Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › パート・派遣社員との体験談 › パチ屋にバイトで入ってきた美人系の人妻


2021-12-02 (Thu)

パチ屋にバイトで入ってきた美人系の人妻

 今から10年ちょっと前仕事がうまく行かず、転職を繰り返していて自棄になって、パチ屋でバイトでもすればいいやって感じで地元のパチ屋で働きはじめた。その時は30になったくらいだった。

 まぁ常連ばかりの小さなパチ屋だったし、気楽に働けていてなんだかんだ3年くらい経った頃、Sという2つ年上のバイトの女性が入ってきた。離婚して子供が3人いるという事だった。



PR 管理人お勧め(^^♪
 そちらの方が合っていたようで、少しずつ打ち解けていったがそれでもめちゃくちゃ仲が良くなったりはしなかった。もちろん猥談なんてことした事も無かった。ただ向こうが距離感を詰めてきている感じはしていた。

 ある日、早番終わりの控室でSと二人になった、なんとなくおしゃべりしていたら本当に唐突に「ねぇおちんちん見せてよ」と耳を疑うような事を言ってきた。

『え?なんて?』と聞き返すと「だからおちんちん見せてよ」と言ってくる。いくらスケベとはいそう唐突に豪速球を胸元に放られると怖くなるのね。頭おかしいのかと思い一旦は拒否というか、見せろ見せないで押し問答になってた。

 でもだんだんとまぁ見せるくらいいいかとも思いはじめてきて(混乱してるからヤレる!なんてことも思ってなかった)『じゃあ見せるのはいいとしてどこで見せるんだよここでは誰が来るかわからないから無理だぞ』

 というと「今日は遅番に女子の出勤が無いし、早番のもう一人は帰ったから静かにしてれば更衣室ならバレない」Sはこう言った。そしてそのまま更衣室へ入りズボンを脱ぎSの前にちんちんを晒した。

 恥ずかしながらもう勃起していてSにもそれを笑われた。Sは「意外と大きい!もっと小さいかと思った」とニヤニヤしながら失礼な事を言ってきた。

 この時点でもやれるなんて微塵も思っていなくて『さ見せたぞ終わりな』とズボンを履こうとすると「ちょっと触るくらいいいでしょ?」と慌ててSが手を伸ばしてきた。

「硬いね」「硬いの好きだわ」とちんちんをしごくS、そこでようやく『ああヤレるんだこれ』と気がついた。我ながら本当に情けないw そこで『触ってるだけじゃなくて舐めてくれよ』とお願いすると

「ようやくその気になったの?鈍感!」
「あたしはずっと前からえっちしたかったのにさ気が付かないんだもん」

 こう衝撃の告白をされ、いや俺好きでも好みでもなかったから興味なかった・・・とも言えず『鈍感で申し訳ない』とただただ平謝り、謝りつつも右手は胸元から差し入れておっぱいを揉んでたw

 そこで『俺の見せたんだから』とおっぱいそしておまんことご対面、当然乳首やおまんこの色素も薄く濃い目の肌色の乳首とわずかに褐色がかったおまんこだった。

 ひとしきり愛撫をするが、もう当然二人共やる気はマンマンだったけども、流石にここではできないと駅前にあるラブホへ移動し初えっちとなりました。

 えっちについてはごくごくノーマルなえっちだったし、どんなことしたかも覚えてないから割愛しますけど、それからSが辞めるまでの半年ほどつき合いがあったが、ピル服用しているとのことで毎回中出しOKでした。

 えっちしてからはシフトが一緒で休憩が一緒になると、キスしておまんこやおっぱいをいじらせてもらったりしてた。Sが濡れてるというからスリルを味わおうと挿入したこともあったかなw

 そんな日は帰りに決まって「もうムラムラして仕事にならなかった!早く行ってしよう!」とSに引っ張られるようにしてラブホに直行していました。

 ただそんな関係も実はS夫婦は偽装離婚で実際は旦那がおり、その旦那にうちらの関係がバレて乗り込んでこられ、Sは仕事を辞めて去っていったのでした。

↓他のHな体験談を見る








Top Page

最終更新日 : 2021-12-02

Comments







非公開コメント