Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 人妻・不倫の体験談 › 夫からDVの被害を受けていた奥さんとの話
2021-10-30 (Sat)

夫からDVの被害を受けていた奥さんとの話

 ぼくは大学院生、といっても就職浪人でやむを得ず大学に残ってるだけですが。今の1ルームマンションには大学1年のときから住んでいます。向かいのマンションにその奥さんとご主人が引っ越してきたのは、2年くらい前でした。

 ごく普通の隣人ですから、特に意識はしていませんでした。たまに顔を合わせることがあったので、隣のマンションに住んでいるんだとわかってからは、挨拶をかわすようになりました。



PR
 少し会話をするくらいの仲になったのは、奥さんが電動自転車電動自転車で出かけようとしてたのに、うまく作動せずに困っていたので、ぼくが直してからでした。

 歳は30代後半(のちに39と分かる)で小柄で、むちっとした笑顔の素敵なでした。なんとなく生活が変わったのかなと思ったのはこの春からでした。奥さんの雰囲気が少し暗くなったような気がしたんです。

 それになんかおどおどしたような感じもありました。そして2週間前のことでした。買い物帰りの奥さんと偶然合うと、帽子で隠そうとはしていましたが、目の端にあざがあったんです。

 ちょっと嫌な気がして問うと、いえ何でもないです、とは言いましたが外では言いにくいのかと思って、部屋に誘いました。少し考えてから、奥さんはついてきました。

 ぼくはそのときは下心はなにもありませんでした。そこで初めは躊躇いがちにですが、話してくれました。4月からご主人が週4日テレワークをするようになったとのことで、それから2人でいる時間が多くなり、

 仕事もそこでしているということで常にイラつくようになり、奥さんに仕事中は帰ってくるな、とかいったり暴力的にもなって、その挙句前夜には顔を殴られたそうです。

 話し始めてからは涙も流していたので、つい同情して傷つけないように注意しながら、慰める言葉をかけて聞いていました。そして肩に手を置いて慰めたとき、奥さんが泣いてぼくの胸に顔をつけてきたんです。

 反射的に抱きしめると、奥さんの柔らかさと温もりを感じました。その時点でぼくは自分のが勃起したのを感じました。奥さんが、ごめんなさい、とつぶやいて顔をあげると、自然に唇を重ねてしまいました。

 奥さんもそのとき目を閉じて、唇を少し開きました。衝動が2人の間に走りその場で貪るように口を吸いながら、奥さんを押し倒し2人それぞれ服をはぎ取るように、半裸になってお互いを愛し始めました。

 奥さんはぼくのチンポを握ったあと、口に含んでくれました。かわいくて清純な感じの奥さんがいきなりそんなことするなんて、幻かと思いました。

 口に出しちゃいそうなので、ぼくは奥さんを促して69の形にして、お〇んこを懸命に舐めました。奥さんは、意外なほどセクシーな声で、入れていい?、と聞いてきてぼくの上に跨る体勢になりました。

 ぼくが答える暇もなく、奥さんは腰を沈めてきてぼくのチンポを奥まで入れました。初めは試すようにゆっくりと、だんだんと激しくチンポが千切れるくらいに激しく腰を動かして、ぼくの上で大きなおっぱいが揺れていました。

 いつも見る奥さんとは別人のような淫らさに興奮しましたが、懸命に射精をこらえおっぱいを揉みながら、腰を突き上げました。騎乗位だと中に出すことが避けずらいので、バックに変えました。

 目もくらむような快感の中で、なんとか外に射精しました。でも奥さんの欲望は、ぼくもですが、治まることなくベッドに移動して2度目が始まりました。それからは生活が一変しました。

 毎日のように奥さんがぼくの部屋を訪ねてくるようになりました。買い物を先に済ませてからうちに来て、掃除とか料理もしてくれることもありました。

 でも基本はセックスで、自分は妊娠しずらい体質だから、と中出しもさせてくれるようになりました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-10-30

Comments







非公開コメント