Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 素人の体験談 › 変態女が夜中に露出して行動しているHな体験談
2021-11-14 (Sun)

変態女が夜中に露出して行動しているHな体験談

 最近、部屋でオナニーしてもなんかモノ足りなくて夜中でも出掛けてしまいます。静かなアパートの部屋だと隣りや下の部屋の人が気になってしまって集中できなくて。

 昨日もベッドに入ってからムラムラして触ってたけど、やっぱり満足できなくて、夜中の0時を過ぎていましたが車で出掛けました。行き先は隣り町のホームセンター。



PR
 真っ暗な駐車場に車を止めると、周りを確認するように見回しながらキャミの上からゆっくりおっぱいを触っていました。夜中だったし誰にも会わないと思って、

 ノーブラノーパンのままキャミとスカートとパーカーを着ただけで出てきてしまいました。シートを倒してキャミを捲り上げておっぱいを触りながらスマホを見ていました。

 えっちな動画を探そうと思ったのですが、家で見ていた出会い系のアプリを開いてしまい思わず掲示板を見ていました。こんな夜中でも出会いを求める男性が多いな、って。

 会ってえっちするのかな、なんて想像しながらいろんな男性のプロフを見ていました。たまたま、わたしのいる町で募集している男性がいました。気になって読んでみると「車内フェラでお小遣い」って内容でした。

 フェラだけなら・・どんなおチンポだろ?男性のプロフを見ながら想像していました。32歳で独身みたい。身長は、体型は?どんどん気になってきました。

 この男性のおチンポをフェラすることを想像しただけでドキドキしていました。どうしよう?メールだけしてみようかな。ホームセンターの駐車場にいることをメールしてしまいました。

 すぐに男性から返事がきて「近くなのですぐに行けます」って。本当に来るの?ドキドキしながら待っていると10分くらいでわたしの車のとなりに車が来ました。

 男性が窓から覗いて、わたしが会釈すると助手席のドアが開き男性が入ってきました。スマートな体型の明るい感じの男性と、緊張しながら挨拶を交わして、沈黙が続いて、男性が「さっそくだけど、」ってズボンを下ろしていきました。

 久しぶりの男性と二人きり、そしておチンポ。ドキドキが止まらない。男性がパンツを下ろすのを見ながら、目はおチンポを探してる。「いい?」男性に催促されるようにわたしはおチンポを触り、顔を近付けました。

 まだ柔らかいおチンポの先を舌でちょっと舐めるようにキスして、男性のオスの匂いが鼻から脳に達し、わたしは今まで抑えていた欲望に支配されていきました。

 全体を口に含むと舌で転がすように舐め、だんだん大きくなっていくおチンポを口内で感じ、わたしも興奮してきました。「おチンポおいしい!」頭の中で繰り返し叫んでいました。

 わたし、男性のオスの匂いというか、オトコの匂いに興奮してしまうのです。夢中になっておチンポをチュパチュパしていたら男性が「上手だね」って頭を撫でていました。

 男性の存在を忘れたように夢中になってたことが恥ずかしくなって「気持ちいいですか?」って、慌てて聞きました。おチンポは大きく硬くなっていました。

 わたしの唾液でヌルヌルになったおチンポをシコシコしていたら、「もう少しでイきそう」って言われました。「口に出しても?」って言われ「うん」と言いながら、おチンポを咥えました。

「おっぱい触らせて」って言われて、わたしはノーブラのことを思い出し「ダメ」って言おうとしたけど男性の手がもうキャミの中に入ってきていて、「ブラしてないんだね」って言われてしまいました。

「夜中なので・・」とだけ言っておチンポを再び咥えました。ノーパンは言い訳できないかも。男性がいつスカートの中に手を入れるのかと思うと、ゾクゾクとしてきました。

 男性に触れられることも久しぶりで、おっぱいを触る男性の手が気持ちよくて、たまに触れる乳首も敏感になっていました。おチンポを咥える口からえっちな吐息が漏れていました。

「おっきい、全部お口に入らない」独り言のように呟いていました。男性が「イきそう!」って言うのでおチンポを咥えると、頭を押さえられ口の中に一気にオスの味が広がっていきました。

「あ、出てる」口の中で暴れるおチンポを感じながら、わたしもゾクゾクしていました。ひととおり男性が出し切って、口の中に残った生暖かい精子が舌に絡み付いて、生臭い味に思わず顔が歪んでしまいます。

「ごめんね、不味いよね」って、慌ててティッシュを渡してくれる男性の前でティッシュに精子を吐き出しました。「大丈夫です」とだけ言って、急に恥ずかしくなってきて、パーカーの前を合わせました。

 男性がティッシュでおチンポを拭きながら「気になってたけど、えっちな格好だね」って言いました。何も言えず、男性がズボンを穿いて身支度する姿を見ていました。

 財布から○万円札を出して渡されました。男性は「ありがとう」と言うとさっさと帰っていきました。コンビニ袋に大量のティッシュが入っています。車内はさっきの男性のオトコの匂いでいっぱいです。

 口の中も男性の精子の味でいっぱい。パーカーもキャミも全部脱いで裸になると、さっきまでおチンポを触っていた手の指を咥え、口の中をかき回すように舐めまわしました。

 男性に触られてたおっぱいは敏感のままで、ちょっと触れただけで声が出ちゃう。口の中の指をゆっくりおマンコの中に。男性の匂いのティッシュを嗅ぎながら、男性の精子のついた指を入れてる。

 ヤバい、興奮する!里緒菜はヘンタイ、里緒菜はヘンタイ、わかっているのに指が止まらない。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-11-14

Comments







非公開コメント