Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › おじさんの体験談 › ジョキングを始めてみたら女性との出会いが
2021-11-12 (Fri)

ジョキングを始めてみたら女性との出会いが

 昨年のコロナ渦から自粛でテレワークが増え運動不足から太ってきたので、この50歳になって朝ジョギングを始めるようになった。当初は走れなかったが半年もすると痩せてきたのと体力も付き、

 今年から朝と夜に走るようにしました。朝と夜では顔を合わす人達も違い、夜の同じ時間帯で顔を合わす若い女性ではないけど、背は低く清楚で小顔で可愛い女性がいて、一緒に走るうちに思い切って声を掛けてみる事にしました。



PR
 話すと俺より5歳も上なのに若々しく40代後半に見える。驚いていると彼女も若く見られて喜んでる様子だった。それからは待ち合わせしたように毎日同じ時間に会話しなが走るようになった。

 数週間してから別れ際によかったら連絡を下さい。と携帯の番号とメールアドレスのメモを渡したら深夜に連絡が届きその日からは毎日会うのに頻繁にメールするようになった。

 彼女は陽子55歳、既婚者で子の2名は既に巣立ち結婚、旦那57歳は単身赴任で現在一人暮らし。旦那は月1回帰る程度で帰っても性欲が無いのか、彼女を求める事も無く2泊してまた単身赴任先に帰るのが5年も続いているそうです。

 メールでは陽子を褒めちぎり俺なら単身赴任でも帰ったら陽子さんなら必ず抱きたい。と言て続けデートにこぎ着けた。最初は紳士的に食事を続けてから少しならお酒も飲めると聞き飲みに誘った。

 飲むと密着してきてペタペタとボディタッチしてきたので脈があると思い酔った勢いでホテルにGO。とりあえずお互い年配ですしガツガツしないで、

 最初は時間を掛けてゆっくり愛撫してあげてからゴムを付けて挿入してあげて、彼女を数回逝かせてから俺も発射。
数回こんなセックスを繰り返してから先日、走ってる最中の会話でいま陽子を抱きたくてたまらない。

 と言ったら、え・・・どこで?汗まみれのまま夜は人の通らない川の遊歩道に連れ込み、川沿いのフェンスに手を突かせてジャージを下げてバックで挿入。

 後ろからクリトリス弄ると、陽子は逝きそうになると膝から崩れ落ちそうになるのを押さえで、俺が逝きそうになったらペニスを咥えさせて陽子の口にフィニッシュ。

 流石にジョギングできなくなりウォーキングにしたが陽子は、もっと欲しいと強請るので陽子の家まで行ってもう一回。シャワーを浴びると嫁にバレるので終わったら家までまた走りました。

 段々と寒くなってきたので外でするのが難しくなってきましたが、ジョギングついでの野外セックスもスリルが有って興奮しますね。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-11-12

Comments







非公開コメント