Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › マッチングアプリの40歳の女性とのHな体験談


2021-11-10 (Wed)

マッチングアプリの40歳の女性とのHな体験談

 とあるマッチングアプリで出会ったかなこ(仮称)の話。ある日俺はいつも通りマッチングアプリをしていた。会話だけが続く人もいれば、食事しただけでバイバイの子もおり、なかなか即時でお持ち帰りとはいっていなかった。

 そう人生上手くいかないもんだよな…。とスワイプを続けていると、とある女性とマッチングした。かなこという40代の女性だった。かなこはマッチングアプリでは恋人やセフレというより、友達探しをしているようだった。



PR 管理人お勧め(^^♪
 俺から早速テンプレの挨拶文をおくる。かなこさんこんばんは!〇〇在住のタクヤです!よろしくお願いします。そうすると、かなこから「よろしくお願いします♪」と機嫌が良い返事が返ってきた。

 そこから何回かやりとりし、カフェでランチをセッティングすることになった。そして当日、集合場所に向かいプロフィールにある女性を探していると「こんにちは~」と明るい声が聞こえてきた。

「よろしくお願いします」と挨拶を交わし僕の車に乗せ目的地のカフェまで向かった。話しが盛り上がったが、子供の迎えがあるということで、3時間ほどで切り上げになった。

 そして帰り道の車内。「タクヤ君って肌スベスベだねー」とかなこの方からボディタッチをしてきた。目的地の駐車場につくと、「バイバイ」といってかなこの方から口付けを交わしてきた。

「次は抱きしめてね」僕はかなこに惹かれていた。そして次の約束を取り付け、前回より早い時間から会うことになった。集合場所に行くとワンピースを着たかなこがベンチに座って待っていた。

 そのまま市街の飲食店まで車で向かい、散歩と食事を楽しみ、車に戻る。かなこから「わたしと何したい?」と投げかけられた。僕は「休めるとこに行こっか」かなこは無言でうなずく。

 そのままホテルに直行し、部屋を選んでひと息つく。かなこは先にシャワーを浴び、ベッドに入っていった。僕もサッとシャワーを浴びてベッドに向かう。

 かなこは緊張すると言って恥ずかしがっていた。どうやら20代と寝るのは久々の経験のようだった。まず髪を撫でてキスをする。そして首筋、胸、足と軽くキスをしていく。

 ここであることに気づいた。かなこの秘部が既に濡れている「もうこんなになってるよ」と僕が言うと、かなこははずかしがって顔を赤らめた。

 そして湿った秘部に舌を這わせていく。かなこは堪えながら声をあげる。十分に湿ったことを確認し、避妊具をつけ秘部にインサートしていく。最初、様子を見て控えめに突いていたが、かなこからバックの体勢の打診があり、

 バックの体勢で突いていると「もっと強く突いてほしい」とかなこが要求したので、自分の愚息でかなこの膣をリズミカルにフルスイングしていく。

「あっあっあっ、許してぇ」とかなこが声をあげる。かなこはどうやらドMのようだ。さすがに10分も腰を振っていると込み上げてくるので、かなこに「出すよ!!」といい、自分の精を放った。

 事後かなこに性事情を聞くと、かなこはドMということがわかった。これからかなこに会って可愛がるのが楽しみで仕方がない。

↓他のHな体験談を見る








Top Page

最終更新日 : 2021-11-10

Comments







非公開コメント