Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › 深夜の公園で変態さんの性的快感を体験
2021-11-17 (Wed)

深夜の公園で変態さんの性的快感を体験

 車の中でイチャイチャしてたら数台分離れて1台の車が止まった。覗かれたらどうしようか、なんて笑いながら話して彼の嗜好で両手を拘束され、視界を遮られておっぱいは丸出し。

 スカートは捲りあげられ、ローターでたっぷりいぢめられあんあん喘ぐハメに。彼がコーフンして舐めてと言うので
ぺろぺろしてると
「覗かれてるよ」
「…ふぁっ?いや、ウソでしょw」
「マジマジ。見てみなよ」



PR
 言われてそっと顔を上げ、髪で顔を隠したまま助手席側を見ても外は真っ暗。車内で垂れ流してるTVの光で余計に何も見えない。

「…見えん。そもそも募集も何もしてないのにいるわけないやんw」
「いや、おるってw」
「ハイハイw」
「お前w空気読めww」

 そーいう覗かれてますよプレイがしたいのだろうなーと、笑いながら咥えてたら彼が急に私がお尻を向けてる助手席の窓を全開に。スカートもたくし上げ、パンティを脱ぎかけたお尻が丸見え。

「寒い!!」
「うん、寒いよねー」

 私をテキトーにあしらいながら、聞こえないような小声で何かを呟く彼。そんなに誰か覗いてますよごっこしたいのかなーと、込み上げる笑いを耐えながらぺろぺろしてると

「・・・えっ!」むき出しのお尻に、ひやり冷たい感触。その冷たいのが手だと分かったのはお尻を撫で回されたから。
「や・・・ぁっ!!」
「ほら、ホントにおるやろ?w」

 焦って顔をあげようとするも、彼に頭を押さえつけられ、喉奥まで咥えさせられうんうんと唸るしか出来ず。「ほら、お前、弄られてるなぁw気持ちイイか?」冷たい手は暖を取るかのように私の中に指を出し入れ。

 彼と謎の冷たい手に体中を散々弄ばれて開放されたあと改めて顔を上げると、ホントに全く見知らぬ人が乱入してきてました 笑

「こ、こんばんは・・・」
「こんばんは・・・マヂですか・・・」
「彼女さんの悩ましい声が聞こえて…来てしまいました…w」

 助手席の開いた窓から顔を覗かせる謎の男性。
「嘘じゃなかったやろ?w」
「まぢでーwwちょー面白い、どゆことーww」

 仕込みなしでこんな事本当にあるんだと、あまりにも現実離れした現実に大爆笑してしまいました。話してたら妙に親しみやすい人だったので、変態さん遭遇記念として彼に許可もらって、

 ドア開けてその謎の変態さんのをにぎにぎしこしこしてると、彼が後ろから突いてくるもんだから、私もコーフンして思わず目の前の握ってた変態さんのをぺろぺろ。

「おい、こらw舐めていいとは言ってないぞww」
「だってぇ・・・目の前にあるんだもん・・・」
「おっぱいさわっていいですか・・・?」
「おっぱいさわってぇ…ぺろぺろしてぇ」

 変態さんに覆いかぶされ、揉みしだかれ、舐められ。後ろの彼が妙にノリのいい私に焦りを覚えだして、もうそれ以上ダメと言い出したので、宥めるつもりで彼と向き合ってキス。

「ねぇ、変態さんのちんぽ欲しいの。ダメ…?」
「ダメ…怒る…」

 その間に変態さんがお尻に顔をくっつけねっとりと舐めだした。
「でも…私、すっごい…っはぁ…コーフンしてんの…ね…?」
「わかってるけど…今日はダメ…お前は俺だけのモノだから…」

 さっきまで見せつけて場の主導権を握ってたはずの彼が、私にそれを奪われた事を認識し始めたのか、目が揺らいでいる。それが、急にたまらなく可愛く思えじゃ、仕方ないねと諦め変態さんのを手でヌいてあげてサヨナラしました。

 その後、彼に気持ちいい意味で激しく責め立てられ2回もお楽しみしてしまいました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-11-17

Comments







非公開コメント