Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 学生の体験談 › 高三で恵まれた童貞を卒業した体験談
2021-10-19 (Tue)

高三で恵まれた童貞を卒業した体験談

 振り返って見れば僕の童貞卒業は本当に恵まれていた。童貞を捧げた相手が中〇生のころから好きだった隣の4つ年上のお姉さんだったこと。僕は優等生ぶっていたけどお姉さんは僕の本質をちゃんと知ってて、

 ホントにうまく、誘導してくれた。由美ちゃんと呼んでいた。秋。受験勉強がひと段落して庭に出て体を動かしていたら、塀越しに僕を呼ぶ声がした。由美ちゃんが隣家の台所の窓からこっちを見て呼んだのだ。



PR
「ねえ、お勉強一段落してるんなら、こっち来てお茶飲まない?」いつもの日曜日って感じだったがこの時はどっちの家にも親が居なかった。町内の日帰り旅行に出かけてしまっていた。

 両親が仲良くしていたのでよくこうしたお茶の時間をもっていたのでさほど抵抗なく隣家に行った。いつものようにダイニングでお茶を入れてもらってお菓子をつまみながら世間話。

 でも、今日は二人きり!考えて見れば二人きりなんて初めてだったことに気付き、急に緊張した。それを見透かしたように、由美ちゃんは言った。

「今日は、ふたりきりだね!!」
「そ、そうだね!」
「なんか、緊張してる?」
「い、いえ、別に」

 とぎこちなかった。由美ちゃんはクスっと笑った。それで、誰もいないから、お部屋を見せてあげるということになって由美ちゃんの部屋がある二階にいった。

 そういえば、由美ちゃんのへやなんて見たことがなかった。由美ちゃんは後ろの窓を指さして言った。「その窓から向こうみてごらん。」そういわれてちょっと背伸びをして乗り出すようにしてみるとなんと!僕の部屋が見えた。

 庭への窓紅置いた机の上に何があるかもわかるくらいだった。その向こうのベッドまで見えた。「ここからMちゃんの部屋まるみえなのよ。夜、ちゃんとお勉強してるかどうかも・・・」僕は言葉を失った。

「っていうことは、もしかして・・・」
「ぜーんぶ知ってるわよ!」
「うっわー!どうしよう!僕、見られちゃったんだ。」
「そう、それも一度や二度じゃなくてね。」
「・・・・」
「心配しないで。誰かに言ったりしないから。だって、可哀そうなんだもん。わたしがなんとかしてあげなきゃって
思っちゃった。」

 そのとき、僕は後ろから由美ちゃんに抱き着かれていた。トレーナーパンツの前は大きく盛り上がってしまっていた。由美ちゃんてがそれを優しく擦ってくれていた。

「わたしが、楽にしてあげるから、任せてね」僕は軽くうなづいた。その先は気が遠くなって何がどういう風に進行していったのかわからないまま、物凄い気持ちよさで全身が脈動し、

 それがペニスに向かって集中していったのが分かったとき意識が戻って来た。この脈動は我慢して止めなきゃ!そう思って肛門を引き締め体をこわばらせたその時、由美ちゃんの顔が迫って来て耳元で

「ガマンしなくていいわよ。思いっきり、出して!」それに触発されたようにペニスは根元から脈動しいつもならティッシュか腹の上にぶちまけている精液を解き放った。

 どこに、出したんだろう?と思いながら、由美ちゃんの覆いかぶさっている裸体を抱きしめながら、快感のあまり再び気が遠のいた。上に乗ってる由美ちゃんの体をまさぐっていた。お尻の膨らみを手で撫でていた。

 そのお尻が微妙に左右に動き何とも言えない感じだった。そう思った瞬間、再び、なんとも言えない快感の津波がやって来た。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-10-19

Comments







非公開コメント