FC2ブログ

Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 精飲と言う気楽なアルバイトのHな告白

PCマックス

2021-12-09 (Thu)

精飲と言う気楽なアルバイトのHな告白

 金曜日のことです。お仕事が終わって、車に戻るとすぐにメールを確認しました。未読のメールが14通ありました。全て出会い系のサイトからでした。私が前日に書き込んだ掲示板を見た方からのメッセージでした。

 恥ずかしいのですが、私の勤めている工場でもコロナの影響で休日が増えて、夜勤も減ってお給料も減っていました。でも、家にはお金を入れないといけないので、私が自由にできるお金が足りなくなっていました。



PR 管理人お勧め(^^♪
 先日会ったおじさんに教えてもらった、アフターピルを買いたいのですが、病院に行くお金も薬代も、母には言えないので。初めて、お小遣いをくれる男性を募集してしまいました。

 高校生の時、同級生の何人かがしていたのは、噂話で知っていましたが、まさか自分がすることになると思っていませんでした。

 あまり遅くなると家族に怪しまれると思い、プチの募集を書き込んでいました。私のフェラチオが気持ちいいらしく、やってみたら?と、先日会ったおじさんに言われたのです。

 家の近所だと誰かに見られてしまうかもしれないので、離れた公園の駐車場で、30代後半の営業をしているというおじさんと待ち合わせをしました。

 駐車場に着くと、おじさんはもう来ていて、私の車に乗ってきました。「時間が無いのでしょう?」と言うと、おじさんはさっそくズボンを下ろしていました。

 おちんちんを出すと「じゃあ、お願い」と言って、私を待っていました。私は顔が熱くなってきて、どきどきしていました。いきなり、会ったばかりのおじさんのおちんちんを、これから。

 私は緊張を誤魔化すように、おじさんから顔を逸らすと、髪の毛を束ねました。それを見ていたおじさんが「おっぱい大きいね。触っていい?」と聞いてきました。

 私が迷っていたら「おっぱい触った方が早くイケるから」と言われました。私は小さく頷くと、おじさんのおちんちんに顔を近づけました。

 男性のえっちな匂いがつんとして、舌で先を舐めただけで、もやもやしてきてえっちな気分になってしまいました。ゆっくり先の方からお口に入れました。

 まだ柔らかく小さなおちんちんを口の中で舌を使ってれろれろしました。おじさんが頭を撫でながら、背中を触っていました。私はブラウスのボタンを外しました。キャミもスカートから出しました。

 それを見たおじさんは、キャミの中に手を入れると、背中にまわして、ブラのホックを外してしまいました。「あ、ダメ」って思ったけど、おちんちんがお口に入っているので言えなくて

 おじさんはブラの下から手を入れて、おっぱいを揉んでいました。どきどき乳首を摘まむように弄られ、えっちな声が鼻から漏れてしまいました。

 おじさんの言うとおり、おっぱいを触っていると、おちんちんがむくむくと大きくなってきました。お口いっぱいになったおちんちんを、じゅぽじゅぽしゃぶりました。

 根元までゆっくり咥えると、喉の奥に当たって、つばがいっぱい出てきていました。ぬるぬるになったおちんちんを夢中でしゃぶっていたら、いきなり「あ、出る!」と言って、おじさんは私の頭を押さえると、

 お口の中にびゅっと射精してしまいました。いきなりのことでびっくりしていたら、おじさんは私の頭を押さえたまま最後まで出し切りました。お口の中に男性の精子の味が広がって、生臭い匂いが鼻から抜けるようでした。

 おじさんがおちんちんを抜いて、お口に精子が入ったまま、ティッシュを準備していなかったので、慌てていたら、おじさんが「飲み込んだら?」と言うので、思い切って飲み込みました。

 精子の生臭い匂いに悶々としていたら、おじさんに「口できれいにして」と言われました。えっ?って思ったけど、しないと終わらないと思って、精子のついたおじさんのおちんちんを舌で舐めていきました。

 満足したおじさんはさっさとズボンをはいて、お金を置くと帰りました。お口の中も生臭い匂いと味でいっぱいになっていたので、お水を買ってうがいをしたのですが、喉の奥から精子の匂いがしてくるみたいでした。

 その匂いにむらむらしてしまって、私はパンツを下ろすと先日おじさんにもらったディルドでオナニーをしてしまいました。おまんこがびっしょり濡れていたので、すんなり太いディルドが入ってしまいました。

 次の男性との待ち合わせ時間がきてしまい、私はもやもやしたまま、男性の車に乗りました。スイッチは入れていませんが、ローターをおまんこに入れていました。

 どきどきしながら、30代前半という男性と会いました。男性も緊張されてるみたいで、「どうしようか?」って言われたので、「おちんちんを出してください」と言いました。

 男性がズボンとパンツを下ろすと、まだ小さいおちんちんが露わになりました。私はブラウスのボタンを外してキャミもスカートから出して、ブラのホックも外していました。

 男性の手をおっぱいに持っていき、私はおちんちんをぱくっと咥えました。お口の中で舌を使ってれろれろ舐めていたら、むくむくとおちんちんが大きくなってきました。

 男性が夢中でおっぱいを揉むので、えっちな声がどきどき漏れてしまいました。それを聞いた男性も興奮してくれたみたいで、おちんちんが固くなってきました。

 私も夢中でしゃぶっていたら、男性がいきそう、と言いました。私は「お口の中に出してください」と言い、いっぱいつばを絡めてじゅぽじゅぽしました。

 すぐに男性がお口の中に射精しました。喉の奥に精子が当たって、吐き出しそうになったけど、がまんして飲み込みました。苦いというか、生臭いというか、嫌な味だけどクセになりそうな味です。

 このえっちな味がどきどきして興奮するのです。精子を飲み込んだ後もしばらくおちんちんを咥えていたら、男性に「若いのにエロいね」と言われてしまいました。

 時間のある時にえっちしよ、とも言われて、私もどきどきしていたので、「はい、お願いします」と言ってしまいました。お金をもらって、自分の車に戻ると急いで帰宅しました。

 遅くなると家族が心配するので。マスクをして、自分の部屋まで上がったのですが、男の人の精子の匂いが籠もって、くらくらしてきました。

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-12-09

Comments







非公開コメント