Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › 若い時ヤりまくった女がテレビに出ててビックリ

2021-11-29 (Mon)

若い時ヤりまくった女がテレビに出ててビックリ

 僕の衝撃な体験談を告白したいと思います。これは事実です。僕は9年前、21歳の時に某女優(アイドル?)と某大学キャンパスにて出会いました。彼女は当時18歳で最初見た時、むちゃくちゃかわいかったので(この頃はまだ本格デビューしてなかった)

 僕と友人で即行声をかけました(ちょうど4月で新入生勧誘の時期だったので♪)その頃、僕には彼女がいたのですがそのアイドルY子(仮称)の美貌に理性も吹っ飛び、



PR
 ケンタッキーに友人と連れてゆき、夢中になって話したのを覚えています。 それから信じられない事にY子が僕に興味をもってくれたのです!5,6回デートしたり、皆で遊んだりした後、僕達は2人で会うようになり、

 そして自然にキスなどもするようになりました。出会って2ヶ月がたった頃、僕は彼女をラブホに連れて行きました。

 彼女は抵抗することもなくホテルに入ってくれました。 部屋に入って、お互いかなり緊張していましたが、ゆっくりベッドに座り、キスをしました。彼女は美人だけあって、肌のきめも超細かく、触りごこちが最高に良かったです。

 早く彼女の裸を見たい気持ちを抑えつつ、たっぷりキスした後に彼女の方から「シャワー浴びてくる」と言いました。彼女がシャワーを浴びている間、僕のち○こは痛いぐらいギンギンに脈打ってました。

 彼女がシャワーを浴び終わり、僕がシャワーを浴びて、2人でベッドに入りました。 有線の局を癒し系BGMにして、照明を微妙に落として、極力ムードをだす努力をしました。そしてキス・・・

 次第にディープキスになり、僕は彼女の耳たぶから首筋をたっぷり舐めました。 Y子の色白の肌がほんのりピンクになっていました。 次第に舌を降ろし、乳房に近づけると彼女が突然「いや!恥ずかしい」と言って拒みました。

「どうしたの?」と聞くと、彼女は「胸が小さいから嫌なの・・・」と打ち明けました。「気にしないよ、そんなの・」と囁きながら、僕は彼女の乳房を見ました。

 確かに小さかったけれど、スレンダーな体がタイプだった僕はそんなに気にならず、ゆっくりと乳首にキスをしました。Y子は敏感で「あぁっ」とかわいい声を出し始めました。

 僕は最高に興奮し、ぴちゃぴちゃと音を立てて乳房と乳首を円を描きながら舐めました。Y子の美しい顔がHな快感に歪むのを見て、言い知れぬ満足感を感じながら、舌は次第にお腹、腰、太ももと這わせY子の肌がべとつくほど舐めていました。

 そして、いよいよY子の秘部を舐める時がきました。最初にじっくり見てやろうと思い、薄暗がりの部屋の中、僕は彼女の太ももをゆっくりこじ開け、秘部を見ました。

 毛は薄く、形は最高に綺麗で「顔が綺麗な女はあそこも綺麗なんだぁ」と1人納得していたのを覚えています。既にだいぶ濡れていてシーツに少しだけシミが付いていました。

 いよいよ舐める瞬間です。まず穴の回りのプックリした部分を舐めました。彼女は「いやっ恥ずかしいぃ」と、少し抵抗している感じでしたが、力はすっかり抜けていました。

 この時、呼吸は無意識に口でしているのですが、こんな美人のY子のあそこの匂いはどんなだろう、と好奇心に駆られ、鼻で嗅いでみたのです。すると、シャワーの時のビオレUっぽい匂いで誤魔化されていました。

 次に穴の中に舌を押入れ、下から上ベロッと舐めました。Y子は「うぁ、んッ」と押し殺すように喘ぎ、舌にいっぱいネットリした愛液が絡み付いてきました。

 少し酸味があったのにびっくりしましたが、僕はワザと音を立て、夢中になって穴の奥とクリトリスを舐めていました。「あぅ、あっ、あぁぁ」とY子は舌の動きに合わせて喘ぎ声も大胆になってゆきました。

 20分くらい舐め続けて気付くと、シーツいっぱいに愛液とヨダレのシミをつくっていました。そしてY子の穴に亀頭を押し当て、ゆっくりと挿入しました。

 Y子のあそこは締まりも凄く良く、温かく、なんだかヒダヒダした感触があって、すぐに最高の名器だと実感しました。入れたり出したりしながら、Y子の唇をむさぼるようにキスをし、

 Y子は僕の背中に強く手を回して「ああぁぁぅぅ、ああッ、ああッ、すごいああ」と淫らな声を発しながらしがみ付いていました。最初のHだったので、正常位のみではてました。最初は生で挿入して、途中からゴムを装着しました。

 それから会う度にHをするようになり、Y子は外では絶対想像できないような淫乱性を次第に見せてくるようになりました。 彼女の実家の彼女の部屋で(両親は仕事でいない時間帯に)

 思いっきりY子にクンニして(鼻の頭が穴に入るほど)Y子をイカせた後、Y子は「はぁ、はぁ、私もショウ君のおちんちん舐めたい」と叫んだので、口元におちんちんを持ってゆくと、凄い勢いでしゃぶってきました。

 20分くらいフェラしてもらった後に僕は彼女を四つん這いにさせ、後ろに回り・・・彼女の濡れたおしりに顔を埋め、クンニしました。今度は口で穴とアナルを舐めながら人差し指でクリトリスを小刻みに刺激したら、

 Y子は「しょう君すごいぃッ、しょう君すごいぃ、気持ちいいいよ、あぅぅ」と快感に我を忘れて叫んでいました。僕は心のどこかで「美人な女ほど、いったん外れると淫乱になるんだ」と思いながら、

 30分以上ベロベロチュパチュパと舐めまくってました。そして舌のつけ根が痺れてきたので、ちょっと止めてY子の顔を見たら、はぁはぁと呼吸をしながら、口からヨダレを出して喘いでいたのです。

 今でもその表情が忘れられません。9年経った今(それから2年間、やりまくって、すれ違って別れました)Y子をテレビで観ながら、清純&ちょっと知的系で売っている彼女のプロとしての表情を見ると、

「今でも誰かにあんな淫らな表情を見せてるのかな」とふと思ってしまいます。あ~、書いてすっきりした!!


↓他のHな体験談を見る







Top Page

最終更新日 : 2021-11-29

Comments







非公開コメント