな味がして、ちょっとぬるっとしていました。口に含むと一気にえっちな味が鼻から抜けて脳をマヒさせて、わたしをえっちな女の子にする。

 口の中でだんだん硬くなっていくおチンポを夢中でしゃぶっていたら、男性の手がTシャツの上からおっぱいを触っていました。ヤダ、ノーブラなのに。男性の手がおっぱいを揉みながらたまに触る乳首が敏感になってて、えっちな声が漏れちゃう。

 おマンコがムズムズして思わず足をぎゅっとしてたら、男性の手がスカートの中に入ろうとしていました。ゆっくり足の力を抜いて男性の手がパンツの上から触るのを期待しているように、気付かないフリして夢中でしゃぶっていました。

「すっごい濡れてるよ」男性が興奮したように言い、わたしも「おチンポ大きいです」って言っていました。でも、なかなか男性がイきそうになくて、男性の指がパンツの中に入っておマンコをクチュクチュするから我慢できなくなってきました。

「入れたい」と言う男性の言葉に「わたしも欲しいです」と言ってしまい、男性に誘われるまま近くのラブホに行きました。部屋に入って「時間が無い」と言う男性に荒々しく抱き寄せられ、

 Tシャツの中に手が入ってきて、おっぱいを触っていました。わたしも男性のズボンを脱がしておチンポを触っていました。「もう硬くなってる」って言うと、男性もパンツの中に手を入れておマンコを触って

「グチャグチャに濡れてるよ」と言われてしまいました。「入れようか?」と言う男性に頷くと、ベッドの前で膝までパンツを下ろしたとき男性が後ろからスカートを捲り上げておチンポを当ててきました。

 後ろから押されてベッドに手をつくと、バックからされる格好になって、あっという間におチンポがグイッと入ってきていました。「ああ、ダメ。ゴムして!」と言うわたしの声を消すように

「気持ちいいよ」と言う男性の声と、犯されるように激しくされることにわたしも興奮していました。服を着たままバックで無理やりされてるのと、ゴムをしていないナマのおチンポの感触が、わたしをどんどん淫らなオンナにしていくようでした。

「ああ、気持ちいい。ナマのおチンポ気持ちいい!」わたしは自分から腰を振り、男性のおチンポを奥の気持ちいいところに当てるようにしていました。「もっと突いて、もっと激しく」

 夢中になっていると男性が「正常位で口に出したい」と言いました。わたしは「はい」と言うと服を脱いで裸になるとベッドの上に上がり。自分からおマンコを広げて男性のおチンポを待ちました。

「すごいおマンコがヒクヒクしてるね」と言われ、イヤ、恥ずかしい、と顔を逸らした瞬間におチンポが一気に奥までぬるっと入ってきて、ああ!とわたしの背中が浮き、男性がそれを見逃さず腰の下に腕を入れて、ズンズンと突いてきます。

 ああ、ダメ!気持ちいい。絶妙なところにおチンポが当たって、わたしの意識も飛びそうでした。でもすぐに男性が「イくよ!」って、おチンポを抜いてしまい、わたしがベッドに沈む前に口におチンポを押し込まれ、

 一瞬、わたしのおマンコの味と、男性のおチンポの味が混ざったえっちな匂いにゾクゾクとして、次の瞬間には口の中に精子が広がっていました。たぶん、ほんの数秒のことだったのに、ずいぶん長く射精されたような感覚でした。

 ティッシュに精子を吐き出しても、口の中は男性の匂いでいっぱいでした。男性はおチンポをティッシュで拭くと服を着て帰ろうとしていました。時間が無いって言ってたけど。

 シャワーも浴びずにわたしも服を着ると慌ただしくホテルを後にしました。コンビニまで送ってもらい男性と別れた後も、口の中は男性の匂いでいっぱいで、おマンコにはまだおチンポが入っているような感覚でした。

 家に帰ってシャワーを浴びようと裸になると、おマンコがまだ濡れていました。体もまだ敏感のままで、ちょっと触れただけでもビクッとしちゃう。

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-12-18

Comments







非公開コメント